グーグル翻訳サービスGTranslate活用方法の考察 - 1ヶ月間のテストの概要

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

GTranslate Googleの翻訳プラグインの性能が大幅に改善され、約1ヶ月間GTranslateサービスを利用しながら、さまざまなテストを進めました。 この記事では、GTranslateサービスを利用することができる方法について個人的に感じた点を整理しようとします。

ちなみにGTranslateはGoogleの翻訳を使用して、サイトのコンテンツを自動的に翻訳します。 手動で翻訳する場合には、 WPML 同じプラグインを使用したり、複数のサイトを利用してください。 自動翻訳の機能が大幅に改善されたのは事実だが、まだ不十分な点が多いです。

ありますGTranslate無料プランと有料プラン

ワードプレスでは、無料のGTranslateプラグインをインストールして使用することができます。 これとは別にGTranslate有料プランも提供しています。 無料プランと 有料プランの違いは、翻訳されたコンテンツに対して固有のアドレスを提供するかどうかと翻訳の修正が可能かどうかです。

GTranslateグーグル翻訳プラグイン

無料プランを利用する場合翻訳されたコンテンツに対して固有のアドレスが提供されないため、Googleなどの検索エンジンへの露出がありません。 有料プランでは、固有のアドレスが提供され、翻訳を編集することができます。

そしてURL Translation(URL翻訳)機能を選択すると、固有のアドレスがその言語に翻訳されるので、SEO(検索エンジン最適化)に有利である。

翻訳の品質

GTranslateは、Googleニューラルネットワークの翻訳を利用しそうです。 しかし、一ヶ月間のテストしながらGoogleの翻訳レベルがまだ期待以下であることを実感しました。 ただし、韓国語 - >日本語(あるいは日本語 - >韓国語)翻訳の品質が韓国語 - >他の言語(たとえば、英語)の翻訳より良いと思われる。

Googleのウェブサイトの翻訳者を利用する場合SEOの問題

Googleサイト(https://translate.google.com/intl/ko/about/forbusiness.html)で無料のウェブサイトの翻訳者プラグインを利用することができます。 生成されたコードワードプレスや寀ーなどのサイトに追加して、Googleのウェブサイトの翻訳を付けることができます。 GTranslateを使用すると、別の操作なしにすぐにワードプレスのサイトにGoogleの翻訳を付けることができます。

しかし、Googleサイトで無料のウェブサイトの翻訳者、スクリプトコードを作成して使用したり、GTranslateプラグインを使用する場合、Googleのウェブマスターツールで「ブロックされたリソース」の問題が発生します。

Googleのウェブマスターツール - ブロックされたリソース

GTranslateプラグインをインストールした後から徐々に、Googleの流入が減り始めました。 最初は、問題の原因を見つけなかったが、Googleのウェブマスターツールでhttps://translate.googleapis.comため「ブロックされたリソース」の問題が発生することを確認した後GTranslateプラグインを削除しました。 この後からブロックされたリソースがあるページ数が徐々に減っています。

この問題は、https://translate.google.com/intl/ko/about/forbusiness.htmlページでは、Googleのウェブサイトの翻訳者コードを受けて使用している場合にも、同様に発生します。

Tistory blocked resources compressor  - グーグル翻訳サービスGTranslate活用方法の考察 -  1ヶ月間のテストの概要
寀ーでも「Googleのウェブサイトの翻訳者」を利用する場合は、「ブロックされたリソース」の問題が発生する。

経験上「ブロックされたリソース(Blocked Resources)」の問題が発生した場合SEOに悪影響を与えると思われる。 なるべく「ブロックされたリソース」問題の原因を特定して解決することをお勧め。 この問題の詳細については、Googleドキュメントを参照してみてください。

  • https://support.google.com/webmasters/answer/6153277?hl=ko

GTranslate有料プランのテストの概要

GTranslate有料プランを正式に使用する前に、15ことを体験することができます。 まず、すべての言語に翻訳するのか、それとも特定の言語のみ翻訳するかどうかを決定する必要があります。

GTranslateプラン

Startup以上では、サイトのコンテンツをすべての言語に翻訳がCustomでは1の言語のみ翻訳します。

Googleの翻訳の品質が日本語を除いては、期待以下であることがあります。 私は、最初にBusinessを選択しましたが、後にCustomに変え、日本語のみ翻訳オプションに変えました。

もし、英語に自信がある場合はCustomを選択して、コンテンツを英語に翻訳した後、時間を割いて、エラーを修正する方法を選択することもあるようです。 しかし、このブログのように書かれ数が多い場合には、容易ではない作業になることがあります。

私は日本語を全くできないが1ヶ月程度のテストしながら日本語版のページビューが増加していることを確認して、日本語だけを選択しました。

サブディレクトリvs. サブドメインURLの構造

ターゲット言語のURL構造で、サブディレクトリとサブドメインの中から選択することができます。 GTranslateにお問い合わせしてみると、サブドメインを選択すると、トラフィックをGTranslateで負担するとですね。 しかし、サブディレクトリもサブドメインでも翻訳されたコンテンツは、GTranslateのクラウドサーバーに保存されます。 そして、サブドメインを選択しても、画像のURLは、元のURLをそのまま参照することがあります。

私はサブドメインを選択したが、設定を誤ってサブディレクトリの形で、Googleに多くさらされています。 最近のサブディレクトリをオフにして、サブドメインに301リダイレクトを設定しました。

流入トラフィック

GTranslateサービスを開始した後1〜2週間程度は有意な結果が表示されていない。 Google AdSenseの統計によると、今は日本語のページビューが一日60〜70ビュー程度を記録しています。 そして約3週間程度は、AdSenseの収益に全く寄与しなかったが、一昨日からのページビューに比べて高い収益を出しています。(笑)もちろん、まだページビューが無視できる水準で収益が非常に低いという点がトラップです。

GTranslateアドセンス
日本のサイトのAdSenseの収益。 1ヶ月の間、ほぼ収益ができない見通しが数日前から少しずつ増加している。

プラグインのインストールするかどうか

私は、最初にプラグインをインストールしましたが、Googleウェブマスターツールで「ブロックされたリソース」の問題が発生して、プラグインを無効にしました。 そしてGTranslateプラグインをインストールして、「Sub-directory URL structure」を選択すると、GTranslateで.htaccessファイルにコードを追加します。 プラグインを無効にするときは、GTranslateで追加したコードは、削除することが良さそうです。

「Sub-directory URL structure」と「Sub-domain URL structure」で最初の設定時にプラグインをインストールするが、設定が完了したら、プラグインを無効にすることができます。 サブドメインURLの構造を利用するには、サブドメインのCNAMEやA Recordを設定する必要があります。 (ワードプレスではなく、システムの場合GTranslateで関連ファイルをダウンロードして、Webサーバーにアップロードする必要があります。)

ちなみに寀ーブログの場合は、デフォルト寀ーブログのアドレスを使用している場合には、GTranslateを使用することができません。 寀ーブログに2次ドメインを接続して、サブドメインのCNAMEを追加すると、寀ーでも使用が可能になります。

サイトマップ提出

サブドメインURLの構造を使用する場合には、Googleのウェブマスターツールでサイトマップを送信することができません。 代わりrobots.txtファイルに次の形式でサイトマップを指定することができます。

Sitemap: https://en.thewordcracker.com/sitemap.xml

Yoast SEOを使用している場合には、次の形式で入力します。

Sitemap: https://en.thewordcracker.com/sitemap_index.xml

言語数の追加とGoogleでサイトマップを認識し、反映されます。

おわりに

以上で GTranslateを使用して知った事項をまとめてみました。 この過程で、若いときに日本語を勉強したらどのくらいの良かったのだろうかと考えるようになりました。 Googleの翻訳で翻訳されたコンテンツは、Googleにそのまま露出されています。 日本語の知識があれば明白な誤りを修正して翻訳の品質を向上させることができるようになります。

すべての言語でのサイトのコンテンツを翻訳することはあまり望ましくない言語を特定して翻訳させると効果を得ることができるようになります。 例えば、私のようにハングルのサイトを日本語に翻訳することができるようになります。 日本語のサイトを運営する場合、ハングルや英語に翻訳することが可能になります。 自分の言語に翻訳させた後に、エラーを修正するのも良い方法です。

より良い方法は、 WPML 同じプラグインを使用して多言語サイトを作成し、その言語で手動で翻訳することである。 企業サイトの場合は、手動で翻訳することが望ましい。 しかし、このブログのような個人的なブログの場合は、時間とコストの面から容易ではない選択です。

ワードプレスの多言語翻訳プラグインWPML

参考



2のコメント

  1. 先生! こんにちは
    G Translateはどうしても、Googleニューラルネットワークを使用するため、英語のユーザーのための私には最適になるようです。
    私は単純に、ハングルのみの作成をして、それはサイトマップを提出することになれば分かって彼らのGoogleの検索窓に英語に翻訳されてアップは言葉であるのですか?
    どうやら近いうちにカスタムを購入する必要がいたします。

    応答
    • こんにちは、グォンテヨン様。

      私は現在、GTranslateを使用して、ハングルサイトを日本語版にして運営しています。
      ハングルのサイトを英語に翻訳してみる第基準では、品質があまり良くなかったです。
      私は日本語が分からなくて翻訳の品質がどの程度なのかは分からないが、韓国語を英語に翻訳したものよりはましだろうかと推定します。笑

      GTranslateを使用すると、翻訳された文書に対して固有のアドレスが生成されるので、Googleも検索ができます。

      第サイトの場合、日本語版を使用して(AdSense 統計によると、)一日約450ページビューが発生しています。

      時間が経つにつれてページ数が増えるとページビューが増加します。

      応答