データベースの最適化に WordPress サイトのパフォーマンスを向上させる

WordPressを使用していると、データベース(DB)に無駄なデータが蓄積されます。 例えばリビジョン、スパムコメント、削除されたコメント、使用していないプラグインのデータなどが完全に除去されず、DBに残ることができます。

不要なデータを削除すると、DBのサイズを大幅に減らすことができ、サイトのパフォーマンス向上にも助けになることがあります。 WordPressでは、データベースの最適化は手動で行うことも、WP Sweepなどのプラグインを使用することもできます。また、クラウドウェイズを利用する場合には、Breezeプラグインに搭載されたディビオプティマイザ機能を活用できます。

参考までに、データベースの最適化を実行する前に、 必ずDBのバックアップしてください。 バックアップは、phpMyAdminから手動でバックアップしたり、プラグインを使用してバックアップすることができます。 またはWebホスティング会社によって提供されるバックアップ機能を使用することも可能です(参照).

生成されるリビジョンの数を制限することで、DBの増加を防ぐことができます。 詳しくは、「WordPress ポストリビジョンを無効/制限する「を参考にしてください。

[この記事は2024年4月1日に最終更新されました。 ]

WordPress データベースの最適化プラグイン

WP-Optimizeプラグイン

WordPress データベースの最適化プラグイン

最も無難なプラグインで WP-Optimizeがあります。 このプラグインは、50万件以上のサイトに設置されており、ユーザーの評価も良い方です。

プラグインをインストールして有効にすると WordPress 管理者ページの左パネルに「WP-Optimizeメニューが表示されます。 WP-Optimizeをクリックすると、最適化することができる項目が表示されます。

WordPress データベースの最適化プラグイン

上記の赤の項目は、安全がより多くのデータベース操作を実行するため、実行する前にバックアップすることをお勧めします。

WP-Sweepプラグイン

海外 WordPress 関連記事によると、 WP-SweepこのWP-Optimizeよりよく作られたプラグインとね。

Also because the main distinguishing characteristic of WP-Sweep is that it uses proper WordPress delete functions as much as possible instead of running direct delete MySQL queries. Whereas the WP-Optimize plugin uses direct delete SQL queries which can leave orphaned data left behind.

WP-Sweepが直接MySQLクエリの削除を実行する代わりに、可能な限り適切な WordPress 削除関数を使用するのに対し、WP-Optimizeプラグインは、直接削除SQLクエリを使用するため、接続が切断されたデータ(orphaned data)が残ることがあります。

WP-Sweepを実行してみると、接続が切断されたデータの数が表示されます。

WordPress データベースの最適化

同様にsweep(削除)操作は、取り返しのつかないので、データベースをバックアップしておくようにします。

WP-Sweepプラグインを使用したらDBサイズが2MB程度減少ですね。 一度WP-Sweepを使用してデータベースの掃除をしてくれてもよさそうです。

クラウドウェイズ:Breezeに搭載されたDB最適化機能を使用する

クラウドウェイズを使用する場合は、Breezeプラグインに含まれているデータベース最適化機能を使用してDBをクリーンアップできます。

設定 » Breeze » DATABASE OPTIONS タブに移動してデータベースを最適化できます。

データベースの最適化に WordPress サイトのパフォーマンスを向上させる2

すべてをきれいにするをクリックして、 今すぐ掃除 ボタンをクリックすると最適化が始まります。同様に、この作業を進める前にDBをバックアップしても安全です。

ディビバックアップなしでこれを実行した後にサイトに問題が発生した場合は、自動バックアップを使用して昨日の日付に戻してください。

テーマ/プラグインを削除した後に残るオプションデータを残す

テーマやプラグインを使用する 無効または削除しても、データはすべて削除されず、一部のオプションデータが残って自動的にロードされることがあります。次の記事を参照して、不要なオプションデータを削除できます。

最後に、

以上で WordPress無料で利用できる WordPress データベースの最適化プラグインについて説明しました。 定期的にDBの最適化を実行すると、サイトの速度の改善に役立つことができます。

メモ:

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

7のコメント

    1. データベースを最適化するプラグインです。 一度実行してください。 DB最適化プラグインを実行する前に、必ずディビをバックアップしてください。 クラウドウェイズを使用する場合は、Breezeプラグインに組み込まれているデータベース最適化機能を使用してディビを最適化するだけです。

    1. 個人的なブログを訪問していただきありがとうございます^^

      アディダスのサイトを運営していらっしゃいますね。(笑)

      1. はい!

        アディダスに最近すっかりはまってウェブマガジンのように作ってみよう! して WordPressで作った管理情報を初期の段階で、ここに来ました。

        はデータ本当に多いですね!

        苦労が多いです。

    1. ありがとうございます〜

      リビジョンや自動保存されている機能を制限する方法の記事を一つ作成しなくちゃと思っていたが、後順位に押し出さしまいましたね(笑)

      楽しい一日になってください。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます