ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

複数の WordPress サイト管理をしたところでする方法

Last Updated:2020年2月23日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

複数のサイトに WordPressを設置して運営する場合、サイト管理のために、各 WordPressにログインしていることから、簡単でないことがあります。 そのような場合に、海外のウェブホスティング会社の一つである 古代ディ(GoDaddy)で提供されるManageWPサービスを利用すれば、複数の WordPress サイト管理をしたところで行うことができます。

Bluehost などの一部のWebホスティングでは、Webホスティングのホームページのアカウントにログインしてインストールされたすべての WordPress サイトを一箇所で管理するためのオプションが提供されます。

複数の WordPress サイト管理をしたところで実行することができるManageWP Workerプラグイン

WordPress サイト管理プラグインManageWP Worker

まず、 WordPress 管理者ページで プラグイン]> [新規追加に移動してManageWPで検索しManageWP Workerプラグインをインストールするようにします。

ManageWP Workerは現在、90万人以上のサイトに設置されて使用されています。 このプラグインをインストールすると、次の図のような警告ボックスが表示されます。

WordPress サイト管理プラグインManageWP

Learn More(詳細)をクリックしてManageWPサイトに無料で会員登録した後に WordPress サイトを追加して管理することができます。 サイトを追加するときに connection key(接続キー)を入力する必要があります。 connection keyは、プラグインのページで確認できます。 プラグイン>インストールされてプラグインに移動します。

WordPress サイトのログイン管理プラグインManageWP Worker  - コネクションキー(接続キー)を確認

上記の図のようにManageWP - Workerプラグインの説明部分を見ると、 Connection Management リンクがあります。 このリンクをクリックします。 これにより、次の図のようにConnection Managementポップアップが表示されます。

ManageWP Workerプラグイン接続の管理の管理ポップアップウィンドウ

二つの方法でサイトを管理ダッシュボード(management dashboard)に接続することができます。

自動(Automatic)

  1. ManageWPアカウントにログインします。
  2. 左上の Add website(ウェブサイトを追加) アイコンをクリックします。
  3. 現在のWebサイトのURL、管理者ユーザー名およびパスワードを入力します。 これで、システムの世話をすべてを処理します。

手動(Manual)

  1. ワーカー プラグインをインストールして有効にします。
  2. 上記のポップアップウィンドウに表示されたConnection key(接続キー、接続キー)をコピーします。
  3. ManageWPアカウントにログインします。
  4. 左上にある ウェブサイトを追加 アイコンをクリックします。
  5. 現在のWebサイトのURLを入力します。 Connection keyを要求すると、コピーしたキーを貼り付けます。

ManageWPはプレミアム(Freemium)モデルを使用しています。 無制限のサイトについてのすべてのコア機能は無料です。 追加機能が必要な場合、プレミアム機能を利用することができます。

このプラグインは、マルチサイト(Multisite)をサポートし、複数のWebホスティング会社にホスティングされている WordPress サイトもこのサービスを利用して管理することができます。 すべての主要なホスティングをサポートとします。 (韓国のWebホスティングでホストされている WordPress サイトも動作しているが確認する必要があります。)

ただし、加入型 WordPress (WordPress.COMに加入して使用する WordPress)は、このサービスを利用することができず、設置型 WordPressのみをサポートします。

おわりに

多数の WordPress サイトを管理する場合は、個別にログインして管理することが非常に面倒なことができます。 この場合、この記事で紹介するManageWPサービスを利用すれば、多くの WordPress サイトをしたところで、簡単に管理することができます。

似たようなプラグインにwpCentralがあります。 wpcentralは WordPress ウェブサイトの数に関係なく、すべての WordPress サイトをXNUMXつのパネルで管理することができるとします。 詳細については、 wpCentralプラグインのページを参考にしてみてください。

メモ:



4のコメント

コメント

  1. こんにちは。
    サイトの速度が以前よりはるかに高速に感じますね。 私は無料で提供される機能が多くoceanwpを利用していますが、速度のためにgeneratepressで変えようか悩んでいます。 気になる点があり、もしかしたら、他のテーマによりgeneratepressに変えた理由は何ですか?

    回答する
    • こんにちは、コードノート様。

      テーマを一定期間使用していると、他のテーマに変えたい気がする時があります。
      このブログを運営しながら複数回のテーマを変更しました。笑
      今回は GeneratePressを使用してみたいと思いが突然入って日曜日に時間を割い変えてみました。

      OceanWPテーマは迅速かつ強力な機能を提供する多目的テーマの一つだ。
      GeneratePress機能を最大限に減らし速度に重点を置いたテーマです。 カスタマイズして使用するのにいいと思いがしますね。
      レイアウトをロードして、より専門的なサイトを作成する場合はOceanWPがより適していないだろうかと思われます。
      シンプルながら、高速サイトを作成したい場合GeneratePressも良いオプションです。
      CSSを少し知ることカスタマイズするに快適になります。

      回答する
  2. GeneratePressに変えたんですね。
    私も悩み中だけど、まだ不快感を感じないだけで書いています。

    ボムチュムに雰囲気切り替え兼変えて見ようとします。 常に良い情報ありがとうございます。

    回答する
    • Newspaper テーマを継続して使用つもりだったが...今日突然GeneratePressテーマを適用してみたくて、しばらく時間を割いて変えてみました。

      GeneratePressテーマを少し取り上げてみるとCSSを少し知っている WordPress 使い方を少し知っておく必要必要に応じてサイトを変えることができるようです。 初心者には少し威圧することができそうですね。 (カスタマイズするにまともなテーマです。)

      楽利用する Newspaperがはるかに良い選択です。 GeneratePressは機能が最小化されていて機能を追加するには、プラグインを使用したり、テーマファイルを変更する必要がですね。

      初期のテーマファイルをたくさん修正してカスタマイズしたが、ある瞬間からテーマの機能を活用するために慣れていたようです。 一方では、必要な部分をXNUMXつずつ追加することが楽しく感じられますね。笑

      いくつかの箇所より変更する必要がする...時間をかけてゆっくりしてみるつもりです。

      楽しい休日を過ごす。

      回答する