WordPress プラグインの翻訳(POファイル) - CodeStyling Localization外 - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

WordPress プラグインの翻訳(POファイル) - CodeStyling Localization外

Last Updated:2016年5月30日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressのプラグインを翻訳するには、CodeStyling Localizationというプラグインを使用すると便利です。 このプラグインは、プラグインからの翻訳が必要な文字列のみを抽出したPOファイルを作成し、直接翻訳してMOファイルを生成してくれる非常に便利なツールです。

POファイルをCodeStyling Localizationで抽出した後、簡単なCodeStyling Localization内で翻訳してもよく、分量が多い場合、プロツールの助けを得て翻訳した後CodeStyling LocalizationでMOファイルにコンパイルして使用することもできます。

アップデート: 現在、このプラグインは正常にアップデートがされていない最新の WordPressと互換性がありません。 CodeStyling Localizationプラグインの代わりに この記事に記載され Loco Translateプラグインを使用してください。

CodeStyling Localizationを使用して翻訳する

CodeStyling Localizationを使用して翻訳することを見てみましょう。

まず、次のYouTubeのビデオを視聴して、全体のプロセスをご覧の上、以下の説明を参照してください理解するのに役立ちますです。 (部分字幕があるので、字幕を有効にしてみてください。)

WordPress 伝言板のツール> Localizationを選択すると、CodeStyling Localization画面が出ます。 その後、翻訳をしたいプラグインの最初の言語を選択するか、作成する必要があります。

Using Codestyling Localization

上記のようにAdd New Languageを選択して、韓国語を選択した後の一番下にある「create po file」を選択します。

Creating New Language

これにより、次の図のように追加した言語が表示されます。 その後、Rescanをクリックして、翻訳する文字列を再読み込んだ後、Editをクリックして、翻訳します。

Rescan

その後、翻訳をすることができる画面が表示されます。 Editを押して翻訳を進めるとされます。

Translating strings in WordPress

翻訳が完了すると、「generate mo-file "をクリックして、moファイルを作成すると、完了します。

Generate mo file

翻訳する文字列があまりない場合は、この方法を使用すると、非常にシンプルで簡単に翻訳が可能です。 ここで留意点は、プラグインによってPOファイルが生成されない場合もある(時々製作者がPRO版のみ翻訳を使用できるようにロックをかける場合もあります)が正常に抽出して翻訳したハングルで変わらない場合もあります(プラグインに基づいて、多言語をサポートしていない場合、このような問題が表示されるようです)。

今の文字列が多い場合や更新が頻繁にされて更新されるたびに翻訳をする場合は、または部外者によって翻訳をさせたい場合に翻訳する方法を説明します。

アップデート:CodeStyling Localizationプラグインは、もはや WordPress.orgでダウンロードすることができません。 代わりに http://www.code-styling.de/english/development/wordpress-plugin-codestyling-localization-en サイトからダウンロードが可能です。 しかし、プラグイン自体は、2012年11月版であるかのように見えます。 最新バージョンの WordPressは、テストしてみなかったが、動作はするようです。 ただし、適切に処理していないテーマやプラグインがあると思われます。 この方法の代わりに、以下のPoeditを試してみてください。

Poeditを使用して翻訳する

Poeditは、PCにインストールされているプログラムにPoファイルを読み込んで翻訳を容易に行うことができます。 Pro版は20ドル程度で、技術サポート、オンライン翻訳勧告、 WordPress テーマとプラグインのサポートの向上、ワードカウント(単語数)情報などの追加機能が提供されます。 翻訳する内容が多い場合、20ドルであれば十分に価値をするようです。 (アップデート: ここ 参考)

poedit

CATツールを使用した翻訳

専門的な翻訳である場合TradosなどのCATツールを使用して翻訳することができます。 最新バージョンのTradosでPOフィルタをインターネットからダウンロードしてPOファイルを翻訳した後CodeStyling LocalizationやPoeditでコンパイルします。 TradosでPOファイルを翻訳するには、msgidの文字列をmsgstrとしてコピーする必要があります。 msgidの文字列をmsgstrにコピーする方法は、プログラミングだけ少し分かれば簡単に行うことができます。 (簡単なプログラムを組んだり、正規表現を使用したり、Autohotkeyのようなマクロプログラムを使用することもできます。)TradosなどのCATツールは、最低500ドルから1000ドル(サーバーのバージョンは何千も)に達しますので、一般人が使用するのには無理がが、プロの翻訳者の場合は必須のツールです。 これらのツールは、翻訳のリサイクルを介してバージョンを簡単に管理できるように支援します。 大規模な翻訳時に便利です。 そしてCATツールを使用するには、少しの学習が必要です。 興味のある方は、個別にご連絡いただければ詳しく教えいたします。

メモ:



2のコメント

コメント

  1. CodeStyling Localization代わりLoco Translateを使用してください。 https://www.thewordcracker.com/basic/how-translate-wordpress-po-file-using-loco-translate/

    応答
  2. CodeStyling Localizationは、もはや WordPress.orgで提供されていません。 代わりLoco Translateというプラグインを使用してください。 https://wordpress.org/plugins/loco-translate/ ページからダウンロードが可能です。 使い方は似ています。

    応答

カフェで WordPress 情報を共有できます。

ありがとうございます!