ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

Naver キーワードの検索ボリューム照会分析により、最適のキーワード選定する

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ブログ記事を作成するときに、キーワードリサーチを通じて、最適のキーワードを開発することが重要です。 Naver キーワードの分析サイトを活用すると、キーワードに関するさまざまな情報を確認して自分のブログに最適なキーワードを発掘するのに役立つことができます。

問題の認識

この WordPress ブログは Naverでブログタブに露出された後、今ではWebサイト]タブにさらされています。 現在 Naver 訪問者の流入は、9月から半分から今は仕事250内外(訪問基準)です。 最近一ヶ月間 Naver 流入率は2.5%と非常に微々たる水準であり、ほとんどの訪問者がGoogleで流入しています。 Naver キーワードの検索ボリュームの分析を全くしていないなど、SEOの戦略がないため Naver 流入が特に不十分ではないかと思われます。

Naver 訪問者の推移
Naver 訪問者の流入推移(byグーグルアナリティクス)
Naver キーワードの検索ボリューム照会分析により、最適のキーワード選定する2
最近30日間の検索エンジンの訪問者の流入割合。 Googleが87.6%で圧倒的で Naverは2.5%と非常に低い水準である。

減る Naver 流入を増やすために Naverの「ウェブサイト」タブをターゲットに最適のキーワードを選定する方法を模索しています。 Naver キーワードの検索ボリュームの分析を介して Naverの「ウェブサイト」の領域に有益なキーワードを発掘するのも一つの方法です。

グーグルアナリティックスのセッション(Sessions)と訪問(Visits)は意味が同じです。 "グーグル・アナリティクス - セッションとセッション数、ユーザーとユニーク訪問者数」を参照してみてください。

Naver キーワードの分析サイト - ブラックキウイ(Blackkiwi)

ブラックキウイは Naver キーワードの検索ボリュームを照会し、分析する有用なサイトです。

このサイトでは、次のような Naver キーワードの検索ボリュームに関するさまざまな情報を照会することができます。

  • 関連キーワード
  • 類似のキーワード
  • 月間検索ボリューム
  • 月間コンテンツ発行量
  • 当月予想検索量
  • キーワードの飽和指数
  • 検索動向
  • 月別検索の割合
  • 週末/平日検索の割合
  • 年齢別検索割合
  • 性別検索の割合
  • キーワード性向(情報性/商業)
  • セクションの配置順

たとえば、「ホームページを作成する方法「キーワードで検索ボリュームを照会してみると次のように関連キーワード、類似キーワード、月間検索ボリュームなどの情報が表示されます。

Naver キーワードの分析 - 関連キーワード、類似キーワード、月間検索ボリューム、月刊コンテンツ発行量
ブラックキウイ Naver 検索ボリューム照会

「ホームページの作成方法」のキーワードは、PCで仕事990回検索されて、モバイルでは、1180回検索されているものと出てきます。 そして、この関連したコンテンツ発行量を見ると、ブログは1万個超えるが、ウェブサイトは63個に過ぎません。 したがって、ブログが「ブログ」タブにさらされるとしても「ブログ」タブでは、このキーワードで上位にさらされると夢のまた夢と同じくらい難しいことです。

一方、「ウェブサイト」タブでは、競争が比較的低く、上位にさらされる可能性が「ブログ」タブより高くなります。 しかし、このキーワードで検索したときに「ウェブサイト」タブを使用して、訪問者がどのよう流入されるのかがカギである。

適切な Naver キーワード開発

ブラックキウイサイトで提供される実際の便利な機能が一つありますが。 すぐにPCとモバイルでのセクションのレイアウトを、実際の Naver検索してみずにすぐに確認することができる機能です。

ブラックキウイ - セクションの配置順
ブラックキウイ - セクションの配置順:PCとモバイル機器で、そのキーワードの結果がどのように配置されるか一目で見ることができる。

「ホームページの作成方法」のキーワードで Naverを検索すると、結果がPC上でパワーリンク次のブログの領域が表示され、ウェブサイトは、下部に表示されます。 モバイルでも同様にVIEWが先に露出して、Webサイトは、知識iN下にさらされます。

もし私のブログの記事が「ブログ」の領域ではなく、「ウェブサイト」の領域に露出場合は、このキーワードに関連する記事をいくら生成しても Naverからの訪問者の流入を期待することは難しいでしょう。

他のキーワードとして「無料ホームページ作成」を検索してみると、月の検索ボリュームは260回「ホームページの作成方法」よりは低いが、このキーワードの場合は、Webサイトのタブが最初に公開されます。 (月の検索ボリュームは先月正月連休があって他の月よりも数値が低いと思われます。)

無料ホームページ作成検索結果
キーワード「無料ホームページ作成「検索結果

上記の図のように、このキーワードは、PC上でパワーリンクのすぐ下に「ウェブサイト」タブが表示されるので、上位3位以内に例えばPCで安定した流入を期待できそうです。 実際 Naverで「無料のホームページを作る」と検索してみると、PCベースでパワーリンクのすぐ下にウェブサイトゾーンの文3つの露出されていることを確認することができます。

Naver 검색결과

ウェブサイトの領域に書き込みを露出させる場合は、このような方法で関連キーワードと類似のキーワードを分析し、「ウェブサイト」タブが「ブログ」タブよりも先に露出され、検索量もまともなキーワードを発掘することができます。

Naver/ Google検索量を照会することができる他の有用なサイト

加えて、次のようなサイトで NaverやGoogleの検索量または動向(トレンド)を照会みることができます。

結論

Naverをターゲットにする場合は、ブラックキウイなどのサイトをうまく活用すれば Naver ユーザーが実際に検索するキーワードを確認することができ、たとえ「ウェブサイト」タブにさらされても、Webサイト]タブに効果的なキーワードを開発するのに役立ちますです。

WordPressを使用している場合、 Yoast SEO、All in One SEO Pack、Rank MathなどSEOプラグインを利用して、より効果的にSEOに最適化された文を作成すると、検索エンジンにさらされる可能性が高くなり、訪問者数の増加を期待することができます。

キーワードを選ぶとき、ユーザーが実際に検索して、着信「ロングテールキーワード」を開発することが、より良い効果を得ることができるでしょう。 SEOの戦略で避けるべきであるキーワードリサーチミスの次の記事を参照してみてください。

メモ:



コメントを残す

コメント