ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress Quformと KBoard 掲示板連動ソースコード

Last Updated:2021年9月16日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPressは、様々なお問い合わせフォームプラグインがあります。 無料のプラグインでは、 Contact Form 7やWPFormsのようなプラグインがあります。 WordPress サイトからの訪問者がQuformお問い合わせフォームを送信したとき KBoardも自動的に投稿されるようにしたい場合は、この記事で紹介するQuformと KBoard 掲示板連動コードを使用することができます。

WordPress Quformと KBoard 掲示板連動ソースコード

WordPress コンタクトフォームお問い合わせフォームQuform

Quformは、現在までに約3万個販売された人気の有料コンタクトフォームのプラグインです。 このブログには、初期からこのコンタクトフォームのプラグインが使用されています。 機能が複雑でなく、サイトの速度にも大きな影響を及ぼさないよう、個人的には満足しています。

単に訪問者に示すための目的のためにContact Form 7で提出されたデータをフロントエンドに表形式で表示したい場合には、 "WordPress Contact Form 7のデータを表示する」で紹介す​​る方法を使用することができます。これにより、以下の画像のように KBoard 掲示板をインストールする必要がなく、CF7データを表形式で一覧表示することができます。

Quform問い合わせ文を KBoardに自動的に公開するソースコード

ユーザーがQuformで製作されたお問い合わせフォームを介してデータを送信すると、データがメールで送信され、管理者ページでも確認が可能です。

訪問者がQuformお問い合わせフォームを送信すると、データが KBoard 掲示板に投稿としても登録されるようにしたい場合は、次のコードを使用することができます。

/* quform과 kboard 연동 */
function my_quform_process(array $result, Quform_Form $form)
{
global $wpdb;
	$contact_sender = $form->getValue('quform_5_3'); // 이름
	$contact_email = $form->getValue('quform_5_5'); // 이메일
	$contact_tel = $form->getValue('quform_5_8'); // 전화번호
	$contact_subject = $form->getValue('quform_5_6');
	$contact_details = $form->getValue('quform_5_7');



			
$current_date = date("YmdHis", current_time('timestamp')); // 현재 날짜
$maincontent = '<br>담당자 이름: ' . $contact_sender . '<br>이메일: ' . $contact_email . '<br>담당자 전화번호: ' . $contact_tel . '<br>제목: ' . $contact_subject. '<br>문의내용: ' . $contact_details . '<br></p>'; // KBoard 글 본문

$contact_title = $contact_sender . '님의 문의'; // KBoard 글 제목

$table_name = $wpdb->prefix . "kboard_board_content";

$result = $wpdb->insert( $table_name, array( 'board_id' => 4, 'member_display' => $contact_sender, 'password' => $contact_tel, 'title' => $contact_title, 'content' => $maincontent, 'parent_uid' => 0, 'category1' => false, 'date' => $current_date, 'update' => $current_date, 'member_uid' => 0, 'comment' => 0, 'vote' => 0, 'like' => 0, 'unlike' => 0, 'secret' => true, 'view' => 0, 'thumbnail_file' => false, 'thumbnail_name' => false, 'category2' => false, 'search' => 1, 'notice' => false, 'status' => false) );


return $result;
}


add_filter('quform_post_process_5', 'my_quform_process', 10, 2);

上記のコードは、例示に過ぎず、Quformお問い合わせフォームIDとフィールドID、 KBoard 掲示板ID等を適切に変更してください。 WordPressを少し知っていれば、上記のコードを簡単に応用して適用することができるので、上記のコードでは、別の説明はしません。

最後に、

以上でQuformデータを KBoardで提出する方法を説明しました。 本文で紹介したコードを応用して、DBテーブルを直接作成、ユーザーが提出したデータを保存することも可能です。

WordPress DBデータをフロントエンドに表示する作業をしている場合 wpDataTablesプラグインを使用すると便利でしょう。 このプラグインは、価格が299ドルで結構高価だが、DBの操作が頻繁場合に便利に活用することができます。

参照



コメントを残す

コメント