ニュースフェーターのテーマ:本文の真ん中に広告を表示する - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

ニュースフェーターのテーマ:本文の真ん中に広告を表示する

Last Updated:2022年11月24日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

인기 WordPress テーマの一つである Newspaper テーマは AdSense 広告を含むバナー広告やテキスト広告を詳細に設定できる広告機能をテーマオプションで提供します。 本文の途中に広告を表示したい場合(たとえば、XNUMX番目の段落の後)に、この機能を使用できます。

Newspaperでは、Standard Packを使用して設定する方法とCloud Libaryを使用する方法があり、どの機能を使用してサイトを作成するかによって広告設定が異なる場合がありますので、 AdSense 広告設定を試してください。

ニュースフェーターのテーマ:本文の真ん中に広告を表示する

WordPress에 AdSense 広告を精巧に表示したい場合は、Ad Inserterなどのプラグインを使用できます。 このプラグインを使用すると、CSSセレクタの前後に広告を配置するように設定することもできます。

Newspaper テーマを使用している場合は、プラグインを使用する代わりに WordPress お知らせ» Newspaper » Theme panel » ADSで広告の配置設定を行うことができます。

WordPress 広告機能

上の図に示すように、さまざまな広告の場所が提供されます。 広告の場所は広告名で簡単に理解できます。 たとえば、Header ad はヘッダーに表示される広告、Article top ad はポストの上部に表示される広告です。 Article bottom adは記事の下部に表示されます。

カスタム広告(カスタム広告1〜5)も提供されています。 カスタム広告の場合は、tagDiv Composerで目的の場所にこれらの広告を読み込むことができます。

スタンダードパック vs. クラウドライブラリ (tagDiv Standard Pack vs. tagDiv Cloud Library)

Newspaperには、Standard PackとCloud Libraryプラグインが付属しています。 クラウドテンプレートを使用する場合は、tagDiv Cloud Libraryを使用する必要があります。 クラウドテンプレートを使わずに Newspaper 基本機能を使用して設定できれば、Cloud Library は無効にできます。

スタンダードパックとクラウドライブラリについては、次の記事を参照してください。

Newspaper テーマが提供するデモをロードした場合は、クラウドライブラリが使用されます。

Newspaperで提供されるヘッダーの上部、本文の上部、本文の下部などの広告オプションは、スタンダードパックでのみ機能し、クラウドテンプレートを使用している場合は機能しない可能性があります。

クラウドテンプレートを使用しても、そのセクションでクラウドテンプレートを使用せずにスタンダードパックの機能を使用すると、関連する広告オプションが機能します。

本文の中央に広告を表示するArticle Inline Ad広告オプション

Article inline adを使用すると、本文の中央(3番目の段落の後ろなど)に広告を表示できます。 ただし、この機能はクラウドテンプレートとしてシングルポストテンプレート(Single Post Template)を作成して使用している場合は機能しません。

ニュースフェーターのテーマ:本文の真ん中に広告を表示する

Article inline adセクションをクリックすると、上記の画面が表示されます。

Your article inline ad フィールドに広告コードを入力します。 Google AdSense 広告の場合 広告 » 広告ユニットベースから ディスプレイ広告を生成してコードをコピーして入力します。

AdSense 広告を作成する

広告ユニットの作成時に広告サイズ(レスポンシブサイズまたは固定サイズ)を指定します。 Newspaper テーマの広告オプションで指定した広告サイズが優先されるようです。 例えば、 AdSense 広告生成ページで 728x90 サイズの広告ユニットを生成して広告コードを入力しても、 Newspaperの広告オプションで300×250を指定すると、300×250サイズの広告が表示されます。

Article inline ad セクションでは After paragraph フィールドが表示されます。 たとえば、5番目の段落の後に広告を表示したい場合は、このフィールドに「5」と入力します。 (XNUMX番目の段落の後、XNUMX番目の段落の後など、複数の段落を指定することは許可されていないようです。 Newspaperに一度お問い合わせしてください。

下段の Advance Usageでは、端末の解像度に基づいて広告を表示するかどうかと広告サイズを指定できます。

Disk on Desktopを有効にすると、デスクトップ(PC)に広告が表示されません。 同様に、モバイルデバイスで広告が表示されないようにするには、Disable on Phoneを有効にするだけです。

そして AdSense Sizeから個々のデバイスの AdSense 広告サイズを設定できます。 自動応答オプションに設定すると、自動的に広告サイズがわかって表示されます。

最後に、

以上で WordPress Newspaper テーマで、本文の途中で広告を表示するArticle Inline Adオプションについて説明しました。

本文で説明したが、クラウドテンプレートを使用してシングルポストテンプレートを作成して使用している場合、デフォルトの広告配置機能は機能しません。 この場合、カスタム広告を作成して広告を配置する必要がありますが、本文の途中に広告を配置する機能はクラウドテンプレートでは利用できません。

参照



コメントを残す

コメント

カフェで WordPress 情報を共有できます。

ありがとうございます!