ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

ガッビアーノで WordPressを手動でインストールしたり、移転する場合の注意事項

Last Updated:2020年11月14日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

数日前に国内のドメインのWebホスティング会社の一つであるガッビアーノに WordPress サイトを移転する作業を務めました。 WordPressを移転する過程で、予期しないいくつかの問題のために少し時間が遅れました。

ガッビアーノで WordPressを手動でインストールしたり、移転する場合によくするミスする部分がDB情報を入力する際に​​MySQLホスト名(DB_HOST)を誤って入力するとですね。

通常 DB_HOSTローカルホスト入力がガッビアーノは DB IPアドレスを入力する必要があります。

ガッビアーノで WordPressを手動でインストールしたり、移転する場合の注意事項3

DB IPアドレスは、ガッビアーノに電話をしてお問い合わせください教えてくれます。 DB_HOST情報を誤って入力すると、500内部エラーが表示さされます。

そしてPHPのバージョンが低いPHPのバージョンを変更申請する場合には必ず PHP、DB統合を選択するようにします。

ガッビアーノで WordPressを手動でインストールしたり、移転する場合の注意事項4

ちなみにガッビアーノは、自動的にPHPのバージョンを変更するオプションがなく、PHPのバージョンに変更申請をすれば、従業員が手動で変更できます。

したがって、業務時間内にのみPHP変更が可能です。 また、変更申請をすると、通常2時間程度かかるします。 私はPHPのバージョンのみ変更申請したら3時間経ってもPHPのバージョンが変更されていません。 だから電話をしたところ PHP、DB統合を申請しなければならないとね。〓〓したがって誤って変更する申請をすると、日中の作業をしていないことがあります。

現在ガッビアーノで変更可能なPHPのバージョンは、PHP 4.4、PHP 5.2、PHP 5.3、PHP 5.5、PHP 7.0です。 参考までに、現在 WordPress推奨するPHPの仕様は、PHP 7.2以上です。

そしてガッビアーノで提供される WordPress 自動インストール機能では、/wordpress フォルダ内にのみ WordPressをインストールすることができ、ルートフォルダや他のフォルダには、インストールするオプションが見ていない。 PHPのバージョンを変更した後 WordPress 自動インストールを試みてみると失敗して手動で WordPressをインストールしました。

営業時間が終了するとガッビアーノに電話はできますが、技術サポートはないされて、緊急の障害相談のみ可能です。

ガッビアーノが以前より良くなったという感じを受けたが、PHPのバージョンに変更を手動で行うことや技術サポートを業務時間内にのみ提供されるのは、残念な部分です。 PHPのバージョン変更を自動化させると、ガッビアーノの立場でも人材を減らすことができますので、利点がないかと思います。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. 私もブログサーバー移転時ガッビアーノも考慮したが、word様がお勧めいただいた Bluehost最終決定しました。 まだ後悔なしよく使用しています! ガッビアーノも無制限のトラフィック料金制(事実上無制限ではないけどね(笑))で見たかったが電話をしてみると、毎日2G以上のトラフィックである場合には、いつでもブロックすることができるとして接する常であったㅠ

    応答
    • 無制限のトラフィックの場合、国内外を問わず、「無制限」はありません。

      ただし大きなスペースとトラフィックを多くのユーザーが共有する形でしょう。 だから共有ホスティングという用語が使用されます。

      差がある場合は、国内の場合恣意的にサイトをブロックするという点です。 ダトホムである方が動画ファイルをアップロードからすぐダトホムから連絡が来て、FTPプログラムを使用してファイルオルリシヌンて禁止と削除するよう要求するとですね。

      Bluehost 共有ホスティングの場合には、通常の範囲を超えて上位0.05%の使用量に対して制裁をするとします。

      http://avada.tistory.com/344

      応答