カスタムポストタイプ文を複製するPost Duplicator

Last Updated:2020年11月14日| | コメントを残す

執筆時にそのまま複製する必要がある場合 ポストを複製というプラグインを使用しています。 このプラグインは、100万個以上の WordPress サイトにインストールされているほど人気が​​あります。

しかし、Duplicate Postでカスタムポストタイプ(ユーザー定義文のタイプ)の記事を複製することができる機能は提供されません。

カスタム投稿タイプをサポートする Post Duplicator

一般文/ページだけでなく、ユーザー定義の文タイプを複製する場合、同様の機能をする Post Duplicatorというプラグインを使用することができます。

WordPress ポストレプリケーションプラグイン

このプラグインは、選択された文をそのまま複製するときに使用され、ユーザー定義の分類とユーザー定義フィールド(カスタムフィールド)と一緒にユーザー定義の文タイプをサポートします。

WordPress 記事を複製する
サンプル記事の複製リンク

Projectというユーザー定義文のタイプにテストしてみるとうまく動作しますね。 設定は別途行う必要がありません。 設定を変更するには、 ツール > Post Duplicator 下で可能です。

Post Duplicatorの設定
Post Duplicator設定画面

Post Status(文状態)複製した文の状態を設定します。 通常はDraft(下書き)にしておくと無難です。 必要に応じてSame as original(オリジナルと同じ)、Published(公開)、Pending(検討中)に変更が可能です。

Post Type(ポストタイプ) オプションでは、複製した投稿の投稿タイプ(投稿タイプ)を変更したいときに使用できるようです。 既存の記事を新しい記事タイプに複製したい場合に便利です。 ちなみに、ポストを複製せずにポストタイプを変更したい場合は、Post Type Switcherというプラグインを使用できます(」WordPress ポストタイプの変換/変換する方法"参照)。

ユーザー定義の文の種類をカスタマイズ分類とユーザー定義フィールドと一緒にそのままコピーして新しい文を作成する場合に、このプラグインを便利に使用することができます。


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy