ベストセラー WordPress テーマTop 30 자세한정보

phpMyAdminを使用してDBから WordPress 文字列の一括変更する

Last Updated:2020年11月15日
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
1のコメント

この記事では、phpMyAdminを使用してDB内の文字列の一括変更する方法について説明します。 WordPress サイト前の操作の後のURLを一括変更する場合に使用することができます。

以下の方法の代わりに WordPressで提供される無料のプラグインを使用して WordPress ダッシュボード内で簡単に既存のURLを新しいURLに変更することができます。 WordPress サイト内のリンクを一括変更するVelvet Blues Update URLsを参照してみてください。

[この記事は、2015年度に初めて作成されたが、最新の情報を反映して再発行されました。 ]

phpMyAdminを使用してDBから WordPress 文字列の一括変更する

WordPress サイト以前の仕事は、Duplicatorを利用して、比較的容易に行うことができます。 Duplicatorの使用方法は、 ここを参照してください。

XNUMXつのシナリオを考えてみることができるようになります。 最初はホストしていたサイトのアドレスがwww.aaa.comでwww.bbb.comにアドレスだけ変わりサーバーは、以前していない場合には、第二は、顧客のために WordPress サイトをプライベートサーバまたはローカルコンピュータで作成した後、お客様のサーバーに移転する場合。 最初の場合は、後者の場合の特殊な場合がね。

顧客のために WordPress サイトを構築したが、お客様のサーバーに移転する際にDuplicatorを使用すると便利ですが、たまに、互換性の問題やその他の問題のためにDuplicatorを利用できない場合があります。 (場合によっては、現在使用しているサーバーの容量が不足しているDuplicatorでバックアップをしていない場合も発生する可能性があります。)既存のデータファイルとDBを新しいサーバーにすべて移した場合にDBから WordPress サイトのアドレスを新しいアドレスに更新してくれるとします。

まず、データベースをバックアップする必要があります。 データベースのバックアップは、phpMyAdminから実行したり、ホスティング会社のバックアップメニューから可能です。 一DBに複数の WordPress ウェブサイトを使用している場合は、以前の希望するサイトのDBのテーブルPrefix(接頭辞)を確認して、正確なDBをバックアップするようにします。 (よくわからない場合はwp-config.phpファイルを確認ください。)

この作業を実行する前に、データファイルとDBファイルのバックアップを別に保管してください。

既存のデータファイルを新しいサーバにすべてアップロードしたり、既存のDBを新しいサーバーのDBからインポート(Import)するようにします。 そしてwp-config.phpファイルの内容も、新たなDBに合わせて変更するようにします。

現在サイトにアクセスしてみると正しく表示されないでしょう。 以前のサイトの情報がそのままいるので、新しいサイトの情報に一括変更をして必要です。 このため、SQLクエリで、次のコマンドを実行するようにします。

UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value, 'http://www.aaa.com', 'http://www.bbb.com') WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';
UPDATE wp_posts SET guid = replace(guid, 'http://www.aaa.com','http://www.bbb.com');
UPDATE wp_posts SET post_content = replace(post_content, 'http://www.aaa.com', 'http://www.bbb.com');
UPDATE wp_postmeta SET meta_value = replace(meta_value, 'http://www.aaa.com', 'http://www.bbb.com');

通常phpMyAdminにアクセスして、上記のクエリを実行します。 BluehostでphpMyAdminにアクセスする方法は、 ここを参照してみてください。 Cafe24の場合phpMyAdminサービスを終了しました。 phpMyAdminのインストールファイルをダウンロードしてインストールした後に接続が可能です。

phpMyAdminを介して WordPress 文字列の一括変更

ここで WordPress テーブル接頭辞がwp_である場合です。 もしwp_ではない場合には、確認して適切に修正してください。 (*サイト自体を以前せずサイトのアドレス情報のみ変えれば、上記のコマンドのみphyMyAdminのSQLで実行してくれればされます。)

DBの更新が完了したら、 WordPressに接続してテストしてみます。 文などが正しく表示されない場合があります。 その場合 WordPressに管理者として接続して 設定>固有のアドレスに入って何も変更せずに「変更を保存」をクリックします。 それでもうまくいかない場合は、このプロセスを何度もしてみます。

サイト自体に入ってなかったり WordPress インストール画面が出てくる場合wp-config.phpの内容を新しいサーバーのDB情報に合わせて変更したのか詳細を確認してください。 (そして、phyMyAdminからDBからImportたのか、そして前 WordPress テーブルが正しいことを確認するようにします。)

WordPress 管理者ページにアクセスした場合 WordPress オプション、メニュー、記事、ページは、プラグインのオプションなど、既存のサイトの情報がある場合は、変更するようにします。

要約

このプロセスを完了したら、完全にサイトが以前になります。

プロセスを簡単にまとめてみると

  1. 既存のサイトでDBをExportします。 ExportされたDBとデータファイルは、万一の事態のためによくバックアップにします。
  2. 既存のサイトのデータファイルを丸ごと新しいサイトに移転します。 このとき、wp-config.phpファイルのDBの情報を新しいサーバーのDB情報に変更します。
  3. 新しいサーバーのDBに接続してExportしたDBをImportようにします。 たまにDBインポートにならない場合があります。 私のような場合は、SSH関連の問題のためにエラーがしました。 そのような場合(DBの知識があれば、直接解決することもあるだろうが)Webホスティングサポートを要求すると、問題を解決してくれるでしょう。
  4. DBから上記のSQLコマンドを実行します。
  5. WordPress オプション、文、ページなどで既存のサイトの情報を新しいサイトの情報に更新します。

私はほとんどDuplicatorを使用してサイトを前に、以前のサーバーの容量が制限されており、Duplicatorでバックアップファイルを作成進めることができなかったので、Webホスティングで提供されるデータの/ DBのバックアップ機能を使用して、データとDBをバックアップ受けて、上記のプロセスを介して簡単にサイトを移転することができました。 (もう一度申し上げます、万一の場合に備えて、必ずデータのDBを必ずバックアップ受けておいてください。)

以上で WordPress サイトを移転する方法を説明しました。

参照



1のコメント

コメント

  1. DB内の文字列を一括変更したい場合は、以下の記事を参考にしてください:
    https://www.thewordcracker.com/intermediate/search-replace-db-%EC%8A%A4%ED%81%AC%EB%A6%BD%ED%8A%B8-db%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%AC%B8%EC%9E%90%EC%97%B4-%EC%9D%BC%EA%B4%84-%EB%B3%80%EA%B2%BD%ED%95%98%EA%B8%B0/

    応答