Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法

Last Updated:2024年04月07日| | 28のコメント

安価なVPSを利用したい場合 Vultr、Linodeなどを提供するサービスを利用することができます。 Linodeが良い意見が多いが、安価に利用する場合Vultrも良いオプションです。

似たようなサービスでDigital Oceanもあります。 Digital Oceanの場合月5ドルから利用できます。 トラフィックの増加により、ホスティング費用が負担になる場合も、このような業者を利用することをしばしばします。

Vultrは月に2.5ドルの製品から選択が可能です。 ただし、インストール時に サーバーの種類]으로 Applciation> WordPressを選択した場合月に2.5ドルのは選択することができず、月5ドルのから選択が可能です。 もしより安価に利用しようとする場合には、 Sever Typeから 64ビットOSを選択して、月に2.5ドルの商品を選択することができます。

※VultrやAmazon AWSなどはサーバーを直接設定して使用する必要があるため、初心者には容易ではない場合があります。 クラウドウェイズを使用する場合は、AWSまたはVultrサーバーを選択して簡単に管理できます。

Vultrで簡単にサーバーを管理したい場合は、無料のPleskアプリをインストールして使用できます。無料版では3つのドメインまでサポートされるなど制約がありますが、簡単にサーバーを管理したい場合に考慮することができます。詳しくは「Vultrで無料のPleskパネルを使用したドメイン接続と WordPress インストール方法「を参考にしてください。

Vultrで簡単に WordPressをインストールする方法

Vultrに登録すると、すぐに新しいサーバーを作成することができます。 左 サーバー メニューを選択すると、現在作成されているサーバーのリストが表示されます。

新たにサーバーを作成するには、右側にあるプラス(+)の形のアイコンをクリックします。

Deply New Server(新規サーバーの展開)アイコンをクリックすると、サーバーの場所、サーバータイプ、サーバーサイズ、追加機能、Startup Script(起動時にスクリプト)、SSH鍵、サーバー号スティ名及びラベルを選択/入力する画面が表示されます。

Server Locationを選択

リストから目的のサーバーの場所を選択します。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法13

Server Typeを選択

Vultrで新しいサーバーを作成して構成するときに、最初からすべてを直接設定することもでき、あらかじめ作られているパッケージを使用することもできます。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法14

上の図のようにCentOS、Ubuntuなどを選択することが可能でバージョンもいくつかあります。

しかし、Linuxに精通していない場合は、事前に構成されていることを選択した場合、より迅速かつ簡単にインストールが可能ことができます。 申し込み ISO Libraryをクリックして、欲しいものを選択することができます。

あらかじめ設定されているIOSイメージをロードするため、どうしても作業が容易になるようです。

申し込みから WordPressを選択して、 WordPressまでインストールされているパッケージを選択して設置してみました。

Vultrで WordPress 自動インストールする

WordPressの場合CentOS 6にインストールされています。 インストール後にバージョンをチェックしてみると CentOSリリース6.9(最終版)と表示なりますね。

2018年2月追加: この記事を最初に作成する時には、PHPのバージョンが5.6であったが、再チェックしてみるとPHP 7.1が適用されていますね(2018年2月現在)。 参考までに、現在 WordPressの推奨PHPバージョンは7.2以上です(」WordPress推奨バージョンのPHPを7.2以上に調整"参照)。

手動で直接インストールする場合は、UbuntuにPHP 7.0 / PHP 7.1と WordPressをインストールする方法「を参考にしてみてください。

Server Size選択

Vultrは月に2.5ドルのからが WordPressを選択した場合月5ドルから選択が可能です。

仮想サーバーホスティングVultrに WordPress インストールする

トラフィックと必要なディスク容量に応じてServer Size(サーバーサイズ)を選択します。

参考までに月に2.5ドルのを選択するには、サーバーの場所をNew York(NJ)で選択して、Server TypeでUbuntuやCentOSを選択して、手動でサーバーをセットし WordPressをインストールする必要があります。

Additional Features(追加機能)を選択

追加機能部分でIPv6とPrivate Network有効かどうか、Auto Backups(自動バックアップ)を使用するかどうかなどを選択することができます。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法15

私はEnable IPv6のみを選択しました。 重要なサイトであれば 自動バックアップを選択して、自動的にバックアップされるようにするサービスを利用してもいいようです。 自動バックアップ機能は、月に1ドルです。

DDOS保護は、サーバーの場所がシカゴ、LA、マイアミ、NY / NJ、シリコンバレー、アムステルダム、フランクフルト、ロンドンの場合にのみ有効になります。 DDOS保護は月10ドルです。 トラフィックが大きいサイトやDDOS攻撃が懸念される場合に利用することができるでしょう。

SSHキーの設定/選択

WordPressを選択し、特にSSH Keysを事前設定しておくか、サーバーを展開(Deploy)しながら設定しなければ、今後の作業が便利になります。 作業が完了したら、セキュリティのためにSSH経由でRootログインを無効にする「これにより、コンソールで新しいユーザーを作成してSSHにアクセスできるようにします。

SSHキーを設定せずにConsoleを使用してrootに接続することも可能です。 下の図のようにサーバーが作成されると、サーバーの管理画面で、コンソールのアイコンをクリックすると、コンソールウィンドウが表示されます。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法16

SSHキーの設定

新しいサーバーを作成するときに SSHキー 部分では「新規追加「をクリックすると SSHキーを追加する 画面が表示されます。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法17

上の図で ssh-rsa AAAA....you@example.comはPublic Keyをコピーして貼り付けする必要があります。 Windowsを基準に説明触れる https://www.chiark.greenend.org.uk/~sgtatham/putty/latest.html ページのputtyとputtygenをダウンロードします。

puttygenで秘密鍵(Private Key)を生成します。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法18

(1) Generate(生成)をクリックしてPuTTy Key Generateor内でマウスをランダムに動かすとキーが生成されます。

キーが生成される(2)を押して、 Save private key(秘密鍵の保存)を押して、秘密鍵を格納します。 名前は適切に指定します。

(3)の部分のキーをコピーして、サーバーの設定プロセスの SSHキー 部分では「新規追加「をクリックすると表示される Add SSH Key 画面に貼り付けます。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法17

お名前は必要に応じて入力します。

puttyを使用して、SSHに接続する

サーバーが作成され、IPアドレスが割り当てられると、SSHに接続するように構成することができます。
SSHに接続するには、putty.exeをクリックして、 Session(セッション)Host Name(ホスト名)にIPアドレスを入力します。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法20

そして Connection> Data> Auto-login username ルートを入力します。
SSH> Authに先立って保存されたPrivate keyファイルを指定します。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法21

Session(セッション)から Saved Sessions(保存されたセッション)に名前を指定して保存するようにします。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法22

サーバーが作成され有効にされると、puttyを使用して、SSHに接続が可能となります。

Server Hostname&Label入力

一番下にサーバーのホスト名とラベルを入力します。 区別できるように適当に入力します。 たとえば、abc.comサイトの場合abcあるいはabccomように入力することができます。

サーバーの作成完了

下部のDeploy Now(今すぐ配布)を押すと、サーバーが作成されます。 少し時間がかかる場合があります。 サーバーが作成されるとServer Status(サーバーの状態)がRunningに変わります。 サーバー名をクリックすると、サーバーの詳細情報を表示することができます。 左のServersメニューをクリックすると、Instancesタブでインストールしたサーバのリストが表示されます。 リストから作成したサーバーの名前をクリックします。

サーバー名をクリックして、サーバーの詳細情報を見る WordPressに接続する方法が」Application Information(アプリケーション情報)「部分に出ます。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法23

インストール後のタスク

今、上記の図に示す手順に従って、 WordPressに接続することができます。

提示されたURLでアクセスすると、セキュリティ警告が表示されます。 https://...をhttp://...に置き換えて接続すると、セキュリティ警告は表示されません。 UserとPassと入力します。

その後、 WordPressをインストールする画面が表示されます。 その後、 アプリケーション情報に記載されているユーザー名とパスワードの情報は何でしょうか? セキュリティのために / WP-管理/ ページにアクセスする際に入力するユーザー名とパスワードです。 (つまり、 / WP-管理/ ページ自体に接続するときに必要な情報であり、 WordPress 管理者ページにログインしたときに利用する情報は、ありません。)

ユーザー名とパスワード、サイトのタイトルなどを設定したら、 WordPressに接続することができます。

ドメイン名を設定する

サイトには、http:// [SERVER_IP] /またはhttps:// [SERVER_IP] /にアクセスすると、インストールされた WordPressが表示されます。 https://...バージョンに接続するとセキュリティ警告が表示されます。

[SERVER_IP]の代わりにwww.example.comなどのドメインに接続したい場合は、まず接続したいドメインのDNS情報のうち「A record 'をサーバーのIPに変更します。 そして WordPress 管理者ページで 設定>一般に移動し、 WordPress アドレスとサイトアドレスを変更するようにします。

その後、次のSSHで接続してserver_nameプロパティを使用しているドメインに更新してくれるようです。

vim /etc/nginx/conf.d/wordpress_http.conf#server_name下線( "_")をドメイン名に変更します。 vim /etc/nginx/conf.d/wordpress_https.conf#server_name下線( "_")をドメイン名に変更します。 service nginx restart

wp-adminログインプロンプトを削除する

セキュリティのために/ wp-admin /ページにアクセスするときのログイン情報を入力するように要求するプロンプトが表示されます。 次のような過程に応じて、このプロンプトを削除することができます。

  1. SSHにrootとしてログインします。
  2. vhostファイルをバックアップします: cp /etc/nginx/conf.d/*.conf / root /
  3. /etc/nginx/conf.d/のXNUMXつのvhostファイルを変更します。 location ^〜/ wp-admin /で始まるコードブルックリンを削除します。 約15個のラインの長さです。
  4. 変更を保存し、Webサーバーをリダイレクト作します: service nginx restart && service php-fpm restart

SSLの問題:https://サポートを無効にする

WordPress サーバーにhttp://とhttps:// URLの両方を使用して接続が可能です。 基本的には、https:// URLはself-signed certificateを使用して、セキュリティ警告を表示します。 このような警告は、単に無視します。

次の方法で、https://サポートを無効にすることができます。

  1. SSHにrootとしてログインします
  2. HTTPS vhostファイルを移動させます: mv /etc/nginx/conf.d/wordpress_https.conf / root /
  3. Webサーバー(web server)を再起動します: service nginx restart && service php-fpm restart

SQLデータベース

VPSで実行されているMySQLデータベースがあります。 次のコマンドを実行して、データベースに接続することができます。

mysql -u root

MySQL root休みは /root/.my.cnfに保存されています。

もしDBとDBユーザーを変更したい場合は、次のようなクエリを使用することができます。

CREATE DATABASE ideside; CREATE USER 'ideuser'@'localhost' IDENTIFIED BY 'yourpassword'; GRANT ALL PRIVILEGES ON ideside。* TO 'ideuser' @ 'localhost'; FLUSH PRIVILEGES;

そして既存のDBは、削除することができます。

DROP DATABASE olddbname;

これで WordPress インストールとドメイン名の接続が完了しました。

今FTPサーバーとphpMyAdminをインストールして、サイトのデータとDBを前とおおよその作業は完了と思われる。

sFTPに接続する

コンソールに接続したり、puttyを使用してSSHに接続して、新しいユーザーを作成sFTPにアクセスすることができます。

ユーザーを追加する方法は、SSH経由でRootログインを無効にする「を参考にしてください。

Vultr VPSに WordPressを簡単にインストールする方法24

WordPress ファイルは、/ var / www / htmlフォルダにあります。 FileZillaでブックマークしてくれれば便利に使用が可能です。

参考までに新たにフォルダを作成するか、とアクセス権の問題のために適切にアップロードやファイルの編集ができない可能性があります。 例えば、 WordPressを移転する場合は、フォルダを丸ごとアップロードすることができます。 (現在の状態はいで使用する場合には、権限の問題が発生しないようです。)

アクセス権の問題のために WordPress 内でのプラグイン/テーマをインストール/更新/削除が正常に行われない場合は、httpユーザを確認して、ファイル転送用のユーザを、Webサービスユーザに権限を変更ヘジュオヤます。 Webサービスユーザは、 アパッチnginxです。 (これを確認するのに少し時間がかかりましたね。笑)これは何を言っているわからない場合だけを超えて行けばなりません。

phpMyAdminのインストール

データベースの操作が必要な場合phpMyAdminをインストールすると便利です。 phpMyAdminは簡単にインストールが可能です。 ただ、インストールファイルをsFTPを介してアップロードするだけです。

おおよそのインストールプロセスを見てみると:

  1. https://www.phpmyadmin.net/downloads/에서 phpMyAdmin-4.4.7-all-languages.tar.bz2 파일을 다운로드합니다. 하지만 이 이름의 파일은 없고 zip 파일 형식으로 제공되네요. zip 파일을 다운로드한 한 다음 압축을 풀었따가 tar로 압축합니다. 반디집을 사용하면 tar로 압축이 가능합니다.
  2. sFTPを介して、/ var / www / htmlディレクトリにアップロードします。
  3. SSHで以下のコマンドで圧縮を解除します:tar xvf phpMyAdmin-4.4.7-all-languages.tar(例示である)
  4. 不正なアクセスを防止するために、フォルダ名を変更します:mv phpMyAdmin-4.4.7-all-languages pma(フォルダ名は適切な修正)
  5. もしパーミッション(権限)エラーが発生した場合、次のコマンドを実行します:chown nginx / var / lib / php / session /

最後に、

Vultrで提供される WordPress Applicationに提供するsFTPを活用して、簡単にsftpに接続が可能です。 phpMyAdminは、インストールファイルをアップロードするとなりますね。 PHPのバージョンは5.6ですが、Vultrのワンクリック WordPressをPHP 7にアップグレードする方法(CentOS 6)「を参照して7.0にアップグレードできます。 2018年2月追加: 今PHP 7.1が適用されています。

管理されていないVPS(Unmanaged VPS)は、毎日すべてを直接設定する必要があるため、負担になる可能性があります。 VultrはSnapshot機能を提供しているので、スナップショップを活用すると作業が大幅に簡単になります。 よくわからないことがあれば、海外の資料を検索して理解して適用(「挿し木」?)する過程が必要ですが、その過程で多くを学ぶようです。

このような作業が容易でない場合、管理型VPS(例えば、このブログが現在ホストされている Bluehost VPS)や、共有ホスティングを利用します。

2017年7月9日追加:

Vultrで提供されるOne-click WordPress アプリを使用する場合、月5ドルから選択することができます。 見てみるとサーバーの場所をNew Yorkに選択した場合にのみ、限定的に月に2.5ドルから選択可能です。

月に2.5ドルのプランを利用したい場合は、自動インストールの代わりに直接Ubuntu加えNginx(あるいはApache)、PHP、MySQLをインストールした後 WordPressをインストールすることができます。 Vultrの文書を探して見たら、ドキュメントが古くなってPHP 7をインストールすることについて、最初から説明した文書はなく、複数の文書をまとめて参照する必要ができました。 Linuxに精通している専門家は、あえてそのような文書を参照していなくても可能だがLinuxを初めて接したり慣れていない場合、容易ではない作業です。

Ubuntuの16.0410にNginx(またはApache)は、PHP 7.0 / 7.1とMySQLをインストール/設定し WordPressをインストールする方法は、別の記事で取り上げてみましょう。 (アップデート"UbuntuにPHP 7.0 / PHP 7.1と WordPressをインストールする方法「注)

ちなみに、無料で1〜2ヶ月の間にUnmanaged VPSを使ってみたい方は、以下のアフィリエイトのリンクをクリックしてVultrに加入すると、1〜2ヶ月程度、無料で利用できるクレジットを受け取ります。

メモ:


28のコメント

コメント

  1. こんにちは。 現在、クラウドウェイズではvurltrは表示されません。 digitaloceanだけが唯一の代替案のようですが、サーバーの場所がシンガポールの場合ソウルにする場合とどのような違いがありますか?

    応答
    • クラウドウウェイズVultrがない場合は、デジタルオーシャンのシンガポールサーバーを選択することが唯一の選択肢のようです。

      個人的な考えは韓国では ソウルリージョン>東京リージョン>シンガポールリージョン 順にスピードが速いようです。

      シンガポールサーバーを選択して速度を確認してください。 スピードが遅いと思われる場合は、ファーストコメットという共有ホスティングを代替として考えることができます。 ファーストコメットには東京リージョンがあります。 ファーストコメットについては、次の記事を参照してください。 https://avada.tistory.com/2072

      応答
  2. 文をよく見ました。 あまりにも固い…大変ですねLinuxは何も知りませんが、 WordPressとしてㄷㄷ;;
    なんと難関を経てホームページを作ったのに
    robots.txt が入りません。 404 not found / nginx こんなにエラーフレーズが浮かびますね…でも/?robots=1 打ち込んだら入りますよ!
    今ads.txtもできません。 先生を助けてくださいㅠ

    応答
    • Vultrでサイトを運営するには、サーバーに関する知識が必要です。 サーバー関連の問題が発生した場合は、大きなストレスを引き起こす可能性があります。 Vultrなどのクラウドサーバーを運営したい場合は、クラウドウェイズなどのサービスを利用すれば、簡単にサーバーを管理できます。 初心者や時間を節約したい専門家にとっては、まともな選択肢かもしれません。 次の記事を参照してください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/30596

      応答
    • ちなみに、どのドキュメントを見てみると、次のようなコードをサーバーのconfigファイルに追加すると問題が解決する可能性があります。

      location = /robots.txt {
      try_files $uri $uri/ /index.php?$args;
      access_log off;
      log_not_found off;
      }

      応答
  3. 上記の方法で一日中やりました。
    質問があります。
    vultraの上記の通り WordPress サーバーを作成し、そのサーバー内にそれぞれ異なるdnsを持つドメインはどのようにしますか?
    サーバーごとにXNUMXつのドメインしか使用できませんか?

    応答
    • こんにちは、Vultrのドキュメントを一度参考にしてみませんか?

      https://www.vultr.com/docs/host-multiple-websites-with-apache-virtual-hosts-on-freebsd-12-server/

      サーバーについてよく知らない場合は、サイトを運営しているサーバーの問題でストレスをたくさん受けることがあります。 コスパがまともな国内ホスティングをしたい場合、ナウホスティングというところがあります。 XNUMX つのアカウントに複数のドメインを追加してサイトを作成でき、SSL 証明書も無料で提供されます。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EC%84%B1%EB%B9%84-%EC%A2%8B%EC%9D%80-%EA%B5%AD%EB%82%B4-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-%EB%82%98%EC%9A%B0%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85/

      応答
      • 国内ホスティングは望ましくない上司のブログを見て Bluehostを利用しました。 Bluehostあるサーバーに複数のドメインを登録するのが簡単ではなく、サーバーが遅すぎるため、上司が作成した他のサーバー WordPress 情報パッケージブログよりもvultrを利用するようになりました。 今勉強の目的でさらにドメインを増やす予定ですが、vultrからマーケットプレイスアプリを通して WordPresson obuntu 20.04購入したサーバーでXNUMXつのドメインを運用する方法を知りたいです。 参考にしてくれた上記のドメインを見ても難しいので、もしかしたら一度簡単にvultrの複数ドメインの登録説明文を作成していただけますか?

      • こんにちは、完全初心者。 Linuxについてよく知らない状態では、VultrやAmazon AWSなどのクラウドホスティングを使用することはあまりお勧めできません。 サーバーを直接管理する必要がありますが、サーバーエラーが発生した場合は膨大なストレスを受ける可能性があります。

        これを簡単にするには、サーバーイメージ(Server Image)でcPanelイメージを選択することを検討してください。

        https://www.screencast.com/t/5VtdaJ4p

        cPanelイメージを使用している場合でも、定期的にバックアップしてPCやクラウドに保存するのは安全です。 たまに WordPress 画像またはcPanel画像を使用して WordPress運用中にサーバーにエラーが発生してサイトの復旧ができない残念なケ​​ースを目撃します。

      • このようなサーバー管理を上手にするためにはどんなことを勉強すればいいですか? もし推薦してもらえますか?

      • たとえば、Vultrでサーバーを実行している場合は、Vutlrのドキュメントを参照できます。 参考になると理解できない部分はグーグルで解決できます。 この分野が多くのシャベルが必要な分野でもあります。 特に問題に封じ込められた場合、トラブルシューティングには多くのサーチが必要になるでしょう。 そのような過程を通じて、実力が大幅に向上します。 時間も多くかかり、ストレスも多く受けることができますが、問題を解決する過程でやりがいや楽しさを感じれば早く発展できると思います。

  4. こんにちは。 WordPress 初心者です。

    ある瞬間第 WordPressに接続をして文を読み取ろうと入ると、管理者に入ったのがないのに
    ユーザー名とパスワードを要求しています。

    http://backsumanse.com/archives/287

    この場合には、どのように解決をすべきかもし知ってい..?

    応答
    • こんにちは?

      この記事に記載されている「wp-adminログインプロンプトを削除する」セクションの内容に従って対処しても、この問題は発生しますか?

      応答
    • Failed to load resource:net :: ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDエラーが発生しますね。

      SSL証明書を正しくインストールしたことを確認してください。

      応答
  5. サーバーの場所を、シンガポールや東京を選択しても月に2.5ドルのプランは使用できないですね。(笑)

    2.5ドルのプランを利用することができない場合は、別の場所(例えば、New York)を選択してください。

    応答
  6. 現在、東京にあるサーバーを利用するDDOSので、シリコンバレーやLAに変更するかに速度差があるでしょう?

    応答
    • こんにちは?

      コメントを残していただきありがとうございます。

      Snapshotを作成し、テストサーバーを作成、テストをしてみたらいかがでしょうか?

      方法は、ご存知の通り、簡単にまとめてみると、:
      1)Snapshotを作成します。
      2)新たにサーバを一つ作成します。
      3)サーバーの場所を任意の場所に選択します。
      4)Server TypeでSnaphostを選択します。
      5)サーバーを展開した後、phpMyAdminに接続してsite urlとhome urlをIPアドレスに変更します。
      6) WordPressに接続できることを確認して、スピードをテストします。

      複数箇所をこのようにテストして見て速度がよいか確認することができるようになります。

      私はあまり重要ではないサイトをVultrで使用しているが、サーバーの場所をNew Yorkに指定しています。 (New Jerseyとも呼ばれ表示になりますね。おそらくNew Jersey、ニューヨークと接していることを知っているが、正しいかどうか分かりません。)

      New Jerseyで指定しても速度が比較的速く出てきます。 シリコンバレーやLAは、テストをしないみアーサー正確しれません。

      応答
    • こんにちは?

      Vultrを使用しているHappist様によると、LAが大丈夫そうだね。

      グローバルと韓国を考慮すれば、LAやSilicon Valleyが良さそうですね。 ああ何度テストしてみるとSilicon Valleyはよく出ないようです。

      そしてLinodeはFremontがTokyo 2よりないが(平均速度)は、はるかに安定した速度等を見せてくれたようです。 Linodeを使用した場合、Tokyo 2> Fremont> Singapore順に推奨しています。

      このブログをVultrに、以前のテストしてみるとNew Yorkの場合、速度が思ったよりない出ますね。 LAにテストしてみてよさそうです。

      応答
  7. 丁寧にまとめた文をよく見ました。

    韓国もVPSだけの資源(メモリ容量、トラフィック)を提供しながらも、Webホスティングだけの管理が提供されている価格競争力のあるサービスがあったらと思いをします。

    サーバーの管理は、やはり専門家がなければならない考えをたくさんします。 文を書く人は、文を書くに集中しなければならんです。

    言われたとおり、私はVultrを使用するんです。 サーバー非専門家がサーバーを取り扱う際に、変数があまりにも多いので、アᆵは知識で対応にならない時が多すぎます。 その場合、可鍛性ヒ前サンテに戻すのが最も早く問題を解決する方策んですよ。 それVultrは、スナップショット機能が無料でサポートされるので、とても楽です。 Vultrこうあんな限界があるが、私はこれだけでも、使用価値は十分あると見ています。

    応答
    • VPSを利用するにHappist様のように、最初からLinux OSをインストールして設定をしてくれればいいのですが、検索とシャベルで多くの時間がかかるようではVultrで提供される WordPress バージョンを使用していました。(笑)

      さて、PHPのバージョンを7.0や7.1に更新する作業をテストしてみる必要がありますが…思ったようにうまくいくかもしれません。 少し検索してみると、インストールされているエクステンションを確認してPHPバージョンを上げた後、同じようにエクステンションをインストールする必要があるようです。 このような単純な作業はあまり好きではないのですが…もっと便利な方法があるかどうかわかりません。

      応答

      • phpの更新は思ったよりも難しくはありません。
        7.0まで公式ストアがあって、ここで受けてきたらしますが、7.1は公式ストアではありませんが、信頼に値するストアで受け入れてきたらそうです。

        私は最近、7.1に更新した体感速度の改善がありました。
        ただし、以前のバージョンをどこで使用していを正確に分からなくて適切に接続していなくて認知以前のバージョンをクリアすると、エラーが浮かん7.0と7.1をように使用しています。
        のように書いても構わないとして可能な限り、以前のバージョンは消去とも呼ばれ、複数の話がありますね。
        複数の設定をかけたとすればそして何の動産であったかがわからない場合旧バージョンを維持すべきだと思う。

        https://happist.com/553656/ でまとめてみました。

      • おかげでPHP 7.0にアップグレードすることができました。

        CentOSので少し異なる点があるが、同じLinuxであるため、オシプボベクボです。(笑)

      • PHPのバージョンのアップグレードは、SSHで実行する必要があります。

        ただUbuntuのイメージを使用して新規にインストールするのも良い方法です。 その後、必要なPHPのバージョンを選択してインストールすることができます。