WordPress ブログに外部のRSSフィードを表示する

Last Updated:2024年01月21日| | 7のコメント

外部のRSSフィードを WordPress ブログに表示したい場合があります(例えば、本人が運営している他のブログの記事や他人のブログの記事のリストを表示する場合)。 この場合、 GutenbergのRSSブロックを使用したり、プラグインを使用することができます。

RSSフィードに属性画像(サムネイル)を追加して、最新の投稿リストにサムネイルを表示したい場合WordPress RSSフィードに属性画像を追加する方法「を参照してください。

[この記事はずっと前に書かれていますが、最新バージョンの WordPressに合わせて文章を新たに作成し、再発行されました。 ]

GutenbergのRSSブロックを使用して WordPress ブログに外部のRSSフィードを表示する

最も簡単な方法は、基本的に提供されている RSSウィジェットを使用して、サイドバーたいウィジェット領域に外部のRSSフィードを表示することができます。 WordPress 5.8以前のバージョンでは、 ルックス>ウィジェットからのRSSウィジェットを使用して、他の WordPress サイトの最新記事の一覧を表示する方法は、 この記事を参照してください。

WordPress 5.8バージョンからブロックにウィジェットを管理する機能が追加され ルックス>ウィジェットでも Gutenberg(ブロックエディタ)を使用できるようになりました。 RSSブロックをサイドバーフッターウィジェット領域に配置して、外部のRSSフィード記事を表示することができます。 また、ページや記事などでも GutenbergのRSSブロックを使用して、目的の場所の外部のRSSフィード記事を表示することができます。

例えば、上部の ブロックの追加 アイコンをクリックして、 RSSで検索した後、 RSS ブロックをサイドバーなどの目的の場所にドラッグアンドドロップすることができます。

GutenbergのRSSブロックを使用して WordPress ブログに外部のRSSフィードを表示する

ページや記事の編集画面でも、同様の方法で好きな場所にRSSブロックを追加できます。 ちなみに、段落ブロックに「/ブロック名」と入力すると簡単にブロックを追加できます。 例えば、新しいブロック(段落ブロック)から /フィードを入力すると、RSSブロックを簡単に選択して挿入することができます。

WordPress ブログに外部のRSSフィードを表示する

上記の画面が表示されたら、[ここにURLを入力してください...]フィールドにRSSフィードアドレスを入力します。 WordPress RSSフィードのURLは「WordPress RSSフィードアドレス「を参考にしてください。 Naver ブログのRSSフィードのURLは次のような形式です。

https://rss.blog.naver.com/NaverID

寀ーブログのRSSフィードのURLは次のとおりです。

https://id.tistory.com/rss

フィードのURLを入力して、 URLの使用をクリックすると、

WordPress ブログに外部RSSフィードを表示する -  WordPress Gutenberg

右側のRSS設定でアイテム数を指定(基本5個)し、書き込み、日付、要約文を表示するかどうかを指定できます。 「要約を表示」を選択すると、要約文に表示する単語の最大数も指定できます。

プラグインの使用

WP RSS Aggregatorプラグイン(無料)

他の方法でプラグインを使用することができます。 これと関連し、様々なプラグインがあります。 WP RSSアグリゲータというプラグインも、このような機能をするプラグインです。 次の動画を見ると、 他のサイトのRSSフィードのアドレスを入力して、ショートコードをしたいページや位置に挿入して、RSSフィードのリストを表示することができます。

エコーRSSフィードポストジェネレータ Plugin for WordPress プラグイン

WordPress エコーRSSフィードポストジェネレータ Plugin for WordPress プラグイン

既存の紹介したRSS Newsプラグインは、Codecanyonマーケットから削除されました。 代わりに エコーRSSフィードポストジェネレータ Plugin for WordPress プラグインを使用することができます。

このプラグインは、SimplePie APIを使用している画期的なRSSフィードベースのポスト作成の自動ブログのプラグインです。 このプラグインを使用して、外部のRSSフィードを取得し、自動投稿が可能なようです。

Echo RSS Feed Post GeneratorプラグインはNewsomaticという人気のプラグインと同様の機能をするようです。 概念は、RSSフィードアドレスに基づいて、タイトル、要約などをドラッグして、新しい文を作成ポスティングすることです。

この場合、著作権の問題が発生することがありますので、著作権の問題がないかどうか、まずチェックするのが安全でしょう。 また、文章を加工せずにそのまま投稿した場合、重複したコンテンツの問題で、Googleなどの検索エンジンで正しく露出されないことがあります。 このようなプラグインを使用して、海外ニュースサイトの記事のタイトルと要約を呼んで来た後韓国語に翻訳するなどの過程を経ることがSEOに有利になります。

RSS AutoPilot - unique content extractorプラグイン

RSS AutoPilot  -  unique content extractorプラグイン

RSSオートパイロット プラグインもマーケットから削除され、使用することができません。

ユーザーコードを使用

直接テーマのソースに追加する場合は、次のコードを好きなところに貼り付けします。

<h2><?php _e( 'Recent Posts from Other Blog:', 'my-text-domain' ); ?></h2>

<?php // Get RSS Feed(s)
include_once( ABSPATH . WPINC . '/feed.php' );

// 지정된 피드 소스에서 SimplePie 피드 개체 가져오기
$rss = fetch_feed( 'https://www.thewordcracker.com/feed/' );

if ( ! is_wp_error( $rss ) ) : // Checks that the object is created correctly

// 총 항목 확인하기 - 5개로 제한
$maxitems = $rss->get_item_quantity( 5 );

// 엘리먼트 0(첫 번째 엘리먼트)부터 모든 항목 배열 빌드하기
$rss_items = $rss->get_items( 0, $maxitems );

endif;
?>

<ul>
<?php if ( $maxitems == 0 ) : ?>
<li><?php _e( 'No items', 'my-text-domain' ); ?></li>
<?php else : ?>
<?php // Loop through each feed item and display each item as a hyperlink. ?>
<?php foreach ( $rss_items as $item ) : ?>
<li>
<a href="<?php echo esc_url( $item->get_permalink() ); ?>"
title="<?php printf( __( 'Posted %s', 'my-text-domain' ), $item->get_date('j F Y | g:i a') ); ?>">
<?php echo esc_html( $item->get_title() ); ?>
</a>
</li>
<?php endforeach; ?>
<?php endif; ?>
</ul>

RSSフィードのアドレスと表示する文の数などを適切に変更することをします。

参照


7のコメント

コメント

  1. こんにちは。
    文はよく読んでいます。

    WordPress ホームページへ Naver ブログや新聞を購読しようとしています。
    RSS機能で読み込むのはうまくいきますが、2つの質問があります。

    1. サムネイル画像まで持ってくる方法はありますか?
    2.フォントなどを修正する方法は何ですか?

    時間が許せば返答をお願いします。

    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、todayさん。 そのRSSフィードにサムネイル情報を含める必要があります。 WordPress RSSフィードの場合、サムネイルは含まれていません。 Featured Images in RSS for Mailchimp & Moreなどのプラグインを使用すると、 WordPressエスポストのサムネイル情報を含めることができます。 RSSフィードを使用して記事を表示するには、WP RSS Aggregatorなど WordPress RSSフィードプラグインを使用できます。

      https://ko.wordpress.org/plugins/wp-rss-aggregator/

      応答
  2. こんにちは、質問があります。
    WordPress 管理者メニュー - 設定 - 読んでみると、「最も最近の配給フィード数」というのがrssフィードと関連があると言っていましたが、正確に何に関わったのか、数字を増やしたり減らしたりすると、どのような影響があるのか​​気になります!

    応答
    • こんにちは? これらの設定は、RSSフィードに送信される投稿の数として知られています。 特定の要件がある場合は、増減することができます。 今は最大個数に対する制限事項はないようですが、過去には50個まで可能に制限されたという文がありますね。 個数を大きくしすぎると、タイムアウトなどの致命的なエラーが発生する可能性があるという内容がありますね。 私はデフォルト値をそのままにしています。 ティーストーリーブログの場合、最大50まで設定が可能です。

      応答
  3. 良い文章ありがとうございます!

    GoogleでRSS関連の検索をしたら、ワードクラッカーさんの文が餅!し表示ですね(笑)

    ワードクラッカーの「落書き帳」カテゴリの投稿をRSSフィードに追加しました!
    もしかしたら、不要アンウシミョンすぐに削除するようにします

    応答
    • 共有はいつでも歓迎です。

      今猛暑が残り少ないようです。 先週南部地方に行ってきたが、そこの温度が40度を行き来入っニュースもよく言及されるところでした。 おそらく数ヶ月後には、寒くて死にそうだという声があちこちで出ないかと考えますね。(笑)

      応答