WordPress 多言語プラグインWPMLとYoast SEO

Last Updated:2023年07月28日| | 7のコメント

Yoast SEOはAll in One SEOと共に最も多く使用されている WordPress 最適化プラグインです。 WPMLと一緒に、このプラグインを使用して多言語 WordPress サイトでSEOの最適化を行うことができます。

WPMLとYoast SEOチームは互換性を維持するために協力しているとします。 したがって、WPMLを利用する場合Yoast SEOをインストールして使用すると良いようです。 (私はWPMLがインストールされ、サイトに すべて一体になってを利用しています。 All in One SEO Packを使用している場合でも、プロセスは似ているようです。)

必要な事項

  • String Translation(文字列の翻訳)アドオンが含まれている最新バージョンの WPML(バージョン3.3.7以上)
  • Yoast SEO (バージョン3.1.1以上)

開始する

プラグイン>インストールされてプラグイン ページのYoast SEOプラグインがインストールされて有効になっていることを確認するようにします。

そしてWPML Multilingual CMS、WPML String Translation、WPML Translation Management、WPML Media Translationが有効になっている必要があります。

WPML設定

WPML>設定>多言語コンテンツ設定>文とページを翻訳する方法から 翻訳エディタオプション「クラシック翻訳エディタを使用」を選択します。 このオプションは、WPML Translation Managementがインストールされている場合に表示されます。

全域SEOテキスト翻訳する

SEO> Search Appearance ページに移動し、 タブをクリックします。 Title templateMeta description templateのテキストを設定します。

設定>読む ページの静的なホームページを選択した場合、フロントページ(Front page)のタイトルと説明を該当ページをメールして設定することができます。

WPMLとYoast SEOプラグイン

タイトルとメタ説明を入力した後に WPML> String Translation(文字列の翻訳) ページに移動して翻訳します。 String Translation(文字列の翻訳) ページには、特定の文やページに属していないが、いくつかのテーマとプラグインのテキストに由来したすべてのテキストが含まれています。

すべてのYoast SEOの管理者ページのテキストを表示するには、 Select strings within domain(ドメイン内の文字列を選択)から admin_texts_wpseo_titlesを選択します。

WPMLでYoast SEOサイトのタイトルとメタ説明翻訳する

翻訳したい項目を見つけて」翻訳「クリックすると英語、日本語など他の言語に翻訳できます。

WPMLでSEOタイトルとメタ説明翻訳する

翻訳が完了すると、翻訳が完了しました「チェックボックスを選択して」저장「をクリックすると、その言語に翻訳されます。

同じ手順に従って、残りのSEOのプロパティも翻訳することができます。

ページSEO属性翻訳する

Yoast SEOはコンテンツエディタにメタボックスを追加します。 SEOメタボックスで、各ページのページタイトル、メタ説明(meta description)、フォーカスキーワードを個別に制御することができます。

WPMLは各言語に対して別のページを使用するため、各言語のページには独自のSEOのプロパティを持つようになります。

したがって、簡単にはページや記事を他の言語で複製した後Yoast SEOメタボックスのプロパティを個別に翻訳します。 あるいはクラシック翻訳エディタを有効にした場合、クラシック翻訳エディタを使用して翻訳することもできます。

まず、特定の言語(例えば、韓国語)でページを作成しSEOタイトルとメタ説明、フォーカスキーワードなどを入力します。

SEOの属性翻訳する

このページを翻訳するには、右側の言語ボックスで「+」をクリックして別の言語ページを作成または複製します。

他の言語でページを複製

この文書の翻訳で英語や日本語など、目的の言語の横にある+をクリックすると、その言語でページが作成され、現在の言語のページと 연결されます。

その後、翻訳エディタ(Translation Editor)が開き、SEOのプロパティを翻訳することができます。

WPML翻訳エディタ

翻訳が完了したら、「翻訳が完了しました」チェックボックスをチェックして保存します。

WordPress 伝言板の上部のツールバーから言語を翻訳言語またはすべての言語を選択して、 ページ>すべてのページに移動すると、作成したページがリストに表示されます。 その言語のページ編集画面で、SEOのプロパティを直接設定することもできます。

デフォルトの言語が韓国語で、英語と日本語などを追加した場合、英語や日本語ページを編集しようと開くと、設定に応じて WordPress エディタとTranslation Editor(翻訳エディタ)の中から選択できる画面が表示されることがあります。

翻訳エディタの選択

WordPress ページの編集に慣れている場合 WordPress エディタを使用するとされるが、慣れていない言語であるか、ページの編集に慣れていない場合は、Translation Editorを選択すると、1:1の対応になるように翻訳を入力することができます。

WPMLとSEOサイトマップ

サイトマップは、すべてのページのリストが含まれているXMLファイルとしてGoogleは、 Naver などの検索エンジンに提出されます。

各言語について、他のサイトマップを使用するには、各言語に対して別のドメインを指定する必要があります。

WPML>言語のページ>言語URL形式言語固有のURLを指定することができます。

WPMLの言語固有のURLを指定する

もし 言語ごとに異なるサイトマップを使用したい場合は、言語ごとに異なるドメインを指定する必要があります します。 たとえば、サブドメインなどのドメインを指定すると、言語ごとに異なるサイマップを作成できます。 (たとえば、en.example.com、jp.example.comなどのサブドメインで構成するか、example.com、example.co.kr、example.co.jpなど、言語別のドメインを指定)

サブディレクトリ方式(例:example.com/ja、example.com/en...)の場合、デフォルト言語のサイトマップ(例:example.com/sitemap_index.xml)には、すべての言語のページと記事が含まれています。あります。

言語ごとに異なるドメイン(もしくはサブドメイン)を指定する方法は、次の記事を参照してください。

Yoast SEOを使用している場合は、既定の言語のサイトマップアドレスは、yourdomain / sitemap_index.xmlです。 言語ごとに異なるドメインを指定した場合、XNUMX番目の言語のサイトマップのURLは、your-secondary-language-domain / sitemap_index.xmlになります。

参考までに WordPressにGoogleの翻訳をプラグインを使用して付けることができますが翻訳された言語のページに固有のアドレスを生成しないので、SEO(検索エンジン最適化)に役に立ちません。 WPMLを使用すると、言語ごとに別のページを作成するため、Googleなどの検索エンジンに公開されます。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

メモ:


7のコメント

コメント

  1. こんにちはワード様、さてWPML 2つのサイト(***back, ***ney)作業依頼をした人です。 すっきりとうまく作業していただき、楽に一つ一つずつ翻訳しています。

    ところで、私が依頼したサイトの中で基本が英文になっていたサイトの文をただちにWPMLに翻訳して更新しましたが、Googleに露出されません。 サーチコンソールを使ってハングル翻訳されたサイトを登録しましたが、/ja/sitemap.xmlと/ja/sitemap_index.xmlの両方ともXNUMX日が経過してもまだインポートできないと浮かびます。 (rssは成功に出ます。)

    問題は、Googleが検索インプレッションにならないことです。 Googleで「site:ハングル翻訳アドレス」を使って私のハングル翻訳サイトアドレスを入れました。

    時間がもっと必要なのでしょうか。 ではなく、露出になるために特別にすべき措置があるのでしょうか。 ご存知の部分があれば、回答お願いいたします。

    応答
    • こんにちは? 上記の記事で述べたように、「言語ごとに異なるサイトマップを使用するには、言語ごとに異なるドメインを指定する必要があります」
      見てみると、言語固有のサイトマップを指定する必要はありません。 /ja/sitemap.xmlと/ja/sitemap_index.xmlを削除してください。

      デフォルトのサイトマップ(/sitemap_index.xml)には、すべての言語の記事/ページが含まれています。

      たとえば、/post-sitemap.xmlファイルを見ると、ハングルバージョンも含まれていることがわかります。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/31416

      当分の間、Googleサーチコンソールで手動でURL収集リクエストを試してください。

      https://avada.tistory.com/1801

      ちなみに、WPMLにはブラウザの言語を検出してリダイレクトする機能があります。 この機能は本質的に検索エンジンのインデックスに悪影響を及ぼす可能性があるため、インデックスに影響を与えたくない場合は無効にすることをお勧めします。

      応答