会話するようにお問い合わせフォームを作成できるWPFormsのConversational Forms

コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスでは、様々な無料と有料のコンタクトフォームのプラグインを利用することができます。 シンプルなコンタクトフォームをご希望の場合Contact Form 7を利用することができます。 より直感的にお問い合わせフォームを作成したい場合WPFormsようなプラグインを使用することができます。

WPFormsは現在、100万以上のサイトに設置されて使用されている人気のコンタクトフォームのプラグインのいずれか 無料版と有料版があります。

WPFormsはアドオンを使用して便利な機能を追加し続けるしています。 過去1月に紹介したSurveys and Polls Addonを使用すると、コンタクトフォームから簡単にアンケートフォームを作成することができます。

最近WPFormsはちょっと面白い新機能を追加しました。 まさに会話するようにコンタクトフォームを作成できるようにするConversational Formsアドオンですが。 この記事では簡単に扱わました。

対話型の方法でコンタクトフォームを作成できるようにするConversational Formsアドオン

次のアニメーション画像を使用してWPFormsで新しく追加されたConversational Formsがどのように動作するか大まかに理解することができます。

interactive conversational forms example  - 対話するようにお問い合わせフォームを作成できるWPFormsのConversational Forms

他の人と会話するようにフォームを作成できるようにして、ワードプレスコンタクトフォームがより人間的に感じられるようにすることがConversational Formsの目的とWPFormsで明らかにね。

例えば20つの質問を同時に求める代わりに、まるで対面して会話するように一つずつ質問するような経験を感じるようにします。

Conversational Formsを使用してお問い合わせフォームを作成すると、ユーザーの負担を減らし、より身近に感じられるようにして フォームの作成率を高めることができます.

Form Pages同様のConversational Formsアドオンを使用して符号化の知識がなくても5分で妨害を受けずにお問い合わせフォームの作成に集中することができる対話型コンタクトフォームにされたランディングページを作成することができます。

ワードプレスWPFormsコンタクトフォーム

会社のロゴを追加することができ、カラースキーム(color scheme;色配合)を選択することができます。

このConversational Formランディングページの最大の特徴は、ユーザーがメッセンジャーでチャットするように、フォーム全体をコンピュータのキーボードを使用して作成することができているということです。

次のような形式には、アドオンを適用して、ユーザーのフォームを作成参加率を高めることができます。

  • アンケートフォーム(Survey Forms)
  • 入社願書フォーム(Job Application Form) - 60%の求職者が入社願書が長すぎるか複雑で入社志願書の作成を放棄するとします。 入社願書フォームを簡単に作成できるようにすることができます。
  • イベント企画書(Event Planning Form) - 段階的に一度に1つの質問をする方法を介して顧客を退屈させずに必要な情報を得るのに役立つことができます。
  • ユーザー登録フォーム(User Registration Form)

Conversational Formsでは、条件に応じて、特定のフィールドを表示または非表示WPFormsの条件ロジック(Conditional Logic)機能を含むすべての機能を利用することができます。

ちなみにContact Form 7プラグインの場合、条件付きロジック機能が含まれておらず、別のプラグインをインストールして、この機能を実装することができます( "ワードプレスコンタクトフォームから条件付きフィールドの作成"参照)。

WPForms有料版は、他のコンタクトフォームから提供していない便利な機能をはじめ、さまざまな機能を提供していますが、コスト的な面での負担になることがあるようです。 この記事で紹介する機能である他の機能を活用して、ユーザーのフォームを作成参加率を高めたい場合に考慮してみることができるようになります。

WPForms無料版でも提供されるので、無料版をインストールしてテストすることができます。

注:



コメントを残す

コメント