加入型 WordPress: Naver ウェブマスターツールサイト所有を確認する

Last Updated:2023年07月16日| コメントを残す

加入型 WordPressは WordPress.COMに登録して、無料または有料で WordPressを利用する形でウェブホスティングに加入して WordPressを運営する置型 WordPressに比べて制約があります。 Naver ウェブマスターツールサイト所有確認を受けるビジネス以上料金制を利用しているが、個人料金とプレミアム料金制でもバイパス方法を使用してサイト所有確認が可能です。

ビジネスプランの場合Insert Headers and Footersプラグインをインストールして、ヘッダーに Naver ウェブマスターツールで提示するサイト所有確認コードを追加できます(」WordPress 加入型(WordPress.com)で Naver ウェブマスターツールを所有を確認するこの記事では、PersonalプランとPremiumプランでサイト所有を確認する方法について説明します。

加入型 WordPress プレミアムプランと個人プラン: Naver ウェブマスターツールサイト所有を確認する

加入型 WordPress: Naver ウェブマスターツールサイト所有を確認する

加入型 WordPress vs. 置型 WordPress

加入型 WordPressは WordPress.COMに登録して、無料または有料で使用できる WordPressで、プランによって制約があります。

現在加入型には、無料プランをはじめ、個人(Personal)、プレミアム(Premium)、ビジネス(Business)、および電子商取引(eCommerce)料金制があります。

WordPressドットコム価格と料金プランの比較

個人プラン以上の有料プランではドメインをリンクでき、1年間ドメイン登録料は無料です。 私はプレミアムプランを利用していますが、最初の年に登録したドメインは翌年には有料で更新しなければならず、代わりに他のドメインをまた無料登録が可能だそうです。 ドットコムドメインを登録した後、ドメインが期限切れになる前に別の場所に移行するのも問題ありません。

個人プランでは、ストレージスペースが6GBで増えドメインを接続することができ WordPressコム広告を削除するほか、特別の特徴は、メリットはないように感じられますね。

プレミアムプランでは、カスタムCSSを利用して、サイトのデザインを変えることができ、プレミアムテーマを使用することができます。 しかし、プレミアムテーマとし、 AvadaEnfoldのようなテーマではなく、設置型 WordPressで使用できるテーマがほとんどです。 CSSを使用してカスタムして使用するのにまともなオプションです。 そしてWordAdsという広告プラットフォームを利用してお金を稼ぐことができます。 ワードアズは一定アップデートペピク以上になると WordPressドットコムで掲載することを承認します。 私 WordAds 承認最近の受け収益はゼロです。ㅠ

ビジネスプランは設置型 WordPressとほぼ似ています。 外部のテーマとプラグインのインストールが可能です。 プレミアムプラン以下では、プラグインのインストールができません。 AdSense 広告も掲載することができるなど、設置型 WordPressとの差があまりないFTP / sFTPとSSH接続が制限されます。 (サイトに問題が発生した場合、お客様センターに連絡して、問題を解決してくれます。)

プレミアムプランとビジネスプランの違いは「WordPress 加入型:プレミアムvs. ビジネスプラン「を参考にしてください。

置型 WordPressは、Webホスティングに加入して使用する形態では、一般的に WordPressといえばマウントを称する場合があります。 (Webホスティングで制限しない限り)をテーマに、プラグインのインストールが自由で、 AdSense 広告も承認を受けて自由に掲載が可能です。

WordPressの機能を十分に活用するには、マウントが良いオプションがあります。 シンプルなサイトを運営する場合、加入型もいい選択肢があります。 加入型では、特にトラフィックが無制限であるため、トラフィックの多いサイトを運営する場合、利点があります。 WordPressの基本的な使用法は ここを参照してみてください。

加入型 WordPress (プレミアム以下料金プラン): Naver ウェブマスターツールを所有確認問題

ビジネスでは、プラグインを使用してヘッダーにコードを追加することができますので、 Naver ウェブマスターツールを所有確認を容易に行うことができます。

しかし、個人料金とプレミアムプランでは、プラグインの使用が不可ので、原則的には、 Naver 所有確認ができません。 加入型 WordPressの ツール > 利用可能なツールでGoogleは、ビングなどの検索エンジンに登録が可能です。

加入型 WordPress ツール - Google サイトの所有確認

Google(グーグル)とBing(ビング)のほか、Pinterest(ピンターレスト)、ロシア最大の検索エンジンであるYandex(ヤンデックス)にサイトを登録して所有確認を行うことができるようなツールが提供されます。

WordPressドットコムにXNUMX回ほど Naver ウェブマスターツールも支援することを、顧客センターを介して要求したが、上部にお問い合わせしてみたいという言葉だけを聞いた。ㅠ

バイパス方法を利用して、プレミアムプランで Naver ウェブマスターツールサイト所有を確認する

プレミアム以下プランでヘッダにコードを置くことができないので、 Naver 所有確認はできませんが、 Naverで所有確認をすると、一定期間(1年)の間には、回収確認を必要としません。

その後、ドメインのネームサーバを別の場所にしばらく移動した後、サイト所有確認を受けて再び戻すとなろうと、思いました。 従ってこの方法を利用して、 Naver ウェブマスターツールにサイト所有を確認することに成功しました。 私は、次のような方法でプレミアムプランに関連付けられたドメインに対して所有確認をしました。

  1. ドメインのネームサーバを別のWebホスティング会社に変更します。 (私は海外のウェブホスティングの一つである SiteGroundを利用しています。)
  2. Webホスティング会社のドメインを接続して、SSLをインストールします。
  3. Naver ウェブマスターツールで提示することの確認ファイル(html)をダウンロードして、FTP経由でアップロード
  4. Naver ウェブマスターツールでサイト所有確認
  5. またネームサーバー WordPress.comに設定

ネームサーバを変更すると、情報が変更されているために半日以上かかる場合があります。 この方法を利用すれば、一日程度は、サイトにアクセスできないことがあります。

Naver ウェブマスターツールにドメインを登録し、所有確認を受けた、再度ネームサーバを WordPress.comに戻した後、サイトマップとRSSフィードの登録をしようとしました。 WordPress.comのネームサーバ情報は、次のとおりです。

NS1.WORDPRESS.COM
NS2.WORDPRESS.COM
NS3.WORDPRESS.COM

ネームサーバーをもう一度 WordPress.comに変更し、ある程度待ってからRSSフィードを Naver ウェブマスターツール(Naver サーチアドバイザー)に追加できます。 ネームサーバーが完全に伝播されていない状況で試してみると、「正しいRSSではありません」というエラーが発生します。 ただし、サイトマップを送信するとエラーが発生し続け、サイトマップの登録に失敗しました。

加入型 WordPress サイトマップ送信エラー

加入型 WordPressのサイトマップアドレスは サイトアドレス/sitemap.xmlです。 私はサイトマップを送信するので、上の図のように「送信されたサイトマップの3行にエラーがあります」と「正しいサイトマップではありません」というエラーが発生しました。

サイトマップを送信できないため、私は「表示する最新のシンジケーションフィードの数」を「100」に増やしました。 設定>読むで、この設定は「10」個に指定されているはずです。 このオプションを「100」に増やすと、SEOにどのような変化があるのか​​わかりません。

数日経って確認してみる正常インデックスがされています。笑まだ書か数が数個なくてインデックス作成することができそれほど多くはありません。

Naver ウェブマスターツールのインデックスステータス

最後に、

以上でバイパス方法でプレミアム料金制のサイトを Naver ウェブマスターツールサイト所有を確認する方法を説明しました。 この方法を利用するには、 BluehostSiteGround などのWebホスティングがあると便利です。 または、加入するとクレジットを受け取ることができる仮想サーバーホスティング(VPS)やクラウドホスティングを活用することもできます。 例えば、 Vultrに登録すると、数ヶ月程度利用できるクレジットを受け取ることができます。 サーバーを作成して、ドメインの接続後、サイト所有確認を行うことができます。 次に、サーバは削除します。

このようにして Naverに登録しましたが、今は Naverからの訪問者数が増加しませんね。 Naver ウェブマスターツールで必ずサイト所有確認をしたい場合は、この方法を検討してみることができます。

参照


コメントを残す

コメント