Naver ブログの領域に WordPress サイトを検索されるようにする方法の考察

Last Updated:2020年11月14日| 18のコメント

昨年末に Naver検索ポリシーの変更により、 Naver ブログの領域でも検索いたこのブログは、ウェブサイトの領域に検索され始めており、その結果、 Naverでのユイプリュルが現在3%下に幅滅びの状態です。

2020年4月更新:

以下の方法で Naver ブログの領域にさらされるかもしれないが、 Naver 政策のため WordPress ブログや寀ーブログなどの外部のブログが Naver ブログタブで押し出されています。 Naver ブログタブに公開するのではなく、「ウェブサイト」タブで公開することができます。

Webサイト]タブにさらされる Naver 流入が大幅に減少する可能性があります。 しかし、「ウェブサイト」タブに公開されているのが有利なキーワードもあります。 記事を書く前に、キーワードリサーチを介してウェブサイトのタブに有利なキーワードを発掘して文章を書くと、 Naver 流入を増やすことができます。 実際にこの方法を使用して Naverで多く流入するブログもあります。

詳細については、次の記事を参照してください。

そして、検索エンジンでよく露出するようにSEOを考慮して、文を作成することが訪問者の流入に役立つでしょう。

Naver ブログの領域に WordPress サイトを検索されるようにする方法の考察

冥王星という WordPress テーマと Yoast SEOを使用したXNUMXつのサイトは、 Naver ブログセクションにも検索がされていることを見れば、テーマも Naver ブログセクション露出に影響を与えると思われます。

今回新しいテストサイトを一つ作って WordPress テーマに関係なく Naver ブログタブに検索されるようにする方法をテストしてみました。 最初の数日間の間には、Webサイトのセクションに検索されたが、4日目になるので Naver ブログに検索され始めました。

Naver ブログの領域を検索

最初にウェブサイトのセクションに検索いた文等もブログの領域にさらされています。

テストした環境は以下のとおりです。

  • blog.example.com 形式のサブドメインの使用
  • Naverウェブマスターツールでサイトマップを送信せずに RSS URLのみ提出
  • 記事を発行するたびに手動で「Webページをリクエスト」を送信する
  • SSLセキュリティサーバー証明書を適用
  • 適用テーマ: Jupiter テーマ
  • プラグイン:Yoast SEOプラグインを使用
  • ホスティング: SiteGround ホスティング

Yoast SEOのおかげで、サムネイルもよく反映されるようです(参照). Featured Images in RSS&Mailchimp Email などのRSSのプラグインをインストールする必要がないようです。 そして毎日2〜3編程度文を載せてみました。

Naver ブログに検索になることをご希望の方は、上記のような環境でテストしてみてよさそうです。 テーマとウェブホスティングは、所望のものとご利用いただくと思われる。 blog.example.comのように blog 名前を含むサブドメインを利用することが効果がないだろうか、個人的に推定してみます。

(事実SSL証明書の適用と blog.example.com形式のサブドメインを使用すると、ブログ領域で検索するのに役立つことは新しいものではなく、既知の方法です。)

現在ドメインを運営している場合 blog.example.com形式のサブドメインをXNUMXつ追加し、ブログ記事はサブドメインサイトにアップロードすればよいようです。 ある方がこの方法を利用して効果があったそうですね。 (他のWebホスティングでサブドメインを運営することが可能です。)

Naver ポリシーがまた変わる、上記の方法がいつでも効果がないことがありますが、現時点で効果があるようです。

SSL証明書の場合、国内では有料で販売されます。 サブドメインに適用するには、ワイルドカードのセキュリティサーバー証明書を購入する必要があり、コストが結構高いです。 SSLセキュリティサーバー証明書をインストールがままならない場合は、SSLを適用せずにテストしてみるとなりそうです。

参考までに SiteGround(SiteGround)では、無料でワイルドカードSSL証明書を提供しています。

長期的に見たとき NaverよりGoogleをターゲットにすることがより望ましくないかと思われます。 Naverの場合、低品質の烙印を撮れたらブログ自体が最初から検索ならない現象が発生するなど、不合理な点が多いようです。

※上記で紹介した方法は、前述したよう新しいものはありません。 そしてすべてのサイトに効果があることを保証しません。 いくつかの方法をテストして見て、その中からテーマに関係なく効果がある方法であるようで、それなりにまとめてみました。

文を発行した直後には「ウェブサイト」領域に検索され、時間が経つにつれて「ブログ」領域で公開されるようです。 そして、同じサイトの記事も、ある記事はブログ領域に、一部の記事はウェブサイト領域で検索できます。

メモ:


18のコメント

コメント

  1. こんにちは〜質問ハンナだけ求めることができる。
    WordPress サイトが Naver サイトタブにさらされるんです
    グーグルも露出がされています。
    私 Naver ウェブマスターやGoogleのウェブマスターに登録したことがないのに
    それでもロボットがこのように自動的に収集しているのですか。

    応答
    • サイトのインデックスを禁止するメタタグ(noindex)が追加された場合を除き、ボットが歩き回りながらサイトを収集して、検索結果に反映されます。
      より速く、検索エンジンで収集するようにするには、サイトを、Googleサーチコンソールと Naver サーチアドバイザーに登録することが望ましいでしょう。

      応答
  2. すでにサイトマップとrssの両方を提出している場合は、ブログに露出できませんか? できれば有料でも依頼してみたいのですが…

    応答
  3. 今日も良い文ありがとうございます。 上記サブドメイン適用前の既存のドメインに登録したページはすべて削除しましたか?
    ああ、サイトマップずRSS万入れるのは...以前に発行した文が露出されるより後に発行される文等を中心に露出になる意味で解釈みても大丈夫でしょうか?

    応答
      • 昨日(Naver ブログセクションに検索ができているブログの)文について Naverウェブマスターツールで「Webページの収集」をリクエストしても Naverに検索されないが、再収集要求をしたら Naver ブログにも検索になりますね。

        Naver ウェブマスターツールで「Webページの収集」をリクエストすると、 Naver 露出になるようです。