[WordPressページ別/デバイス固有のウィジェットを表示するかどうかを設定するWidget Options

Last Updated:2020年11月14日| コメントを残す

前へでページや記事ごとに異なるサイドバーを指定できるCustom Sidebarsというプラグインを紹介しています。 同様の機能をプラグインとして ウィジェットオプションというプラグインがあります。

ページ別/装置ごとに異なるウィジェットを表示する方法

WordPress ウィジェットのオプションのプラグイン

個人的にはWidget Logicというプラグインを好むしたが、このプラグインが長い間更新されていないが、昨日の夜に更新されました。 しかし、アップデートを行いながら、他のプラグインのインストールを誘導する偽のセキュリティメッセージの警告メッセージを表示して、ユーザーからクレームを買いますね。 ユーザーベースを増やして活用する例は多いので特に何することはできないようです。

Widget Optionsは、特定のページにウィジェットを表示するかどうかを指定することができるだけでなく、携帯電話/タブレット/デスクトップで表示するかどうかを指定することができるオプションを提供していますね。

機能:

  • 特定の WordPress ページのウィジェットの表示/非表示(Show or hide widgets on specific WordPress pages)
  • モバイル機器、デスクトップ、タブレットの画面サイズでウィジェットを表示/非表示(Show or hide widgets on mobile devices、desktop and / or tablet screen sizes)
  • カスタム WordPress ウィジェットの並べ替え(Custom WordPress widget alignments) - center, left, right, justified ソートオプション
  • カスタムウィジェットID&クラス(Custom Widget ID&Classes) - たまにウィジェットにクラスやIDが指定されていないため、CSSでレイアウトを調整するときに喪を食べる場合がありますが、このプラグインを使用すると便利です。
  • ウィジェットロジックの表示(Display Widget Logic) - WordPress Conditionalタグを使用して、ウィジェットを管理したり、制限することができます。
  • ウィジェットのタイトルを非表示に(Hide Widget Title)
  • オプションの有効化/無効化(Enable / Disable Options)
  • 変更を素早く確認

以下は、Widget Optionsプラグイン紹介ビデオです。

より洗練された制御が必要な場合、有料版を使用することができますが、無料版でも十分と思われる。

メモ:


コメントを残す

コメント