WordPress WP Statisticsプラグインショートコード

Last Updated:2022年09月14日| | コメントを残す

WordPress WP Statisticsプラグインが提供するショートコードをまとめました。 ショートコードを使用して、今日の訪問者数、昨日の訪問者数、総訪問者数などを好きな場所に表示できます。

WordPress 訪問者統計プラグイン WP Statistics

WP Statisticsは通知パネルでさまざまな訪問者統計を確認できます WordPress 統計プラグインです。 このプラグインは現在60万を超える WordPress サイトで使用されており、ユーザーの評価は5.0満点で4.1とあまり良い方ではありません。

私のブログでは、最初にこのプラグインを使用したことがあります。 プラグインの性質上、サイトの速度に多少の影響を与える可能性があります。 このプラグインは マルチサイトでは正常に動作しません。

このプラグインをインストールすると、 ルックス » ウィジェットから 統計 ウィジェットが提供されます。 このウィジェットを使用して、さまざまな訪問者統計をサイドバーなどに表示できます。

WordPress WP Statisticsプラグインショートコード - 統計ウィジェット

サイドバーやフッターなど、ウィジェット領域以外の場所に訪問者の統計情報を表示したい場合は、以下に示すショートコードを利用できます。

WordPress WP Statisticsプラグインが提供するショートコード

WP Statisticsは、記事やページの本文に使用したり、HTMLウィジェットでも使用できるショートコードをサポートしています。

一般的なショートコード形式は次のとおりです。

[wpstatistics stat=xxx time=xxxx provider=xxxx format=xxxxxx id=xxx]

ここで...

アイテム설명
STAT希望の統計。 利用可能なオプションについては、下の表を参照してください。
時間統計のタイムフレーム(時間期間)。 この値は strtotime() PHP関数 形式を使用します。 次の値が含まれます。

- 今日
- yesterday
- week
- 月
- year
- 合計
- 「-x」(例:「-10」:過去10日)

完全な説明については、上記のPHPマニュアルリンクを参照してください。
プロバイダー(ask/bing/clearch/duckduckgo/google/yahoo/yandex)から統計情報を取得する検索プロバイダ
形式でアーカイブしたプロジェクトを保存します.数値フォーマット。 オプションはi18n(WordPressで設定されている現在の国のフォーマットを使用)、English(1,000.00スタイルフォーマットを使用)、またはnone(デフォルトはフォーマットなしのn数を返します)です。
Id統計を取得するページ/ポストID。 ページ訪問数にのみ使用されます。

「stat」フィールドは次の値になります。

Stat설명
usersonline現在のオンラインユーザー数
訪問サイトヒット数
訪問者サイト訪問者数
pagevisits現在のページ訪問数
検索検索エンジンから流入したトラフィック(Referral)
postcountサイトの全文数
ページ数サイトの全ページ数
commentcountサイト全体のコメント数
spamcountサイト全体のスパムコメント数
usercountサイトの全ユーザー数
postaverageサイトのユーザーあたりの平均投稿数
commentaverageサイトのユーザーあたりの平均コメント数
useraverageサイトのユーザー平均数
lpdサイトの最近の投稿日

例示

[wpstatistics stat=usersonline]
[wpstatistics stat=visitors time=today]
[wpstatistics stat=visits time=today]
[wpstatistics stat=visitors time=yesterday]
[wpstatistics stat=visits time=yesterday]
[wpstatistics stat=visitors time=total]
[wpstatistics stat=visits time=total]

出典:WP Statistics Shortcodes ドキュメント

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy