ベストセラー WordPress テーマTop 30 자세한정보

WordPress コンテンツ内の外部画像を自動的に特性の画像に設定する

Last Updated:2020年11月21日
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
コメントを残す

WordPressで、外部の画像を特徴画像として設定できるFeatured Image from URLプラグインをこのブログで紹介したことがあります。 特にコンテンツ内の最初のイメージを自動的に特性の画像に設定する機能が提供され、ポストに画像を直接アップロードすることなく、外部リンクで画像を挿入するときに便利に利用することができます。 この機能は、新しいバージョンでは、設定メニューが別の場所に移動しました。

WordPress コンテンツ内の外部画像を自動的に特性の画像に設定する

WordPress コンテンツ内の外部画像を自動的に特性の画像に設定するFeatured Image from URLプラグイン

Featured Image from URLは、外部の画像をポスト、ページ、またはカスタムポストタイプの特徴画像として使用できるようにする WordPress プラグインです。

  • 外部特性画像
  • Unsplash画像検索
  • 基本特性の画像
  • 特性メディアを隠す
  • コンテンツ内の特性の画像
  • エレメン ウィジェット
  • 画像のタイトル自動設定
  • 画像サイズを保存
  • 特性イメージ列
  • [Premium] Giphy画像検索
  • [Premium] Unsplash画像サイズ
  • [Premium]同じ高さ
  • [Premium]ハーバー効果
  • [Premium]ない画像交換
  • [Premium]画像の検証

このプラグインは、 WordPress 管理者ページ>プラグイン>新規追加でFIFUまたはプラグインの名前で検索してインストールすることができます。 FIFUプラグインをインストールして有効にすると Featured Image from URL 項目が左側のメニューに追加されます。

このプラグインを使用してコンテンツ内の最初の(あるいはn番目の)画像/動画を特性イメージ/ビデオに自動的に設定することが可能です。 たとえば、クパンパートナーズ商品を紹介するとき、クパンサイトで商品画像のURLを取得して、URLを利用して画像を挿入するときに、このプラグインを非常に便利に活用することができます。 (WordPress クパンパートナーズ商品文章自動投稿収益化 参考)

この機能は、以前のバージョンでは、 URL from Post Content 또는 Content URL タブで利用することができたが、最新バージョンでは、 オート タブに移動し、オプションの名前も変わりました。

最初のイメージを特徴画像に設定

Auto set featured image / video using img / iframe tag from post content(ポストコンテンツのimg / iframeタグを使用して属性画像/動画自動設定) セクションの最初の画像/動画またはn番目の画像/動画を特性イメージ/動画に自動的に設定することができます。

この機能を設定すると、後に発行される文のみ自動的に適用され、既存の文の場合、個別に編集して適用することができます。 文数が多い場合には、プレミアムバージョンを使用すると、一括で適用が可能です。

ちなみに、このプラグインでは、自動化機能のためにWP All Importアドオン、 WooCommerce インポート機能を提供し、プレミアムバージョンでは、WP REST API、WooCommerce REST API、メタデータを作成するスケジュール機能などが提供されています。

プラグインについてご不明な点がある場合は、開発者にお問い合わせください。 時差が合えばすぐに答えを得ることができます。 いくつかの質問があり、質問をして、ほぼリアルタイムで回答を受けました。

ボーナスのヒント

自動的にポストの最初またはN番目の画像を特徴画像として設定する機能は、無料版では、プラグインをインストールして、このオプションを有効にした時点から適用されます。 既存の記事に属性の画像が指定されてなくて、フロントページやブログページ/カテゴリページのサムネイルが表示されない場合、個々の文を編集して保存すると、サムネイルが表示されます。

文が数千個あれば、いちいち更新することは容易ではなく、時間がかかることです。 時間を節約するには、有料版を利用すると効果的です。 しかし、1つのサイトに利用できるPremiumバージョンが年間39.90ドルであるため、この機能のためだけにプレミアムバージョンに更新することは少し負担になることができます。

私 WordPressの一括編集機能を使用して一度に数百個の更新しました。 これにより、数時間かかる作業を、10〜20分以内に完了することができます。

まず、 WordPress 伝言板>記事>すべての記事 ページに表示する項目の数を増やすようにします。 右上の「画面のオプション」をクリックして ページあたりの項目数を増加させます。

ページごとに表示するアイテム数 -  WordPress

この設定は、最大999までの指定が可能ですが、そのような場合は、ページが非常に遅いロードされ、ホスティング環境に応じて、作業進行中にエラーが発生する可能性があります。 最初は100個高めてページがあまりにも遅いロードされず、作業中にエラーが発生しない場合、200、300に順次伸ばしてテストすることができます。

すべての記事 ページのタイトルの横のチェックボックスをオンにして(①)、Bulk actionsドロップダウンをクリックして、編集を選択します(②)。 次に[適用]ボタンをクリックして、(③)、[更新]ボタンをクリックします(④)。 何の変更を指定する必要なく、単に「更新」ボタンをクリックします。

WordPress バッチジョブ(一括操作)

しばらくすると、すべての記事が更新されFIFU列サムネイルが表示されます。

WordPress 最初のイメージをサムネイルとして指定

参照



コメントを残す

コメント