三日と四日、三日が4日?

Last Updated:2020年11月14日| | コメントを残す

去る21日、大統領府の閣議では、来る8月17日を臨時祝日に確定し、8月15日の光復節からXNUMX日間の連休がつながるました。 このようなニュースが伝えられた後、 Naverの関連記事 コメント欄には「15日から17日まで連休なら3日なのになぜ三日と言うのか」という荒々しいコメントが上がって話題になっています。

3日なのに、なぜ三か? 三日が4日?

三日が4日?

最近、若者の中には4日と10日を区別できず、XNUMX日をXNUMX日で理解する人が多いそうです。 若い職員が「三日間」の意味を知らないことを見て「XNUMX日まではこう読んでいる」と話してくれたら「それをなぜ知らなければならないのか」と編組扱われたという方もいらっしゃいますね。

私は初めてこれに関連するニュースに触れたときにただ楽しくそうすると思いましたが、意外にこんな基本的な語彙を知らない人が多いようです。 「一日、二日、三日、四日」を「一塁、二枠、三日、四日」と書く人がいるそうです。

ちゃんと教えてくれれば学びたい姿勢で聞くとどれだけいいかと思いますが、ほとんどの若者は面倒で、むしろ教えてくれる人を「編組」として扱うようで苦い気がします。

面白いのは、Google翻訳(Google Translate)に「三日」を翻訳すると、「four days」つまり4日に翻訳するということです。

グーグル訳さ。 三日を4日翻訳する。

Google Translateには、2016年から次世代言語翻訳技術である「ニューラルネットワーク翻訳」技術が適用されています。 「ニューラルネットワーク翻訳(Neural Machine Translation)」とは、人工知能の核心技術である「機械学習(Machine Learning)」を活用した翻訳サービスで、機械学習を通じて生成された「翻訳モデル(翻訳人工知能)」が文全体の流れを認識して文章の中に収められた作者の意図を理解して翻訳を進めるという。

「4日」を「XNUMX日」と理解して使用する人が多くなり、Google翻訳が機械学習(機械学習)を通じて「XNUMX日」を「four days」に翻訳するようです。

思いを嫌う世代

最近の世代は、文章を読むことを嫌い、ユーチューブ(YouTube)のような映像に慣れています。 YouTubeのをよく活用すれば、本当に有益なツールですが、一方では、YouTubeのような映像をも視聴になれば人が受動的になって考えることを嫌いになることができます。

TVをよくバカボックスと呼ばれます。 実際にTVをたくさん見ると、認知症のリスクが高くなるという研究結果もあります。

現在、テレビよりはるかに中毒性の高いメディアがたくさんあります。 インターネット中毒、スマートフォン中毒、ゲーム中毒、YouTube中毒...

三日と四日。 読書
良い本は人の人生を変える力がある。

YouTubeの視聴に多くの時間を奪われている場合の視聴時間を減らし代わりに本を読んだり、より健全な余暇活動を探してみていかがでしょうか本を読みながら行間に込められた意味を考えてみると、思考力が向上し、良い本に出会う人生が肯定的に変わることができます。

人は本を作り、本は人を作る。 - 信用号

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy