WordPress フッターフレーズを変更する - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress フッターフレーズを変更する

Last Updated:2020年4月21日| 3のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

最近では、無料 WordPress テーマの中でも大丈夫なことが多く、よく選択すると、サイトを作成するために多くの助けになることがあります。 しかし、無料のテーマの場合フッターに著作権(Coprygith)フレーズがあって、それをどのように取り除くか問い合わせている場合があります。 無料のテーマの場合、著作権フレーズを取り除くことはエチケットに反するという方もいらっしゃいますね。 しかし、著作権フレーズをなくすことがライセンス違反ではないと思われる(ここ を参照)。 以下の方法を使用する前に、この点を念頭に置いて、可能であれば、既存の著作権フレーズはそのまま目的のテキストを追加する方法で使用すると、よさそうです。

この内容を補強して、さまざまな状況でフッターの著作権フレーズを保存する方法を "フッターの著作権(Copyright)フレーズを変更する方法"文で説明しています。更新された記事を参照してください。

WordPress フッターフレーズを変更する方法

ここでは、 SELAという WordPress テーマでフッターフレーズを変更する方法を説明します。 有料テーマの場合 テーマオプション(Theme オプション)で、著作権フレーズを変えるようにするためのオプションが提供されている場合があります。 しかし、このテーマは無料ですので、このようなメニューがありません。 (このテーマは珍しく テーマオプションというメニュー自体がないですね。)

WordPress フッターフレーズを変更する

上記のように 誇らしげによって供給 WordPress | Theme:セラ by WordPress.COMというフレーズが下部フッター領域にあります。 このフレーズを修正するには、phpを使用して修正するが、ここでは簡単にCSSを使用して変更する方法を説明します。

フッター02
Change footer text without editing php file

まず、要素の検査では、フレーズを制御している要素が何であるかを確認します。

上の図に示すようにFooter Copyrightはsite-infoというクラスに囲まれています。 今CSSスタイルシートに次の図のように入力します(CSSのコードを追加する方法は、 ここを参照してください)。
(*注:類似の要素(pseudo element)であるbeforeはCSS2では :前、CSS3で :: beforeが使用され、二人は同じです。 図で.site-info:beforeはCSS3に合わせて.site-info :: before形式に変更してください。)

final footer text after change

これにより、既存のフッターテキストの代わりに新たに入力されたフレーズに変更されます。

以上でphpソースを変更せずに WordPressでフッター領域のテキストを変更する方法を説明しました。

メモ:



3のコメント

コメント