昨年末にネイバーの検索ポリシーの変更により、ネイバーブログの領域でも検索いたこのブログは、ウェブサイトの領域に検索され始めており、その結果、ネイバーからのユイプリュルが現在3%下に幅滅びの状態です。

冥王星というワードプレスのテーマと Yoast SEOを使用した2つのサイトは、ネイバーブログのセクションにも検索がされていることを見れば、テーマもネイバーブログセクション露出に影響を与えると思われます。

今回新しいテストサイトを一つ作ってワードプレスのテーマに関係なく、ネイバーブログタブに検索されるようにする方法をテストしてみました。 最初の数日間の間には、Webサイトのセクションに検索されたが4日目になるので、ネイバーブログに検索され始めました。

ネイバーブログの領域を検索

最初にウェブサイトのセクションに検索いた文等もブログの領域にさらされています。

テストした環境は以下のとおりです。

  • blog.example.com形式のサブドメインを使用
  • ネイバーウェブマスターツールでサイトマップを送信せずに RSS URLのみ提出
  • 文を発行するたびに手動で「Webページを要求」を提出する
  • SSLセキュリティサーバー証明書を適用
  • 適用テーマ: Jupiterのテーマ
  • プラグイン:Yoast SEOプラグインを使用
  • ホスティング: サイトグラウンドホスティング

Yoast SEOのおかげで、サムネイルもよく反映されるようです(参考). Featured Images in RSS&Mailchimp Email などのRSSのプラグインをインストールする必要がないようです。 そして毎日2〜3編程度文を載せてみました。

ネイバーブログに検索になることをご希望の方は、上記のような環境でテストしてみてよさそうです。 テーマとウェブホスティングは、所望のものとご利用いただくと思われる。 blog.example.comようblogの名前が含まれているサブドメインを利用することが効果がないだろうか、個人的に推定してみます。

(実際には、SSL証明書の適用とblog.example.com形式のサブドメインを使用すると、ブログの領域に検索されるのに役立つということは、新しいものではなく、既に知られている方法です。)

現在のドメインを運営している場合はblog.example.com形式のサブドメインを一つ追加して、ブログ記事は、サブドメインのサイトに置いたと思われる。 どなたこの方法を利用して、効果があったとしますね。 (他のWebホスティングでサブドメインを運営することが可能です。)

ネイバーポリシーがまた変わる、上記の方法がいつでも効果がないことがありますが、現時点で効果があるようです。

SSL証明書の場合、国内では有料で販売されます。 サブドメインに適用するには、ワイルドカードのセキュリティサーバー証明書を購入する必要があり、コストが結構高いです。 SSLセキュリティサーバー証明書をインストールがままならない場合は、SSLを適用せずにテストしてみるとなりそうです。

ちなみにサイトグラウンド(SiteGround)では、無料でワイルドカードSSL証明書を提供しています。

長期的に見たとき、ネイバーではなく、Googleをターゲットにすることがより望ましくないかと思われます。 ネイバーの場合低品質の烙印を撮れたらブログ自体が最初から検索ならない現象が発生するなど、不合理な点が多いようです。

※上記で紹介した方法は、前述したよう新しいものはありません。 そしてすべてのサイトに効果があることを保証しません。 いくつかの方法をテストして見て、その中からテーマに関係なく効果がある方法であるようで、それなりにまとめてみました。

文を発行した直後には、「ウェブサイト」の領域に検索された後、時間が経つにつれて「ブログ」の領域で公開されているようです。 そして、同じサイトの記事もいくつかの記事は、ブログの領域では、いくつかの文は、Webサイトの領域で検索することができます。

注:

16のコメント

    • こんにちは?

      加入型 WordPressは、ビジネスプランを除いては、ユーザーコードを追加することができません。
      ビジネスプラン以外 Naver ウェブマスターツールにサイトを登録することができないようです。
      したがって Naverブログの領域に露出されない可能性が高いようです。
      加入型 WordPressのビジネスプランには、次の記事を参照してください。
      https://www.thewordcracker.com/basic/wordpress-com%EC%9D%98-%EB%B9%84%EC%A6%88%EB%8B%88%EC%8A%A4-%ED%94%8C%EB%9E%9C%EC%9D%80-%EC%84%A4%EC%B9%98%ED%98%95-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EC%9D%98-%EB%8C%80%EC%95%88/

      上記の内容は、設置型 WordPressを基準に説明しています。

    • SSLセキュリティサーバー証明書を適用すると、助けになるとします。 しかし、適用しないことによって露出しないものではなく、適用しても、必ずしもブログタブに露出されるという保証もありません。

      ただし、上記のような環境でテストしたときに効果があったと理解すると、なりそうです。 Naverのポリシーを知ることができないので、場合の数のようにいくつかのテストしてみます。

      ちなみに、昨年半ばにサイトの60%以上が、httpsを使用してロードされる統計が出てきたことを見たことがあります。 そして、Google Chromeでは、7月からすべてのHTTPサイトに対して「安全でない」の警告が表示さそうです。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B5%AC%EA%B8%80-%ED%81%AC%EB%A1%AC-7%EC%9B%94%EB%B6%80%ED%84%B0-%EB%AA%A8%EB%93%A0-http-%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8%EC%97%90-%EB%8C%80%ED%95%B4-%EA%B2%BD%EA%B3%A0-%ED%91%9C%EC%8B%9C/

      したがって、なるべくSSLを適用することがSEOに有利になります。

  1. すでにサイトマップとrss両方提出した場合は、ブログの領域への露出がないか。 可能であれば有料であっても依頼してみたいのですが...

    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      サイトマップは、削除してSSL証明書を適用した後、着実に文を発行して、ブログの領域に露出されている見ればいいようです。

      現在のサイトが http://www.examlpe.com이라는 blog.example.comを作って、メインのサイトは http://www.example.com이로 で、ブログ記事はblog.example.comに置いたブログタブにさらされる可能性が高くなるでしょう。

    • 昨日の回答したように試して見て、うまくいかない場合は、サービスお問い合わせページからお問い合わせください。

      https://www.thewordcracker.com/forum/support-system

  2. 今日も良い文ありがとうございます。 上記サブドメイン適用前の既存のドメインに登録したページはすべて削除しましたか?
    ああ、サイトマップずRSS万入れるのは...以前に発行した文が露出されるより後に発行される文等を中心に露出になる意味で解釈みても大丈夫でしょうか?

    • こんにちは?

      1)テストで新しいドメインに最初からblogサブドメインに設定して行いました。

      もし既存のサイトをサブドメインに変更したい場合には、301 redirectを設定することをお勧め。

      즉、 http://www.example.com의 ルートの.htaccessファイルに301 redirectコードを追加してくれて、

      blog.example.comにサイトをそのまま前にします。 次に、Googleのサイトが変更されたことを通知してくれればされます。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/%EA%B5%AC%EA%B8%80-%EC%88%9C%EC%9C%84%EB%A5%BC-%EC%9C%A0%EC%A7%80%ED%95%9C-%EC%B1%84-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8-%EC%A3%BC%EC%86%8C-%EB%B3%80%EA%B2%BD/

      そして、新しいサイトの記事では、cannonical urlを設定してくれれば助けになるでしょう。

      次のようなコードをヘッダーに追加するとですね。 (テストはみていない。)

      <link rel = "canonical" href = "https://www.bybe.net <?php echo $ _SERVER [ 'REQUEST_URI'];?>">

      2)サイトマップずRSSを追加すると、 Naverでブログとして認識する可能性が高いとします。 既存の文は、「Webページを要求」の提出を介して手動で送信することになります。

      • 高速で正確な回答ありがとうございます。
        上記の方法で言及した部分は、既存のドメインをblog.example.com形式でドメインに移転する方式であると思われる。 こぶは、既存のドメインはそのまま維持しながら、 http://www.example.com/post1의 投稿がblog.example.com/post1に出てくる方法は、既存のドメインの.htaccessに301 redirectにならないようだ、よかったら短いメッセージをお願いします。

      • example.com/post1に接続したときblog.example.com/post1にリダイレクトされるようにすることが可能です。

        次の記事を参照してください。

        https://www.thewordcracker.com/basic/301-redirect-in-wordpress/

  3. 現在私も Naver ブログへの露出がされているが、このまま続けていきたいと思う希望ですが、いつまた政策が変わるか分からないですね.. !!

      • ありがとうございます。^^
        テーマを変えてナニ突然 Naver 露出がだめね。
        しばらく見守ることようたい.. !!

      • 昨日(Naver ブログセクションに検索ができているブログの)文について Naverウェブマスターツールで「Webページの収集」の要求をしても Naverに検索されないが、再収集要求をしたら Naver ブログにも検索になりますね。

        Naver ウェブマスターツールで「Webページの収集」の要求をすると、より迅速に Naver 露出になるようです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください