ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress言語ごとに別の最初のページを使用したいとき

Last Updated:2016年8月3日| 1のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

こんにちは? ワードクラッカーです。

現在大きなプロジェクトで忙しいのに、こう書いている万用(?)を呼んでいますね。 今回は「WordPressで、言語別に最初のページを異なるように表示したい場合”を簡単に説明しようとします。

Polylangというプラグインを使用すると、簡単に構築することができます。 このプラグインは、無料のうえ機能もかなり大丈夫です。 (現在、このサイトにも適用されのです。 速度のために、現在削除された状態です。)

このPolylangプラグインを使用したとき、予期しない問題が発生することがありますが、そのうちの一つがテーマで提供されるフロントページを勝手に変更することができないという点です。 例えばテーマのフロントページ(Front Page)でカテゴリを指定して表示する部分がある場合は、もし、ハングル基準にカテゴリを設定すると、英語版では、このカテゴリーの英語版が表示されますタイトルやカテゴリの移動リンクはハングルになることがあります。 この問題は、有料のプラグイン WPMLでも発生していることは分かりません。 この問題のためにWPMLが代替であれば、このプラグインを購入すべきか深刻悩んで費用のために放棄して、他の方法を見つけた。 すぐにフロントページをページテンプレートに変えることでした。

즉、 index.phpを ページを使用してPage-korean.phpとPage-english.phpのように言語固有のテンプレートとして作成しました。 ページテンプレートに変えるときindex.phpの一番上の部分を次の形式で変更します。

<?php
/*
Template Name: 템플릿 이름
*/

get_header(); ?>

次に、各テンプレートファイルを言語に合わせて変更するのです。 修正は、若干のphpの知識が必要になることができます。 例えばカテゴリーをテーマオプションで追加することができている場合言語ごとのカテゴリーを異に追加し(場合によってはカテゴリー入力数を増やすようにテーマ自体を変更する必要があります)言語テンプレートごとにカテゴリーを指定する方式も可能です。 この方式を使用すると、言語が変わり、その言語に翻訳されていない文字列などを、その言語に変えることができ、言語ごとにレイアウトを特に指定することも可能です。 大したではないが、このような問題で悩んしている場合に役立つかして、ここにあげてみます。

追加:この記事に関連して深化された内容を WordPress 多言語サイトでget_bloginfo() を活用するで確認できます。

アップデート: Polylangは無料のプラグインでありながら優れた機能を提供していますが、このブログから削除されました。 最大の理由は、サイトの速度低下の問題からです。 代わりに WPMLを購入して、他のブログに適用した。 WPMLは最近の更新のパフォーマンスが大幅に向上したとしますね。 そのせいか、サイトの速度にほとんど影響がないようです。

多言語サイトを運営する場合私のような無料のプラグインを使用して削除するエラーを犯していないように、初期のいくつかをよく考慮して選択をよくすることが重要と思われる。 最初に野心を持って英語版も作られたが結論として、プラグインを誤って選択したため、失敗した格がしました。 (現在の英語バージョンは、カテゴリに処理おきました。)

参照



コメントを残す

コメント