[WordPress] X Themeテーマとデモをインストールする

X-Theme-WordPress

はじめ

XのテーマAvadaに続いて販売2の上を走るプレミアムワードプレスのテーマです。 最高のテーマと評価する人もあり、もっと早く使ってみたかったの機会がされていないが、今日インストールして簡単に説明しました。

テーマのインストールとデモロードする

インストールは、他のテーマと同じです。 ダウンロードしたファイルの中からインストールファイル(x.zip)をワードプレスのダッシュボード(伝言板)で ルックス>テーマ>新しく追加をクリックして テーマアップロードをクリックして、インストールファイルを選択してインストールを進めるとされます。 印象的な点は、インストールファイルのサイズが4MBにも満たないですね。

インストールが完了すると、登録を案内するメッセージと一緒にデモをインストールできるX Addonsページ(伝言板で左側のパネルに X Addonsが生成されます)が表示されます。

Register-X-Theme

購入コード(Purchase Code)を「Input Code and Hit Enter」の部分に入力して登録すると、ロック表示されて、3つの機能(自動更新、サポート、Extensions)が解除されることメッセージが表示されています。 商品を購入するときに受け取ったPurchase Codeを入力してValidate(認証)をするようにします。

参考として登録をしなくてもデモをインストールすることができます。 デモでは、同一画面(X Addons)の Demo Content(デモコンテンツ)からインストールすることができます。

X Themeデモインストール

逆三角形の記号をクリックして、デモの名前を選択して(1)をクリックすると、そのデモの実際の動作を確認することができます。 デモが気に入れば(2)をクリックしてインストールを進めることができます。

X Themeは約40のデモを提供しています。 デモは、次のページで確認が可能です。 テーマページを訪問し、Live Demoをクリックすると、デモを確認することができます。

私はワンページ型Renew 2を選択しました。 Renew 2を選択して、「Setup Demo Content」(デモコンテンツのインストール)をクリックすると、次のような画面が表示されます。

Installing-Demo-in-X-Theme

必要なプラグインが欠落している場合、 部分に表示されます。 革命スライダーが有効になっていないと出ていますね。 テーマに含まれているレボリューションスライダーを手動でインストールした後に再びデモインストールを進めてみると、上記のような画面が再び表示されます(ただし、 "Note:Revolution Slider ...」の部分は表示されません。)

デモをインストールすると、ページや記事などを変えませんが、 カスタマイズする 設定を上書きすると案内されています。 そして、以前の設定をバックアップしておかなければ元に戻すことができないと警告しています。 過去の任意の設定をバックアップした後に進行します。

"Yes、Proceed」をクリックすると、デモインストールが行われます。 実際に進行してみると、本当にあっという間に完了されてしまいますね。 現在サイトにアクセスすると、デモで見たのと同じようにサイトが変わっています。

速度測定する

X Themeの場合Cornerstoneというページビルダーが使用されます。 X Themeテーマをインストールすると、 礎石が一緒にインストールされています。 通常 視覚的な作曲家(ビジュアルコンポーザー)が多く使用され、最も人気のある三テーマは、すべての他のページビルダーを使用します。

X Themeの場合、ビジュアルコンポーザーのファイルが付属していますね。 したがって、Visual Composerを好む場合Visual Composerを使用することができるようになります。 (私はあえてインストールしていない。)

X-Theme-Speed

Pingdom Toolを使用して速度を測定してみました。

低コストの海外ウェブホスティングのiPage( "iPageホスティング期限」を参照)でのテストしたCacheプラグインのみをインストールして加えて、プリインストールされ、プラグイン(例えば、Revolution Slider、Cornerstone)以外のインストールしていない状態でテストした結果です。

読み込み速度が1秒程度出てくるんです、実際の体感速度が非常に速い方です。 全く重い感じはかかりません。 ちなみにBeThemeでデモを上げ、テストしたとき、同じ条件で約1.63秒出ました(参考)。 そして Enfoldと Avada 速度を比較したのは この記事で参考みることができます。 ちなみに速度は、使用するWebホスティング、インストールされてプラグインなどによって影響を受けるため、この記事のスピードテストは参考のみしてください。 (Avada, Enfold、BeThemeなどをテストして見たとき、速度の面で 個人的な感情Xのテーマ > Enfold > Avada/BeTheme 程度の順になります。 デモを変えてテストしてみると、結果が異なることもあるようです。)

おわりに

X Themeは意外に軽く感じられ、様々なデモを提供する素晴らしいテーマです。 このテーマは、価格が64ドルで、他の一般的な有料のテーマよりもわずかに高いです。 これはおそらく、このテーマに含まれている多くの有料のプラグインも価格決定に影響を及ぼしたようです。 少し高い価格(実際のサイトを構築するためのコストの割には非常に手頃な価格の方が)にもかかわらず、着実に販売2位を維持しています。

注:


2のコメント

  1. こんにちは! 私xテーマを購入した後、デモを適用したところ、上記のようにRevolution Sliderが有効化されなかったエラーページがトトんです、「手動でRevolution Sliderインストール」という言葉は、別に購入し、インストールされたという言葉イシンジ気になってご連絡致します。! 笑

    返信
    • Xのテーマ( https://www.thewordcracker.com/go/xtheme )には、Revolution Sliderプラグインが含まれています。

      X not only supports、but includes the premium Revolution Slider plugin for free along with your purchase of the theme

      最近Xのテーマを確認して見たことがなくて、正確には申し上げられませんが、最近では、有料テーマの場合、テーマオプション内Pluginsメニューが別途いる傾向です。 Plugins関連フォルダを探して Slider Revolutionをインストール/有効にすることができるかを確認してください。 見つからない場合、テーマ開発者に質問を残してもされます。

      返信

コメントを残す