WordPress ブログ開始

Last Updated:2024年06月10日| | 260のコメント

WordPress FAQ(자주묻는질문)

WordPressに関してよくある質問をまとめました。 さらに質問がある場合は、以下のコメントで投稿してください。コメントで返信します。

1 WordPress 購読型と設置型のどちらを選ぶべきですか?

設置型と加入型には長所と短所があります。 ティーストーリーなどのサービスに慣れている場合 WordPress.COMに加入して利用する加入型もまともな選択かもしれません。 加入型には無料プランと有料プランがあり、無料プランではカスタムが限られています。 執筆中心にしたい場合は考えてみましょう。 有料プランは、ビジネス以上で外部テーマやプラグインのインストールが可能で、 AdSense 広告を掲載することができます。

インストール型はこのような制約はなく、Webホスティングに加入して WordPressをインストールしてサイトを作成できます。 自由にカスタムが可能で自由度が高い方です。 上記の「WordPress 加入型と取付型の比較」を参考にしてください。

2 ドメインを登録する必要がありますか?

多くの質問のXNUMXつがドメインを登録する必要があるかどうかについてです。 加入型の場合 WordPressドットコムが提供する無料ドメインをそのまま使用できます。 そして Cafe24 など、一部のホスティングでは、ホスティング会社のドメインである無料ドメイン(例:例)。cafe24.com)を提供することもあります。 WordPressドットコムサブドメインの住所は無料プランでも引き続き使用できますが、ホスティング会社に提供する住所はサービスを終了すると利用できなくなります。

なるべく自分だけのドメインを登録して利用することを検討してください。 ドメイン維持費用は1年に1~2万ウォン程度です。

3 WordPressは難しいですか?

WordPressが難しいという認識が多いです。 特にティーストーリーなどを利用する WordPressに進むと、そのように感じることができます。

ティーストーリーのようなサービスはスキンを選択していくつかの設定だけでそのまま利用すれば良いのですが、 WordPressは、テーマの選択と設定、プラグインの選択/インストールと設定など、全体的に設定する項目が多いです。 特に難しく感じられる理由の一つは、望んだサイトを作るのが容易ではないことも一役買っているようです。 単純に操作するのは難しいことではありませんが、レイアウトを変更しても機能を追加するのは簡単ではありません。

しかし、どのCMSを選択してもサイトを高度化することは容易ではありません。 幸い WordPressは多くのテーマとプラグインがあるので、少しだけ調べればお好みのレイアウトのサイトを比較的簡単に作ることもできます。 テーマの中から私が望むレイアウトのデモをしたいものを選択し、機能はプラグインを介して追加することができます。 WordPressには本当に様々なテーマとプラグインがあります。

まず、基本的な WordPress 使い方を学ぶのが役立ちます。 基本的な使い方を身につけていない状態ではなかなか進行できないことがあり、そのため中途にあきらめる可能性も高いです。 本屋で WordPress 本を一冊購入して全体的にインストールを見るのも一つの方法かもしれません。

WordPressは難しいという認識について、次の記事を参考にしてみてください。

4 文字サイズ/色などはどのように変更しますか?

何度も何度も上がる質問のXNUMXつは、文字サイズ/色などのスタイルを変更する方法です。

Avada など多目的テーマや有料テーマでは、フォントサイズ/カラーなどを調整するオプションを提供することもあります。 また、エレメントページビルダーなどのページビルダーを使用する場合でも、さまざまなスタイル調整オプションが提供されます。

ただし、テーマオプションなどで提供されていない場合は、CSSを使用してほとんど変更が可能です。 CSSは、スタイル、レイアウトなど、ユーザーに文書を表示する方法を指定する言語です。 ホームページ制作作業の際に、過去にはHTMLやCSS、そして必要な場合はJavascriptなどを使って作成しましたが、 WordPressを使用している場合は、これらの言語の知識がなくても、ページビルダーを使用して十分なサイトを作成できます。 それにもかかわらず、CSSについて知っておくと、より簡単にスタイルを変更できます。

基本的なCSSは比較的身につけやすい方です。 CSSはライフコーディングなどの無料講義で学ぶこともできますし、書店でCSS関連の本を1つ購入し、必要に応じて参考にしてください。

5 必ず有料テーマを購入する必要がありますか?

有料テーマを購入すると、ホームページ制作期間を短縮し、労力を減らすことができる利点があります。 しかし必須ではありません。 シンプルなサイトを作成したい場合は、無料のテーマで十分です。 たとえば、シンプルで速いブログを運営したい場合 무료 GeneratePress テーマ など適当なテーマを設置して使用できます。

ただし、カスタムをしようとする場合、コーディング知識が不足すれば無料テーマでは限界を感じることになるでしょう。 カスタムが必要な場合は、作成するサイトに適した有料テーマを選択することもXNUMXつの方法です。 コーディング知識があれば基本的な WordPress 使い方を学ぶ WordPress Codexサイトの記事を参照して、必要なサイトを作成できます。

6 プラグインをたくさんインストールしてもいいですか?

クオリティの良いプラグインは多くインストールしてもサイト速度を大きく遅くしませんが、誤って作成されたプラグインをXNUMXつだけインストールしてもサイト速度が大きく遅くなることがあります。 そのため、よく作られた軽いプラグインは複数個設置しても構わない。

ただし、通常はプラグインの数を最小限に抑え、必要なプラグインのみをインストールすることをお勧めします。 プラグインの数が増えると、プラグイン間のクラッシュの可能性が高まり、速度にも影響を与える可能性があります。 速度が重要なサイトであれば、重いプラグインのインストールを控えることが望ましいでしょう。

6 子テーマのインストールは必須ですか?

テーマファイルを変更する必要がある場合、またはユーザーコードを関数ファイルに追加する必要がある場合 子テーマ(チャイルドテーマ)を作成して作業する必要があります。 ただし、テーマファイルを変更せずに関数ファイルにコードを追加することがない場合は、子テーマをあえてインストールする必要はありません。

最近では WordPress 通知パネルからヘッダーからフッターまで、サイトのすべての要素をカスタマイズできるように、いくつかのテーマやページビルダーが進化しているようです。 Avada テーマはLayout機能を導入し、すべての要素を通知板で作成できるようにしており、 エレメンページビルダーは、テーマビルダーを使用してすべての部分をカスタマイズできるようにします。 これらの進化は、ユーザーの利便性の点で肯定的に機能するようです。

8 有料テーマを複数のサイトにインストールできますか?

これはテーマによって異なります。 DiviGeneratePressのようなテーマは、ライセンス期間中に無制限のサイトにインストールすることができます。 複数のサイトを運営したり、クライアントのためにサイトを作成したりするWeb代理店やWebデザイナーなどに経済的なオプションかもしれません。

しかし Avada, Newspaper などの Theme森のテーマは1ライセンス1サイト用です。 Themeforestテーマはサポート(Support)が終了しても、アップデートは一生(テーマが存続する限り)受け取ることができます。 1~2つのサイトにインストールするテーマを探す場合、安価な選択かもしれません。

9 テーマやプラグインを韓国語に翻訳(ハングル化)できますか?

はい。可能です。 Loco Translateなどのプラグインを使用してUI文字列をハングルできます。また、Poeditプログラムを使用してPC/Mac/Linuxで言語ファイル(POファイル)をハングル化でき、他の言語にも翻訳が可能です。

10 有料テーマを使用して一時サイトからサイトを完成したら、実際のサイトに移行しようとしています。この場合、1つのライセンスで可能ですか?

はい、通常許可されます。 テーマライセンスキーを登録して、一時サイトまたはテストサイトでホームページ作成を完了したら、ライセンス登録を解除できます。 その後、実サイトに移行した後にライセンスキーを再登録します。 WordPress 有料テーマライセンスを他のサイトに適用する方法(Avada, Enfold など) 文を参照してみてください。

11 サイトに問題が発生してサイトにアクセスできません。どうすれば解決できますか?

問題が発生した場合 この記事を参照してトラブルシューティングを試すことができます。 バックアップがある場合は、バックアップを使用してサイトを復元できます。 トラブルシューティングに問題がある場合は、このブログの「サービスお問い合わせ「ページから有料でトラブルシューティングをリクエストできます。安くサービスを提供しています。😄

12 サイトアドレスを変更した後、サイトにアクセスできません。

管理者ページの 設定 » 一般でアドレスを変更した後にサイトにアクセスできない場合は、この記事を参照してアドレスを変更してください。

13 一時サイトやPCでサイトを完成した後、実際のサイトに移行できますか?

WordPressでは、DuplicatorやAll-in-One WP Migrationなどのプラグインを使用して簡単に移行(移行)できます。プラグインを使用した移行が失敗した場合は、手動で移行する必要があります。

14 サイトの速度が遅すぎます。どうすれば速度を向上できますか?

さまざまな要因がサイトの速度に影響します。 重いテーマとプラグインを使用すると、サイトが最適化されていない場合にサイトが遅くなることがあります。 GeneratePressのような軽いテーマを使用し、プラグインの使用を最小化し、キャッシュプラグインとAutoptimizeや クリアフィなどの最適化プラグインをインストールして設定すると、サイトの速度を向上させることができます。

구글 AdSense 広告を表示する場合は、次の記事で紹介するプラグインを使用するとサイトの速度が大幅に向上する可能性があります。

また、Google Search ConsoleのコアWebバイタルセクションでCLS問題またはLCP問題が発生した場合は、次の記事を参照してください。

15 プラグインを更新した後にサイトにアクセスできません。どうすればこの問題を解決できますか?

重要なサイトの場合は、アップデートする前にサイトのバックアップを取るのが安全です。 まず、バックアップがあることを確認してロールバック(復元)してみてください。 Cafe24、クラウドウェイズなど、一部のWebホスティングでは、独自に復元機能を提供しています。

別の方法でFTPに接続してそのプラグインフォルダを削除すると、問題が解決します。プラグインフォルダのパスは/wp-content/plugins/プラグイン名/です。 cPanelが提供されている場合は、File Managerツールを使用してWebサーバーに接続し、問題を引き起こすプラグインフォルダを削除できます。

16 WordPressでショッピングモールを運営できますか?

はい、可能です。 WordPressは WooCommerce(WooCommerce) プラグインを使用してeコマースサイトを運営できます。フラットサムなど WooCommerceドラゴン専用テーマを使用すると、より簡単にショッピングモールを作成できます。 また、 YITHプラグインを含む様々な無料および有料 WooCommerce用のアドオンプラグインを使用して機能を拡張できます。

17 WordPressはセキュリティに脆弱ですか?

WordPressがセキュリティに弱いという方がいらっしゃいますが、実際にはそうではありません。 WordPressは定期的に更新されており、緊急で重大なセキュリティ問題が発見された場合は、すぐにセキュリティアップデートがリリースされることもあります。

WordPress リポジトリで提供されているテーマまたはプラグインでセキュリティの脆弱性が見つかった場合は、まずテーマ/プラグインの開発者にセキュリティの脆弱性を知らせて問題を解決する機会を提供します。 セキュリティ問題がパッチされたアップデートが出たら、ユーザーがアップデートできる一定時間を与えた後、セキュリティ問題の詳細が公開されます。 そのため、アップデートが正しく行われていないと、セキュリティに穴が開いたり、サイトがハッキングされたりマルウェア(マルウェア)に感染したりする可能性があります。

いくつかの事項に従うと WordPressを安全に操作できます。 1) WordPress、テーマ、プラグインを常に最新バージョンにアップデートし、 2) 長い間アップデートができないテーマやプラグインは削除します。 3)未使用の不要なテーマとプラグインを削除し、4)セキュリティプラグインをインストール(オプション)します。 そして5)定期的にバックアップし、PCやクラウドに保存します。

他にも強力なパスワードを使用し、サイトログイン情報を複数の人が共有しません。 また、管理者IDにadminまたはサイトのアドレス名(例:example.comサイトでexampleを管理者IDに設定)を使用しないでください。

重要なサイトの場合は、アップデートする前にバックアップすることが安全です。 サイトに問題が発生した場合は、バックアップを使用して簡単に復元できます。 バックアップはWebホスティングで提供されている場合はWebホスティングを介してダウンロードでき、ディスク容量が十分な場合 UpdraftPlusなどの無料バックアッププラグインを使用して便利にバックアップできます。

18 SEOプラグインを使用すると、Googleの流入などに有利だと聞きました。 どのSEOプラグインを使用すればよいですか?

WordPressにはいくつかの無料と有料のSEOプラグインがあります。 Yoast SEO、Rank Math、All-in-One SEOなどの人気SEOプラグインから選択できます。

お互いの機能が似ているのでどちらを選んでも構いません。我が国では、Rank Mathが多く使われています。有料のSEOプラグインを使用したい場合は、Rank MathとYoast SEOプレミアムプラグインを選択できます。機能に対するコストは、ランクマスがコスパ比が良いようです。 コンテンツAIをリリースして人工知能機能を提供します。

19 NaverでIndexNow機能をサポートするプラグインはありますか?

はい。あります。 IndexNowというプラグインから Naverをサポートします。 Rank MathなどSEOプラグインやMSで公式リリースしたIndex Nowプラグインでは Naverはサポートされていません。

私はそれ自体です Naver 専用インデックスナウプラグインを作成して使用しています。

ブログのスポンサー

このブログは、ブログ運営自体に起因する収益がほとんどないため、Google AdSense バナー広告に依存しています。 しかし、 AdSense 広告は収益が非常に低いレベルだと運営が容易ではない側面があります。

文の内容が役に立ちましたら、このブログが成長し続けるように、小さな助けを与えることができます。 あなたの後援金は、より良いコンテンツを制作するために使用されます。 コーヒー一杯の値でもブログ運営に力をボテルことができます。

WordPress ブログ開始する4

付録

WordPress サイトの速度が遅い場合

WordPress 速度は、様々な要素の影響を受けます。 個人ブログや収益型ブログの場合 アストラGeneratePress (現在、このブログで使用中)のような軽量で高速なテーマを使用すると、速度が大丈夫に出てくるのがいます。

キャッシュプラグイン+最適化プラグインをインストールして微調整すると、サイトの速度が改善されることがあります。 最適化プラグインでは、 Autoptimizeが有名です。 私 クリアフィというプラグインを主に使用しています。

WordPressと人工知能(AI)

チャットGPTの登場で触発されたAI熱風は WordPressにも影響を与えています。エレメントなどのページビルダーやDiviテーマなど、一部のテーマではAI機能を提供する製品をリリースしました。 Rank MathのようなSEOプラグインでも人工知能機能を搭載しています。

申し込みフォームの作成

WordPress サイトで見積書やお問い合わせを受けようとする場合、さまざまな申請フォームプラグインを使用することができます。 無料で利用できるプラグインでContact Form 7とWPFormsがあります。 Avada などいくつかの有料テーマはデモにContact Form 7で作成したページを提供しています。 有料プラグインでは、 Quform など、いくつかのプラグインがあります。

HTMLとCSSを少し知っている場合、Contact Form 7を利用みることができます。 より便利なコンタクトフォームのプラグインが必要な場合、ドラッグ&ドロップ方式で申請フォームを作成することができますWPFormsも良いオプションです。 2020年1月現在、それぞれ500万以上のサイトと300万以上のサイトに設置されて使用されています。

Quformを使用すると、段階的にフォームを送信できる機能などの追加機能を利用することができます。

掲示板作成

海外では、フォーラムが有効になっているが、韓国ではまだ掲示板が多く使われています。 コミュニティサイトを作成する場合はbbPressとBuddyPressを使用することができます(参照).

韓国型掲示板をご希望の場合網ボード、 KBoard 同じ韓国型掲示板プラグインをインストールして使用することができます。 網ボードは WordPress ストアからダウンロードしたり、管理者ページ内ですぐにインストールが可能です。 KBoardはcosmosfarmサイトから直接ダウンロードしてインストールする必要があります。

【網ボードを使用する]

網ボードは、プラグインの開発者によると、 WordPressし、最小限の連動だけで動作するので、機能的な衝突が発生する可能性が低いとします。

網ボードをインストールするには、 ダッシュボード>プラグイン>新規追加をクリックし、「マンボード」を検索します。 現在8000以上のサイトにインストールされ使用されています。 Mang Board WPを選択してインストールして有効にします。

掲示板プラグインを新規インストールしたので、最初に掲示板を作成するようです。 新しい掲示板を作成するには MangBoard>掲示板管理をクリックします。

網ボード掲示板を追加する

上記の画面が表示されたら、「掲示板を追加」をクリックします。

網ボード掲示板追加画面

これで掲示板を設定する画面が表示されます。 権限とポイント関連の設定も可能です。 すべての設定が完了したら、一番下の[OK]をクリックすると掲示板が作成されます。

網ボード掲示板を作成

その後、図のように掲示板が追加されます。 次のようなショートコードを使用して掲示板や最近の投稿を表示することができます。

자료실: [mb_board name="bbs1" style=""]
갤러리: [mb_board name="bbs1" list_type="gallery" style=""]
캘린더: [mb_board name="bbs1" list_type="calendar" style=""]
최근 게시물: [mb_latest name="bbs1" title="bbs1" list_size="5" style=""]

これで、目的の掲示板形(資料室、ギャラリーやカレンダー)のショートコードをコピーして、掲示板を表示しようとするところ貼り付けるされます。 例えば、掲示板というページを一つ作って掲示板を表示することができます。

ページ>新しいページを追加をクリックして新しいページを作成します。

網ボード掲示板ショートコード

上記のように、新しいページを追加画面が表示されたら、ページのタイトル(1)を入力して、本文にショートコードを追加します(2)。 次に公開をクリックすると、ページが作成されます。 掲示板のページにアクセスすると掲示板が表示されることを確認することができます。

WordPress 網ボード

網ボードは最近、ビジネスライトパッケージ、コマースパッケージ、テーマパッケージを無料に切り替えて、今誰でも簡単に WordPress ショッピングモールを作ることができるよう支援しており、網ボードストアで80種類以上の商品を公開しています。

[KBoard 使用する]

KBoardプラグインは、 WordPress ストアからダウンロードすることができず、 Cosmosfarmサイトから直接ダウンロードして手動でインストールする必要があります。 KBoard掲示板とKBoardコメント、二プラグインをダウンロードして WordPress 伝言板の プラグイン>プラグインを追加するに行き、プラグインのアップロード「をクリックしてダウンロードしたKboardプラグインファイルをアップロードしてインストールします。

WordPressでプラグインを手動でインストールする

KBoard 掲示板を設置して有効にして KBoard>掲示板を作成をクリックして新しい掲示板を一つ作るようです。

WordPress 掲示板作成

オプションを一つずつ見て設定するようにします。 掲示板の自動インストールオプションは、通常必要ありません。 掲示板スキンはavatar、thumbnail、contact-form、customer、defaultの中から選択することができ、必要に応じて直接のスキンを作成したり、購入して追加することができます。

WordPress 掲示板作成

権限の設定]タブで、読み取り権限、書き込み権限、返信書き込み権限、コメント書き込み権限、コメント表示権限などを設定します。 例えば、掲示板文を管理者にのみ表示するように設定するには、 「直接選択「を選択して」Admin「を確認してください。

WordPress 韓国型掲示板を作る

変更を保存すると、デフォルトの設定]タブで、掲示板のショートコードを確認することができます。

WordPress KBoard 掲示板作成

掲示板ショートコードをコピーして、掲示板を表示したいページに貼り付けるようにします。 そして、最新文ショートコードを利用すれば、フロントページやサイドバーなどに掲示板の最新文を表示することができます(」サイドバーまたはフロントページにKboardの最新投稿のリストを表示する"参照)。

KBoard 同じ韓国型掲示板プラグインを使用すると、韓国人にはおなじみの掲示板を運営することができます。 他の選択肢としてbbPressフォーラムプラグインを使用して、コミュニティサイトを構築することができます。

WordPressはSEOに強く、Googleなどの検索エンジンでよく露出されている方です。 しかし、最近では、 WordPressで作成したサイトが増えて WordPress サイトと競合しなければならない状況です。

WordPressブログを運営している場合 Naver ウェブマスターツールに登録して、RSSを提出すると、 Naver ブログの領域にさらされることがありますが、そうでない場合もあります(福不福)。 そして Naverで頻繁にポリシーを変えのでよく検索された後、検索ができない場合もあり、その逆の場合もあります。 このブログも Naver ブログの領域にも検索がされた後、現在は Naver ウェブサイトゾーンに検索されています。 幸いなことに、昨年に Naver 検索ロジックが変更され、 Naver 訪問者数が増加しました(」Naver モバイル検索の変更が Naver 流入への影響「注)。

同じコンテンツに Naver ブログと WordPressを同時に作動させること考慮してみることができます。 その後、 Naver ブログは Naver 露出用で、 WordPressは、Googleの露出のために利用することができます。 詳細については、次の記事を参考にしてください。

長期的にブログを運営するには、 NaverよりGoogleをターゲットにすることが望ましいと思われる。 Naverではいわゆる「低品質」で烙印撮れば訪問者数が確かに減って事実上ブログを折らなければならない状況に処することもあります。

NaverとGoogleのサイトを登録する

サイトを完成した場合は、検索エンジンにサイトが存在するという事実を通知します。 Naver ウェブマスターツールとGoogleウェブマスターツールにサイトを登録し、サイトマップを送信すると、 NaverとGoogleのサイト文が公開されます。 詳細については、次の記事を参考にしてください。

会員制サイトを運営する

メンバーシップのプラグインを使用して WordPressで会員制のサイトを運営することができます。 メンバーシップのプラグインには、無料のと有料など、様々なプラグインがあります。

無料メンバーシップのプラグインでは、 究極のメンバーWP-メンバーがあります。 Ultimate Memberは、フロントエンドユーザープロファイル、フロントエンドユーザーメンバーシップ、フロントエンドユーザーログイン、カスタムフォームフィールド、フォームフィールドの条件付きロジック、ドラッグ&ドロップフォームビルダー、ユーザーアカウントページ、カスタムユーザーロール、メンバーディレクトリ、ユーザーメール、コンテンツの制限、条件付きナビゲーションメニュー、ユーザープログラムへの書き込み、書き込み、コメントの表示、開発者のための数十のアクションやフィルタの提供などの機能を提供します(」WordPress サイトでログインする必要が文を見ることができるように設定する方法WP-Membersプラグインも同様の機能を提供します。このブログでWP-Membersを検索して関連投稿を参照できます。

会員登録を受ける必要がない場合は、このブログのように会員登録機能を無効にすることができます。 会員登録機能を無効にする WordPress 管理者ページ » 設定 » 一般 » メンバーシップから」誰でも参加することができます。「」のチェックボックスをオフにしてください。

WooCommerceで会員制の運営する場合YITHで出てきた YITH WOOCOMMERCE MEMBERSHIPを使用することができます。

WordPressとSEO(検索エンジン最適化)

WordPressはSEO(検索エンジン最適化)が強く、Googleに検索がうまくされます。 Naverの場合は、ブログのタブによくさらされることも、露出されない場合があります。 Naverで、外部のブログを差別しており、頻繁にロジックを変更するため、 Naver 露出は福不福です。

最近では、 WordPressが多く使用されて WordPress サイト同士の競争が激化 WordPress 強みが半減されているようです。 競争が激しいみるグーグルにさらされていることも、数年前に比べて、より難しくなるようです。 着実に良い文を作成して Yoast SEOすべてのOne SEO Packに含まれます, Rank Math, SEOPress 同じSEOプラグインを活用すれば、良い結果を得ることができるでしょう。

スパムコメントをブロックする

WordPress サイトがアクティブになる起動すると、スパムコメントが一緒に増加します。 スパムコメントをブロックする方法でAkismetのようなプラグインをインストールすると便利です。

そして 設定>ディスカッションで、「新しい記事に別のブログからのリンク通知(pingbackとtrackback)を許可する」の設定をオフにすると、Tpackback&Pingbackを介したスパムの流入がブロックされます。

WordPress ピンベクとトラックバックを無効に

サイトの統計情報を確認する

WordPressからの訪問者の統計情報を確認する方法はいくつかあります。 JetPackに含まれている統計機能やWP Statisticsなどのプラグインを使用するかは、Googleアナリティクスまたは Naver アナリティックスを使用することができます。 個人的には、主に、Googleアナリティクスを使用しています。

収益型ブログ

お金を稼ぐ技術を扱うブログやYouTubeのを見ると、ブログに多くのお金を稼ぐことができると紹介しています。 映像を見ると、容易そうだが、実際にしてみるとそれほど甘くはありません。 歴史以来最もお金稼ぎやすい時代に生きているという言葉架空の方もあるが、いつの時代もお金を稼ぐことは、容易なことではなく、また多くのお金を簡単に稼ぐことができる方法はないようです。 (金銭運に恵まれた人は可能でしょう。笑)

収益型ブログを運営する方法はさまざまです。 Naverまたは次のなど Naver ブログや寀ーブログで問題性キーワードを攻略して訪問者を集める方法があります。 しかし、 Naver私は次の低品質の危険に常にさらされています。 特に最近クパンパートナーズリンクを挿入すると、 Naverで低品質に分類され、訪問者の流入が急減する事態が発生しています。

長期的には、ロングテールのキーワードを攻略するのも一つの方法です。 ロングテールのキーワードは、実際にユーザーが検索したキーワードに複数の単語で構成されているのが普通です。 ショートテールキーワードは競争が激しいため、攻略する容易ではない、ロングテールのキーワードを開発して、着実に文を作成すると、ショートテールのキーワードでもランクが上がるします。

個人的には 収益型ブログより私ブランディングできるようにブログを育てれば、長期的に利益になることができると思われます。 実際に、特定の専門分野のブログを運営している途中、大企業にスカウトされる事例もあり、ブログを介して良好な状態で仕事を受ける方もいます。

収益型ブログを運営する場合、さまざまな方法があるが、通常のGoogle AdSense 広告を通じて収益を得る場合があります。 AdSense 広告を掲載するには、各サイトについて審査を受け、承認を得なければします。 しかし、最近になって AdSense 審査が厳しくなってアド告示という言葉まであります。 一つのヒントをしっかりと信じ、一つのドメインに対して承認を受ければ、サブドメインには、別の審査なしに AdSense 広告を掲載することができます。

そして WordPress無料で利用できるSEOプラグインを活用すれば AdSense 承認を受ける可能性が高くなります。 Yoast SEO、Rank Mathなどのプラグインでは、SEOライティングに役立つヒントを提供するため、Googleが好きなフォーマットで文を作成するのに役立ち得ることができます。

収益性の高いブログを作成する詳細な方法は、収益型ブログを作成「を参照してください。このブログに適用されます GeneratePress テーマで収益型のブログを作成するためのセッティング例を ここで参考します。

参考までに 下の検索ボックスで、クパン商品を検索して商品を購入するとクパンパートナーズの活動の一環として、私一定額の手数料を提供することができます。

Googleサンドボックス期間(Googleの流入のないEU)

신규 사이트가 구글에 등록되는 경우 구글에서는 일정 기간 해당 사이트의 콘텐츠가 유용한지를 평가하게 됩니다. 이 때문에 사이트를 오픈한 후 4~5개월 정도 글들이 구글 상위에 노출되지 않을 수 있습니다. 이 기간을 구글 샌드박스 기간이라고 합니다. 구글에서는 샌드박스 기간을 공식적으로 인정하지 않았지만 2024년 5월 구글 검색 알고리즘과 관련된 내부 문서가 유출되면서 샌드박스가 실제로 존재하는 것으로 드러났습니다.

私がブログを始める当時は、満月で一ヶ月ほど懸命に文を発行すればグーグルで結構流入になったのですが、今は4~5ヶ月以上一生懸命運営しなければ有意な訪問者増加が期待できるはずです。 ですから、すぐに訪問者がいないと失望することなく、着実に良質の文章を作成すれば良い成果を得ることができるでしょう。

WordPressブログを運営しながら WordPress ユーザーとのコミュニケーションすることができる方法について悩んでてきたが、小さな規模だが、 WordPress 関連カフェのマネージャーの役​​割を委任なりました。 下の Naver カフェバナーをクリックして、カフェに登録して、 WordPressの情報を共有し、 WordPress ユーザーとコミュニケーションすることができます。

WordPress Naver カフェワープ社

最後に、

最近大勢はどうしても WordPress입니다。 WordPressは逆説的にも簡単であれば非常に簡単難しい面は非常に難しいと思われます(参照)。 例えば、 Avada, Enfold などの有料テーマが提供するデモを利用して、別の修正なしでそのままサイトを作成する場合 WordPressのように、低コストと短い時間で高品質のサイトを構築することができる方法が珍しいようです。 一方、テーマを適用して、欧米に合わせてサイトをカスタマイズする場合は、初心者としては容易ではないことがあります。

WordPressを適切に活用するには、市販の WordPress 基本書籍を一つ購入して読んでみると、少しのに役立ちます。 そしてテーマのマニュアルを参照してテーマの使い方を最初に見てみることをお勧め。 また、CSSとの基本的なPHPの身につけるより多くのカスタマイズが可能になるでしょう。 つまり、知っているほど活用が可能となります。 (CSSの使い方は書店で関連書籍を購入して表示したり、 生活コーディングで提供される無料の講座を利用することができます。)

WordPress 使用に関連して質問がある場合はコメントをつけていただければ 時間になると知っている範囲での回答を差し上げるよう努力します。

Disclaimer:このブログ内のすべての情報は、単純な情報伝達のためのです。 このサイトで紹介されたテーマやプラグインやその他のサービスの特定の機能や動作するかどうかについては、どのような保証もありません。

※パートナー活動を通じて一定額の手数料が提供されます。

メモ:


260のコメント

コメント

    • 昨年のGoogleの3月スパムアップデート後、海外では多くのサイトがピュアスパムに飛び込み、国内でもGoogle流入が急減するというサイトが多いです。
      基本に忠実で外部流入などを通じて流入を増やす方法で対応すればどうかと思います。

      個人的には、チャットGPTなどの生成性AIのため、検索エンジンの検索結果の品質が低下し、検索エンジンの利用率がチャットGPTなどに押されないかと思います。

      Naver カフェなど他のプラットフォームに多様化するのも構想すればいいようです。

      応答
    • チャットGPTを活用してどんな文章を書くのかによって異なるのではないかと思います。

      「~について整理してくれ」 このように命令を下して文を書く場合には、インターネット上の資料を織り込んでコンテンツ価値が落ちる可能性があります。この場合、スパムとして認識される可能性が高くなります。

      私のアイデアを入力してそれに合うように書いた後に再編集する方法であれば、スパムとして分類される可能性が低くなる可能性があります。

      私はチャットGPTを非常に限られた状況でのみ活用し、通常は直接書き込みを行います。
      たとえば、わからない用語について簡単に説明してくれるようにchatgptに要請し、それを少し修正して引用するように制限的に活用しています。

      チャットgptを活用するさまざまな方法があります。 SEOに合わせて文章を書いてほしいと要請することも可能です。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/internet/chatgpt-%ed%94%8c%eb%9f%ac%ea%b7%b8%ec%9d%b8-%ec%82%ac%ec%9a%a9%eb%b2%95-2024%eb%85%84-%ec%b5%9c%ec%8b%a0-%ea%b0%80%ec%9d%b4%eb%93%9c/

      自動投稿を考えると、今では大きな効果はありません。
      一部のユーザーが自動投稿プラグインやプログラムを活用して大量に投稿しています。自動投稿は可能な限り控えることが望ましいかもしれません。

      応答
      • チャイピティにseoに合うように書くプラグインがありますが、実際の効果があるのでしょうか?

      • SEOにふさわしく書かれており、ユニークで価値を提供するコンテンツなら効果がないかと思います。

  1. ブログを始めようとしていますが、初心者が使いやすい WordPress テーマおすすめお願いします。

    応答
    • このブログのようにシンプルなブログを運営したい場合 GeneratePress テーマそれはまともな選択かもしれません。
      Naver ニュースサイトなど、クオリティの高いブログサイトを作成する Newspaperでも大丈夫です。
      ただし、 Newspaper가 GeneratePressよりスピードの点で遅い方で、同じサイトでより多くのトラフィックを消費します。

      また、 Astra テーマ速度も速くてよく使われます。 Astraはモール構築時にも多く利用されています。

      スピードの面では GeneratePress テーマが最速と評価されており、アストラもスピードの面でまともな方です。速度が重要な場合は、ページビルダーを使用しないことが望ましいです。

      Kadenceというテーマスピードの面でも大丈夫です。このブログでしばらくケイデンステーマを利用しましたが、このサイトには合わないようで再びGPテーマに戻しました。

      様々なテーマがありますので、お好きなものをお選びください。

      収益型ブログでは ツェナーレートプレスのテーマ秋のスピードとSEOの面で大丈夫なのでよく使われています。

      応答
  2. ログインすると、「パスワードが正しくありません。もう一度やり直してください」というエラーが発生します。どのようにパスワードの問題を解決できますか?

    応答
    • ブログをご覧いただき、質問までお寄せいただきありがとうございます。正確な状況を知らず適切な回答をすることはできませんが、1)パスワードが実際に間違っている場合はphpMyAdminなどに接続してパスワードをリセットできます。 2)パスワードが正しい状況でこの現象が発生した場合は、セキュリティプラグインなどのプラグインの問題を疑うことができます。

      応答
  3. こんにちは、 WordPressでマガジンプラットフォームを作るプロジェクトをすることになりました。 Cafe24 マネージド WordPress ホスティングを使用する予定であり、テーマ中Newspaper'を使うのか、'ジェネレートプレス'を使うのか悩みが大きいです。

    1.作成したいプラットフォームは、シンプルなマガジン+ブログの感覚を追求します。
    2. 機能は木ウィキと同様に投稿目次を利用した迅速な本文移動、プラットフォーム内関連キーワードページへ移動(リンク)機能程度を優先実装しようとします。
    3.掲示板の構成が簡単で、文章、画像、映像など多様なメディアコンテンツの投稿にも柔軟に動作してほしいです。
    4.過去のJavaベースのWeb開発、コーディング理論を学んだ経験があります。 今はコーディングに精通していませんが、必要であれば、単純なCSSや関数コードの程度は意味と動作構造を理解して復活できるレベルです。
    5. あまり複雑ではなくSEOに有利なサイトを追求します。 ただ今後のデザイン、機能修正にも大きな制約がなければと思います。

    一度個人的な判断ではジェネレートプレスも十分だろうと思うのに大丈夫でしょうか? 一つの心配は、シンプルで高速ですが基礎ツールやプラグインが少なく、構築と高度化の過程で困難を経験しないかという部分程度です。

    ありがとう!

    応答
    • こんにちは、leelukaさん。
      開発経験があれば GeneratePress テーマ有料版を使用することを検討してください。 GP有料テーマの場合、機能をうまく活用すれば、カスタマイズが容易になります。
      GeneratePress テーマの使い方に関する記事を以下で確認できます。

      https://www.thewordcracker.com/tag/generatepress-%ed%85%8c%eb%a7%88/

      Newspaper テーマの場合、tagDiv Cloud Libraryを使用して WordPress 管理者ページで必要なレイアウトを作成できるという利点があります。 しかし、テーマファイルを直接変更する方法ではうまくいかないかもしれません。 Newspaper テーマは WordPress 標準方式に従わず、カスタムはクラウドライブラリにするように作られました。

      Newspaperを使用すると、難しくなくクオリティの高いレイアウトのサイトを作成できるようになります。

      参考までに同じコンテンツを読み込む場合は、 Newspaper テーマはGPテーマよりはるかに多くのトラフィックを消費します。 スピードの面では、GPテーマは間違いなく良い選択になります。

      トラフィック使用量については https://cafe.naver.com/wphomepage/17480 文を参照してみてください。

      Newspaper テーマとGPテーマについて比較し、次の記事も参考にしてください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/21128

      応答
  4. こんにちは。 質問があります。 WordPressを加入型(無料)として利用して文を書いています。 この状態でsite kitのGoogleプラグインをインストールしようとしているので、プラグイン自体がプランを変更しなければならないそうです。 プラグインのインストールは有料版でのみ可能かどうか疑問に思います。

    応答
    • こんにちは、daekkiさん。 加入型 WordPressビジネスプラン以上でのみプラグインのインストールが可能します。 プラグインの中でも、一部のプラグインのインストールは制限されます。
      制約なし WordPressを利用するには ウェブホスティングに加入して WordPress サイトを運営できる設置型 WordPressを考慮することができます。

      応答
  5. こんにちは? 検索して来るようになりました。 書き込み部分で右に浮かぶ文書属性とブロック属性パネルのヨガ部分です。 文字サイズも変えることができ、色も変えることができるこの部分がまともにならないのはどうすればいいですか?

    応答
    • こんにちは、ポリニム。 ロアルナムについては、最近 Naver カフェ会員を通じて知りました。 講義費が1000万ウォンを超えるということにとても驚きました。

      WordPress などのブログを通じて AdSense 広告高収益を得る原理は実は簡単ですが、簡単ではないので簡単にできる方法を教えてくれるのではないかと思います。 口蹄疫というYouTubeがロアルナムについて投稿した映像があって視聴してみました。

      https://youtu.be/hcg_rSpSHmQ?t=733

      上記の時間から原理を教えていますね。

      Google Ads広告を行ったことがある場合は、広告単価の原則をある程度理解することができます。 どのキーワードに対して競争が激しいと広告単価が上がることになっています。 クレジットローン このようなキーワードや保険関連キーワードが特に単価が高いことが知られています。

      しかし、このようなキーワードでブログを運営すると Naverですぐに低品質で地獄に行くことができ、Googleの場合でも無効なクリック攻撃を受けることになります。 このようなキーワードで上位に公開されているブロガーが他のブログに対して無差別無効クリック攻撃をして AdSense 広告の掲載が停止する場合も非日比在します。

      また、広告主は決まっていますが、このような高段がキーワードを攻略する方法について多くの人が知るようになれば結局は希少価値が落ちて考えのように多くの収益を得られない可能性も高くなるのではないかと考えられます。

      個人的には高価な講義を出してこういう講義を聞く価値があるかと思いますが、高単価キーワードを攻略する方法が気になるなら、このような講義を聞くことも考えられるでしょう。

      参考はこのブログでも AdSense 広告が表示されますが、 WordPress など、これらのWeb関連の広告は AdSense 単価が低い方だから AdSenseでお小遣いほどの収益しか出ません。

      https://www.thewordcracker.com/forum/donation から寄付を通じてブログを運営 Naver カフェの運営をサポートできます。

      収益型ブログについては、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/2279

      応答
  6. こんにちは。 Bluehostを書く WordPressで制作したサイトが他の奇妙なところにリディエーションされます。 どうやらハッキングされたようですが、解決策を検索してみても何の音なのかわかりません。 現在 Bluehost ログインは可能ですが WordPressは、ビーバンが間違っていたそうですね。 Bluehostは更新キャンセルしました。 とにかく閉鎖する時となってサイトにあった文章を移そうと入ったことが分かりました。 Bluehostに「サイトの削除」ボタンがあるので、旅車するとバックアップを放棄して取り除こうとします。

    1.何か私ができる方法はありますか?
    2. この状態でサイトを削除する場合は、ホストの有効期限までそのままにしておくことができますか? 更新キャンセルしたのでお金は出ないのが正しいでしょうか?

    応答
    • こんにちは? マルウェアに感染しているようですね。 ftpにアクセスすると、奇妙な名前のファイルが生成されているはずです。 まず、次の記事を参照してマルウェアを削除してください。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%A9%80%EC%9B%A8%EC%96%B4%EB%A5%BC-%EC%A0%9C%EA%B1%B0%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      場合によっては、public_htmlフォルダの外側のフォルダにもマルウェアファイルが含まれることがあります。 そのようなファイルも削除してください。
      確実に削除しないと、マルウェアが再発する可能性があります。

      代わりに、文を転送します Bluehostを利用したくない場合は、次の方法を試すことができます。 (まずはバックアップしてください。)
      1. wp-config.phpファイルとwp-contentフォルダを除いて、wp-admin、wp-includesフォルダ、ルートフォルダ内 WordPress 関連ファイルと奇妙な名前のファイルの両方を削除します。
      2. 最新バージョン WordPress ファイルをダウンロードしてwp-admin、wp-includes、 WordPress 関連ファイルをアップロードします。
      3. wp-content内の場合は、uploadsフォルダのみを残してすべて削除し、 WordPress インストールファイル内のwp-contennt内のファイルとフォルダをアップロードします。
      4. WordPressにログインしたら、ツール>エクスポートですべてのデータをエクスポートします。
      5. クラウドウェイズなどでホスティングに参加します。 クラウドウェイズでは3日間無料で利用できます。 Cloudwaysについては この記事を参照してみてください。
      6. クラウドウェイズで作成した WordPressで、ツール/インポートをクリックしてデータをインポートします。

      エクスポート/インポートを介してサイトを移行する方法は、サブスクライブ型からインストール型に移行するのと同じ方法です。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/mirgate-wordpress-com-to-wordpress-org/

      これにより、すべてのデータがインポートされます。 その後、テーマとプラグインを新しくインストールして運営してください。 マルウェア対策のために...
      1. WordPress、テーマ、プラグインを常に最新バージョンに保ちます。
      2. バックアップを定期的に行います。
      3. セキュリティプラグインをインストールします。
      4. パスワードなどを強く設定します。

      応答
    • パスワードの変更方法は https://avada.tistory.com/2154 記事を参照してください。 変更後にログインした場合、 ユーザー>すべてのユーザーに移動して奇妙なユーザーはすべて削除してください。 そして、管理者アカウントはXNUMXつだけ維持してください。

      上記とプロセスが困難な場合は、データを別のサイトに移行することに関する支援が必要な場合 ここからお問い合わせください。

      応答
  7. ブログは本当にたくさん役に立ちました。 ありがとうございます。
    数日間解決できなかった部分があり、質問を上げます。
    現在有料テーマを購入して使用しています。
    書くときはいつも基本的なテンプレートになっているので、テーマに設定を変更してください。
    ただ書く時は気にしないのに。 rssフィードなどを活用して自動的にポストを作成すると、デフォルトテンプレートで文が保存され、レイアウトが常に壊れます。
    これを基本ではなくテーマに基本設定を変える方法があるのか​​と思います。

    応答
  8. こんにちは、ここのウェブサイトで本当に多くの助けを受けています。 とても一人で解決できない問題があり、とにかく見たいのですが、答えを知っていればぜひ助けてください。

    最近ワープを作成し、Googleサーチコンソールに接続したところ、404エラーが約200個が検出されます。 文は2つしかないのに理解できず詳細に見ると、ウェブサイト名/category/~あるいはウェブサイト名/tag/~のようなURLがほとんどですね。 昨年ワープを初めて勉強しながら講師がするように、 https://codex.wordpress.org/Theme_Unit_Test ここでサンプルデータをimportして実習を行ったし、その後本格的にホームページを始めながらサンプル文やタグ、カテゴリをすべて消したがサーチコンソール上ではこれらの内容が404でチェックされるようです。 すでに私のワープダッシュボード上にはきれいに削除された内容なのにない文を持って404が浮かんでいるのでどうするか分からないですね。 少数であれば無視するでしょうが、200個も見てみるとSEOにもとても悪影響のようで、実際にウェブサイト名をGoogleに打っても出ていません。

    もし、どのような解決方法があるのか​​知っていますか? 助けてください。

    応答
    • こんにちは、上がります。 通常時間が経つと、問題は解決します。 すぐに措置を講じたい場合は、次の措置を講じてください。

      1. 404監視プラグインを使用して、404エラーが発生したURLを確認します。 またはGoogle検索でsite:サイト名で検索して、毎日のないURLを整理するようにします。
      2. 次に、Google Search Console から削除要求を行います。 https://cafe.naver.com/wphomepage/19043 文を参照してみてください。

      応答
  9. 5. ホームページに載せた文全体がジュルリョク出てくるのではなく、サムネイル型で簡単に出るように空プラグインもありますか?

    ウェブサイトは本当によく見ています。 大きな助けになります。 ありがとうございます!

    応答
  10. こんにちは、以前にフレンドリーな答えに感謝します。 書くと詰まった部分があり、いくつか質問します。

    1. 文を発行すればホームページだけに最新の文章で開いてあらかじめ作っておいたメニュー(exブログ、水玉アーカイブ)には入っていないのにこれをどのように他のメニューにも表示させることができますか?

    2. 特定の文はホームに入れないようにしたいのですが書くごとにホーム最新の文に行ってしまいます。 方法がありますか?

    3.テーマ設定のみリセットできますか?

    4. テーマ設定をして基本にあったテンプレート(?)を削除しましたが、これを復元する方法はありませんか?

    応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy