ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

어떻게 WordPressを開始するだろうか?

Last Updated:2018年11月21日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress 開始する

概要

これで、このブログを運営して1年が過ぎですね。 その中に外的には、個人的に変化したことはあまりないが、内的には大きな変化がありました。 ブログを運営しながら WordPress 関連知識が大幅に整理された感じで、自分でも、PHPとCSSを超えjQueryまで(まだ初心者だが)拡張することにより、問題解決策能力が一層アップグレードされたようです。

短い時間ですが、私は WordPressに関連する多くの質問を接した、その過程で WordPress ユーザーがどのような面で困難を経験しており(実際には多くの質問が繰り返し提起されていることを感じることができました。)、また、既存のプログラマなどの高度なユーザーが提起する質問を介してプロのプログラマーたちのアプローチにいくつかの問題点があるかをおおよそに把握することができました。

特にHackYaサイトの運営者様が最近投稿 "WordPressで、絶対にお金を稼ぐことができない理由"という文などを通じて、この分野の状況を理解するために多くの助けになりました。常に良い文章を共有いただくHackYaオペレータ様に感謝いたします^^

事実、海外では、複数のコミュニティが有効になって専門家や初心者が自由に情報を交換する環境が形成されているが、韓国の場合は WordPress 占有率に比べて、コミュニティが大きく活性化されていないようです。

この記事では、最初の WordPressに接して WordPress サイトを構築しようと計画している方がどのようにアクセスすればよいかについての私の断片的な考えだから参考になるだけ。

2016年3月現在 WordPressとXE市場シェア比較

まず、多く受ける質問の一つがXEと同じソリューションに行くか、 WordPressに行く方がいいのでしょう。

まず、CMSシェアとトレンド的な側面でXEと WordPressを比較して見てどのようなソリューションを選択するかどうかを決定することがどうだろうかと思われます。 全世界的に見たとき、2016年3月CMSシェアで WordPressは59.2%で、ますますその影響力を拡大しています。 JoomlaやDrupalなどを圧倒していますね。

Source:W3Techs
Source:W3Techs

国内の場合はどうでしょうか?

Source:W3Techs  -  2016年3月5日現在、韓国内のCMSシェア現況
Source:W3Techs - 2016年3月5日現在、韓国内のCMSシェア現況

上の図のように2016年3月5日現在 WordPress가 53.9%であり、XEが27%を占めするものと集計されています。 2015年12月と比較して WordPress 0.6%程度の上昇率を見せたXEは、1.6%も下落したことに気づいた。

つまり、国内でも WordPress時間が経つにつれてシェアをどんどん拡大していく一方、XEは下落傾向にあります。 このような点を見たとき、どのようなCMSシステムを選択することが、今後さらに有望地ある程度開きになると思われます。

選択は、ユーザーがするわけですからね。 私は長い時間前にゼロボード時代と、ゼロボードをしばらく使って見た後には、国内のシステムを利用してみなくて何がいいと言わドリル数が、ユーザーが重要に考えているSEOの側面を見ると、 WordPressが明らかに大きな利点があろうかと思われます。 Googleは WordPressで作成する文を好きか表示します。 ところが WordPress 文が Naverではほとんど検出がないね。

初心者ユーザーの選択

WordPressに行くことにした場合はどのようにアプローチするかについて私の考えを簡単にまとめてみましょう。

まず運営するサイトの性質を考慮することです。

個人的なブログを作るか? 会社のサイトを構築するだろうか? コミュニティを実装する必要があるか

個人的なブログを構築することにした場合:

身辺キャッチ性情報を上げコミュニティ機能が重要でない場合 個人的に WordPress.comで提供される無料のブログを利用することもいいと思います。 特徴として3GBの空き領域が提供され、特にビーズの更新によるサイトのエラーなどを気にしなくてもされます。 そして、セキュリティ上の問題も心配する必要はないよ。 また、文章を作成すると、Googleのにも検索ができます。 しかし、無料 WordPress ブログの場合、プラグイン/ユーザーのテーマを使用することができない拡張が容易ません。 テーマの場合は無料のテーマと有料テーマを使用することができます。 WordPressが提供する有料のテーマを使用しても良い結果を得ることができます。

加入型サービスとマウントサービス比較:

加入型サービス(WordPress.COM無料で登録して使用):

  • 無料で登録
  • 別途プラグインのインストール不可
  • 基本的に提供されているテーマ(無料/有料)に加えて、ユーザーのテーマのインストール不可
  • いくつかのプラグインの基本搭載(参照)
  • CSSを使用するには、Custom Designという商品(年間30ドル)を購入する
  • 無料プラン3GB、Premiumプラン13GB、Businessプラン無限の空間を提供
  • ユーザーのプラグイン/テーマをインストールすることができないため、セキュリティを心配する必要なし
  • ユーザーのプラグイン/テーマをインストールすることができないため、プラグイン/テーマ衝突を心配する必要なし
  • 有料商品(Custom Design、有料テーマ)購入時のサポートがよくなる。 お問い合わせと、ほぼすべての質問への回答を得ることができます。
  • 低コストでスペースアップグレード可能(10GB年間20ドル、25GB年間50ドル、50GB年間90ドル...)
  • ドメイン接続可能/サブドメインの適用、接続可能(参照)
  • 구글 AdSense(Google Adsense)を挿入不可(参照)
  • 無料ブログ利用時の広告表示(広告を削除するには、 No Ads商品(年間30ドル)を購入したり、 プランをアップグレードする必要がある)

設置型サービス(WordPress.orgでインストールファイルダウンロードして使用):

  • ユーザーがインストールファイルを WordPress.orgからダウンロードしてインストール(Webホスティングサービスプロバイダから自動インストールをサポートすることもあります)
  • Webホスティングサービスに加入するか、ローカルコンピュータにインストール可能(参照)
  • 外部のテーマ設置可能(無料/有料)
  • 外部プラグインのインストールが可能(無料/有料)
  • プラグイン/テーマ衝突が頻繁に発生 - ユーザーが自分で問題を解決しなければならない
  • セキュリティの脆弱性(プラグイン/テーマ使用に起因)
  • ユーザーCSS、ユーザー関数を追加可能(拡張性)
  • テーマ、プラグインが原因で速度の問題が発生する可能性
  • 구글 AdSense 利用可能

掲示板などのコミュニティ機能を使用して、ユーザーとのコミュニケーションを必要がある場合 加入型 WordPressは適していません。 なぜなら、掲示板やコミュニティ機能を提供するプラグイン(例えば、KBoard、bbPress、BuddyPress)をインストールすることができないからです。

この場合は、Webホスティングサービスに加入して WordPressをインストールする必要があります。 ここで検討することは、テーマを無料テーマを使用するか、または Avada, Enfold などの有料テーマを購入するかどうかを考えています。

レイアウトが重要でない場合は、無料のテーマの中から選択して使用してもよいでしょう。 しかし、 High Qualityのサイトをしたい場合は有料テーマに行くことが、時間とコストを節約する方法になることがあります。 時間が豊かで学ぼうとする熱望がある場合は、まず WordPress 関連書籍を購入して一つずつ機能を身につけた後、無料のテーマで開始することも一つの方法である。

メモ: 個人的な経験をしばらく申し上げますと、私は最初は加入型 WordPressで開始しました。 加入型 WordPressを使用してみると、レイアウトが良くなくてCustom Designという商品を購入して、CSSでレイアウトを調整して使用していました。 Custom Designは年間30ドル程度であり、この商品を購入すると、CSSを使用して加入型 WordPress ブログのレイアウトを必要に応じて変更することができます(追加:現在、この商品は提供されず、代わりにプランをアップグレードすると、提供されます)。 この過程でのCSSについて多くを学ぶことができました。 そうするうちに、プラグインの機能が必要で、Webホスティングを申請して、無料のテーマでサイトを構築しました。 このサイトでは、以前に無料のテーマを使用したが、現在 Enfold(以前に 冥王星というテーマを使用している途中、最近変更さ)テーマを使用しています。 しかし、新たにこのブログを固定した場合、有料のテーマではなく、デフォルトのテーマの中から一つを選択して、レイアウトに変え最小限のプラグインとして構築してみたいと思います。

会社のサイトを構築しようとする場合:

単に情報提供のためのサイトを作成する場合 加入型 WordPress(無料/有料)を登録して適切な有料テーマを購入して運営することが最も安価な方法になります。 同様に上記のように加入型の場合掲示板などを構築することができないユーザーとのコミュニケーションはコメントやお問い合わせフォームでする方法になります。 もし外部掲示板サービスを利用する場合は、メニューにリンクを量って運営することもできます。 小規模会社であり、情報提供が重要な場合は、このオプションが大丈夫のようです。 必要に応じてPremiumまたはBusinessプランを使用すると、大容量の動画をアップロードなどが可能となります。 Businessプランの場合eCommerceまで可能ですが、韓国の決済システムを連動させることができるのか WordPressにお問い合わせしてみることが安全であると思われる。

一般企業サイトを制作する場合、:通常の企業サイトはエージェンシーを介してサイトを構築することになると思われます。 一般的に、 Avada, Enfold などの有料テーマを使用するようになって機能が必要な場合、ほとんどのエージェンシーは、プラグインで解決しようとするものです。 必要に応じて専門家のプログラマーを雇って機能を実装する必要があります。

参照: WordPressについてよく分からない(また知る気もあまりなく)時間もなく、ある程度の品質がされているサイトを安価に短時間で構築しようとする場合には、 Avada, Enfold, BEテーマ, Xのテーマ, Bridge など人気のテーマの中から好みのデモがあるテーマを一つ選択して購入した後、デモをロードして、修正しておよそ完成すれば良いようです。

추가:表示するためのウェブサイトを作成する場合は、簡単にきれいなレイアウトを構成したい場合には、 Wix(ウィックス)がより効果的であることもあります。 WixがSEOに弱い面があって、大規模のサイトには適していないが、小規模なサイトを作成する場合には、 WordPressが困難に感じられる面考慮してみることができます。

WordPress テーマ検索

どのように多くのテーマがあるでしょう? おそらく数万種のテーマがないかと推定してみます。 有料テーマ販売サイト Themeforestから WordPress カテゴリを訪問すると6,000を超える WordPress テーマが登録されています。 ユムリョテーマをすべて合わせると、テーマの種類がすばらしいでしょう。 このように多くのテーマの中から任意のテーマを選択するでしょうか?

初心者ユーザーであり、高品質のサイトをしたい場合は有料のテーマを選択することが最も効率的でしょう。 WordPressに精通しており、独自のテーマをしたい場合は、デフォルトのテーマを使用してカスタマイズしたり、あるいは アンダースコアというStarter Themeを使用して、最初から作成することもできます。

サイトの成功は、構築しようとする性質に最も適したテーマを見つけることから始まります。 できるだけ多くの時間を投資して、必要なテーマを見つけた場合 後にカスタマイズ作業が減り、より低コストで、より簡単にサイト構築が可能です。

有料テーマを購入する場合 この記事を参考にしてみてください。

♠多くの有料テーマの場合規模が大きいため、サイトの速度が遅くなることがあります。 この場合、キャッシュプラグインを使用して速度を高める方策を検討することができます。 このブログではSuper Cache、W3 Totalで検索見れば使い方を確認することができます。

♠参考に エンバト要素を利用すれば、40万人以上のテーマ、プラグイン、写真やフォントを無制限にダウンロードが可能です。 ウェブサイトのデザインに従事している場合に便利なオプションになることができるようになります。

プラグイン

WordPressの最大の利点の一つは、テーマとプラグインを使用することができているという点であることです。 テーマは、レイアウトと関連された場合、プラグインは、主に機能拡張と関連します。 プラグインを介して WordPressの基本的な機能を大幅に拡張することができます。

たとえば、bbPressやKboardなどのプラグインを使用すると、 WordPressにフォーラムや掲示板機能を追加することができます。 WooCommerceをインストールすると、 WordPressでショッピングモールを運営することができます。

このように利点にもかかわらず、プラグインが原因で問題が発生します。 ウッドプレスサイトが異常に動作するか、エラーが出る場合、多くの場合、プラグインのクラッシュが原因であることがあります。 そして多くのプラグインをインストールすると、サイトの速度にも良くない影響を与えます。 したがって、プラグインのインストールを必要なプラグインに最小化することが理想的です。 そして、同じ機能をするプラグインはXNUMXつしか設置して二つ以上同時にインストールしないようにします。

しかし、初心者の場合は、必要な機能を入れるためにCSSやテーマのソースの変更に制限が続くスイカにないので、仕方なくプラグインに依存することになるしかないようです。 プログラミングの知識がない場合は、プラグインをインストールする方法のほかに、先のとがっことができないでしょう。 私も数年前に最初にマウント WordPressをインストールしてまだ運営しているサイトがありますが、そのサイトには多くの無料のプラグインと 有料プラグインがインストールされています。 (初心者の立場から、プラグインのほかの方法が見えなかったので仕方なかったようです。)幸いなことに、そのサイトがまだ最新バージョンの WordPressでよく運営されており、速度があまり良くも悪くないように無難に出ています。 しかし、今、もう一度、そのサイトを構築するとしたら非常に多くのプラグインをインストールしていないことです。

プラグインのインストールは、必要なプラグインに制限して最小化するが、プログラミングの知識がない場合は、仕方なく、プラグインをインストールするが、特定の機能をする複数のプラグインをテストして、現在のテーマと最も相性が良く軽いプラグインをインストールする方向に進行することが最新であることです。 もちろん WordPress 使い方やCSS、jQuery、PHPについて、少しずつ学んでプラグインのインストールを減らす方向に出て行けばなお良いことのようです。

何を学ぶ必要か?

テーマを選定した場合今、本格的なサイト構築に乗り出すこと番です。 もちろんサイトをいくつかの構造でどのようなコンテンツにするかの計画が必要でしょう?

まずは WordPress 使い方を学ぶ必要です。 WordPressの構造を把握して、基本的な機能を身につける時間が必要です。 そのためには時間が十分であれば本を購入して一つずつ身につけることができ、短時間で学ぶために個人レッスンを受けたり、カフェの動画講座(有料)を聞くことを考慮してみることができます。 英語に慣れている場合、Lynda.comに上がってきた WordPress 講座もお勧めします(参照).

レイアウトを変更するには、ある程度のCSSの知識と追加のjQuery、javascriptなどの知識があればお勧めです。 そして機能を修正するには、PHPの知識が必要になることができます。 専門的に WordPressサイトを作成しながら、余白(margin)がまともに適用しなくて Kopress(WordPress コミュニティ)や Naver カフェなど繰り返し質問を上げる場合を時折表示します。 CSSを学ぶことが難しくありません。 数日であれば、基本的な内容は、すべて生じゃないかと思ってますね。 "生活コーディング「サイトから無料で動画講義まで見ることができます。本を一つ購入して参考にして無料動画講義を聞く短期間にCSSに慣れ親しんことができます。意志と忍耐の問題はないでしょう?

そしてテーマやプラグインをカスタマイズする際に、コアファイルを変更する場合がありますが、良くないアプローチです。 PHPなど慣れが WordPressにむやみに飛び込んだ場合に、このようなアプローチの姿勢を多く見られるようです。 ソースファイルの変更時 WordPress 古写本 文書と海外のコミュニティ文を検索する習慣をつける多くの助けになるでしょう。 特にCodex文書を参照する習慣をつけるお勧めします。

要約すると:

  • WordPressを適切に使用するためには、まず WordPress 使い方を学ぶ必要です。 (Visual Composerのようなページビルダーを購入したり、ページビルダーが含まれている有料のテーマを使用すると、より便利に WordPressを使用することができます。)
  • レイアウト(例えば、テーマオプションで指定できない文字の色、テキストのサイズ指定等)を変更するにはCSSを学ぶ必要です。 前述のようにCSSは簡単に学ぶことができます。
  • より高度な修正を希望する場合jQuery、javascript、PHPなどの知識があれば役立ちます。
  • 常に WordPress Codexのドキュメントを参照する習慣をつけるお勧めします。 https://developer.wordpress.com/, http://wordpress.stackexchange.com/, http://stackoverflow.com/ などのサイトにも便利です。

Webホスティングの選択

Webホスティングを選択することは非常に重要です。 まず、Webホスティングを利用するか、それともローカルコンピュータにBitnamiのようなプログラムをインストールしてテストすることかどうかを考慮してみることができます。 個人的な考えは、 WordPress テストのためのものでも、ローカルコンピュータにインストールするよりも低コストのWebホスティングも登録して利用することが効率的と思われる。 (Cafe24の最安値型は月に1,000ウォン程度だから、ほとんど負担がないレベルです。)

また、自宅で使用していないPCにLinuxサーバをインストールして運営する方、たまにあります。 電気料金などを勘案すれば、気楽にWebホスティングを利用することが、より良いようだが、直接運営することも(時間だけ多く奪わなければ)実力の維持、自己満足などのためにまともなようです。

その後、いくつかのホスティングを利用すべきでしょう? 複数の会社の商品を比較して、現在の目的に合ったWebホスティングをご利用ください。 むやみに低コストを選択すると、後で後悔することができます。 もしトラフィックが非常に高かったり、多くのスペースが必要な場合、あるいは、複数の WordPressをインストールしてテストしてみたいと思った場合、または海外のユーザーを対象とする場合 Siteground, Ipageを, Bluehost, Hostgatorの など海外のホスティングを考慮してみることができます。

海外ホスティングの場合、一般的に SiteGround, Bluehost와 古代ディドリームホスト 程度が評価が良い方です。 共有ホスティングの中では、個人的に Sitegroundが安定して速度も大丈夫に出てくるようです。

余談:

翻訳についての話を一つしてみましょう。 大企業の従業員が個人の費用で翻訳を依頼してくる場合がたまにあります。 大企業に入社するくらいなら、TOEICスコアが非常に良く、英語もよくするので、上司が文書を一つ投げ、「これ翻訳太陽」このような場合はシムシムチャンゲあるようです。 その後、おそらく最初はこの程度だという気持ちに文書を受けたでしょう。 しかし、翻訳が容易ではない作業であることをすぐに実現します。 いくら英語がよくても、翻訳は別のスキルが必要なんですよ。 これはまるで韓国の人々がすべて韓国語をよくが、自分の考えを文章作成みろと、正しく文を書く人が多くないのと似ています。 知っていることと表現するのはまた別の問題です。

翻訳も同様です。 英語を完璧に理解しているが、それを他の人が理解するように文章表現することは、多くの時間とスキルが要求されます。 たとえば「He has a brother "という単純な文がある場合は、通常、「彼の兄弟がいる」と翻訳することです。 しかし、このような表現はよくありません。 文脈に応じて、「彼には弟が一つある」もしくは「彼には型が一つある」程度表現してくれるのが自然でしょう。 文章が複雑になって長くなった場合どうでしょうか? だから毎晩英語と格闘をして最終的にはあきらめて、涙を浮かべたサビ(私費)への翻訳会社に依頼する場合が発生したりします。

同様の状況は、この業界でも経験します。 中小企業の場合には、社長が「キム代理、 WordPressが容易であると言っていた、あなたが一つ作ってみましょうか?」という言葉に気軽に、あるいはしぶしぶ受け入れになると、その時からギムデリの苦難が始まるのです。 「誰が WordPressが容易であるとしたのか?」 そのように熱心作成を見ても結果は芳しくない場合が多いでしょう。

最終的には外周をジュドゥンガ...最悪の場合サビをはたいて専門家の助けをバトドンガ...

会社の立場では、優秀な人材を選抜して、その業務に集中するようにして専門的な作業は外注を与えることが、生産性の面で役立つだろうが、上の方の考えは少し違うようです。 どのようにしても安価に作成したいのです。 従業員に業務とは全く関係のない翻訳やウェブサイト制作を任せることは 投資比効率面で非常に非効率的でしかありません^^

最後に、

文を短く作成しようとしたが、長い文章がなりましたね。 最近大勢はどうしても WordPress입니다。 WordPressは逆説的にも簡単であれば非常に簡単難しい面は非常に難しいと思われます(参照)。 例えば、有料テーマのデモを利用して、別の修正なしでそのままサイトを作成する場合 WordPressのように低コストと時間で高品質のサイトを構築することができる方法がないようです。 一方、テーマを適用して、欧米に合わせてサイトをカスタマイズする場合は、初心者としては超え四壁になることがあります。 現在の状況をよく分析して、どのオプションを選択して、サイトを構築することが効率的であるかを検討してください。

♠たまにエージェンシーにすべてを一任してWebホスティング登録からドメインに参加までエージェンシーで担当してサイトを構築している場合があります。 この場合、完成後にその権利がエージェンシーであるため、権利行使時に問題になることがあります。 少し手間ロプドラドWebホスティング登録とドメインに参加(可能な場合 テーマを購入まで)などは、直接実行するようにして代理店は、サイトを作成した後、データとDBを移転する方法で進行することをお勧め。 権利移転契約書を作成しても、権利移転の範囲を置いての意見の相違が発生する可能性があります。 そして変更するたびに費用を必要とする企業もありますので、注意が必要です。 このような問題を経験する場合 サービスリクエストページを介してお知らせいただければ最善の方法を講じてみることができます。 そしてエンドユーザーは、テーマライセンスを直接購入する必要がライセンス違反にはなりません。


メモ: WordPressでサイトを制作することをしたいどのように始めるべきかわからない、途方もなくする方がたまにおらそんな方に実質的に役立つ(かもしれない助けにならないこともある)の内容をお知らせしたいと思います。

HTML、PHP、CSS、javascriptなどについてある程度知っていれば、比較的容易に WordPressに移動することができるようになります。 このような内容についてよくわからない場合はおそらく、途中で放棄する可能性もないかと思いますね。 成功するには、まず、忍耐と粘り強さ、そして情熱がなければすることです(当然のことでしょう)。

PHP、CSSなどを一つずつ学びながら起動する時間があまりにもかかり、途中で興味を失ってしまう可能性が高くなります。 まず書店に向かう自分のレベルに合った WordPress 本を購入すると、よさそうです。

次に人気のある有料のテーマのいずれか二つを選定し、そのテーマの使い方を集中的に身につけると短時間で実戦に投入が可能になります。 実際PHP、jQuery、このような内容については全く知らなくても AVADAEnfold 또는 BeThemeのような有料のテーマだけ熱心に身につけて生計をしている方も見たことがあります。 最初は試行錯誤も経験しますが、数回したテーマに制作すると、後は急速に製作が可能になります。

현재 Themeforestで、現在の Avada(AVADA), X(おそらく "Ten(テン)」と発音するようです。 "X"と発音)、 Enfold, BeTheme などが上位にランクされています。 上位にランクされた、このようなテーマの中から一つを選択すると無難と思われる。 AVADA最も人気のある多く使用されているテーマであるが、少し重い感があり、多くのテーマのオプションを提供しています。 Enfoldはちょっと軽い感じでの使用もそれほど難しくない方です。 ここで Enfold インストールの文を見ることができます。 インストール後にデモを適用すると、デモサイトにほぼ同じにすることができます。 (Avada テーマのインストール/アンインストールは この記事を参照してください。)その後、一つずつ分析しながら使い方を身につけるよさそうです。

メモ:



1のコメント

コメント

  1. ちなみにウィックス(Wix)の場合は、グローバルシェアが1%未満であるが、広告のためかWixに興味を持つ方がたまにおられます。 ウィックスはSEOに問題があるため注意が必要です。 もし、Googleなどの検索エンジンに検索されなくても場合使用してもだろうが、そうでない場合には、避けた方がよさそうです。 https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EC%99%80-wix%EC%9D%98-%EC%A0%90%EC%9C%A0%EC%9C%A8-%EB%B9%84%EA%B5%90/ 文を参照してみてください。

    応答