爆発的な成長を収めた WordPress ページビルダーElementor

2

個人的にページビルダーの使用を描くお勧めしませんが、 WordPressでページビルダーを使用すると、コーディングの知識が不足しても容易にサイトを作成することができます。

よく知られているページビルダーで 視覚的な作曲家(現在の名称:WPBakery Page Builder)があります。 しかし、 Visual Composerはそれほど良いページビルダーがありません。 品質面では、Beaver Builderが良い評価を受けています( "WordPress ページビルダーの長所と短所"参照)。

Elementorページビルダー

Elementorは2016年にリリースされたページビルダーには、無料版と有料版があります。 私が初めてエレメンを知った2017年には新生ページビルダーでこのブログで紹介しました。 特に2018年にはElementorが数字上で大きな成長を遂げた年と記録されることになります。

Elementorの評価を見てみると、ユーザーからはまだ良い評価を受けていますね。 星5の評価があります。

Elementorページビルダー評価

Elementorページビルダーがこんなに良い評価を受けている理由は何でしょうか? 個人的にはElementorが良質の無料テンプレートを効果的に活用したのが功を奏していたと思います。 ライブラリでまともな品質の無料テンプレートを提供し、ユーザーを確保し、有料のテンプレートや高度な機能を使用するには、PROバージョンを購入するように誘導しています。

Elementorが2018年に達成した成果を数値で見ると...

  • 100万以上の新しいサイトにインストールされ(2017年には30万サイト)
  • 2,133つ星5つの評価
  • WordPress 人気のプラグインのランキングで20位記録
  • 23つの機能のリリース(90以上の新機能の更新)

昨年12月に新しいビジュアルエディタである Gutenbergが統合された WordPress 5.0がリリースされました。 現在 Gutenbergの評価は非常に薄い方です。 しかし、今後、 Gutenbergパフォーマンスが改善されればページビルダーを使用する必要がたくさん減る可能性もあるようです。

ちなみにたまにテーマは、特に有料のテーマをインストールして、デモをロードした後のページに多くのコードが表示される場合があります。 そのような場合のテーマで必要なページビルダープラグインをインストールすると、ページが正しく表示されています。

ページビルダーを使用してページを作成した場合、そのページビルダーを無効にするか、削除すると、ページに多くのコードが表示されます。 そして、他のページビルダーと互換性がありませんので、ページビルダーを変える場合は、ページを再作成する必要があります。 (Avada, Enfold, ディビ など、いくつかの人気のテーマには、独自のページビルダーが使用されます。)

メモ:

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント2件
  1. 空の塊

    偉大なのに欠点がie(インターネットエクスプローラ)で編集の制限があり、時々Div縦並びで、中央精霊がieのみならモクヒョソ書き込みがちょっとそうですよ。 ところで、画面を見ながら修正する点が最も良くはしました。

    1. Word

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      ページビルダーが便利ではあるが、たまにバグがあります。

      そんなバグを開発者にReportといいようです。

      楽しい一日送ってください。