WordPress Neveテーマフッター著作権フレーズを変更する(「Powered by WordPress「削除)

Last Updated:2023年7月17日| | コメントを残す

一般的に、 WordPress 有料テーマでは、フッターの著作権フレーズを変更するテーマオプションを提供しますが、無料テーマでは提供されないことがよくあります。 この記事では、Neveテーマの無料版でフッターコピーライトのフレーズ「Neve | Powered by WordPress「削除または変更する方法を見てみましょう。

WordPress Neveテーマフッター著作権フレーズを変更する

フッターコピーライトのテキストを変更するさまざまな方法があります。 例えば、 チャイルドテーマを作成してテーマファイル(footer.phpなど)を直接編集して、サイトの下部の著作権を削除または変更できます。

まず、フッターコピーライトのフレーズを変更できるフックがあることを確認してください。

Neveテーマの場合、フッタービルダーを使用してフッターを作成し、「Neve | Powered by WordPress「部分はCSSを使用して隠すことができます。

Neveの無料版でもFooter Builderを提供しますが、提供される要素は Neve 有料版に比べて制限的です。

Neve無料版対。 プロバージョンの比較(要約)

以下は、Neve Free バージョンと Neve Pro バージョンの一部の機能を比較した表です。 プロバージョンの全機能は Neveテーマサイトを参照してください。

Neve 無料ニーヴ・プロ
ヘッダー/フッタービルダー
ページビルダーの互換性
ヘッダーブースター
ページヘッダービルダー
カスタムレイアウト
ブログブースター
エレメントブースター
WooCommerce ブースター
LifterLMSブースター
Typekit(Adobe) フォント
White Label (ホワイトラベル)
上にスクロール

Neveテーマフッター著作権フレーズの変更方法

いくつかの方法がありますが、ここではNeveテーマが提供するフッタビルダーを使用してフッタ領域を作成し、既存の「Neve | Powered by WordPress「フレーズを隠す方法を使って、Neveテーマのフッターの著作権フレーズを変更してみましょう。

  1. フッタービルダーのフッター領域を配置します。
  2. フッタ領域に新しい著作権フレーズを追加します(例:段落ブロックや画像ブロック、カスタムHTMLブロックなどを使用)。
  3. CSSを使って「Neve | Powered by WordPress「フレーズを隠します。

まず、 WordPress お知らせ»外観»カスタマイズ»フッターに移動します。 これにより、Footer Builder(フータービルダー)が表示されます。

WordPress Neveテーマフッター著作権フレーズを変更する

無料版では、上の図に示すように、Footer Top、Footer Main、Footer Bottomを設定することができます。

ここでは、 フッター下部にフッター著作権フレーズの代わりに表示するテキストや画像、その他の要素(Googleマップなど)を追加します。

Footer Bottom をクリックして Footer Bottom のレイアウトとスタイルを指定します。 レイアウト タブで、列数を選択します。

WordPress Neveテーマをカスタマイズする

스타일 タブでは、高さ、境界線の幅、境界線の色、テキストの色、背景色などを指定できます。

WordPress Neveテーマフッター著作権フレーズを変更する(「Powered by WordPress「削除)4

もう一度フータービルダーに戻り、フーターボトムにフッター1〜フッター4やフッターメニューなどの要素の1つをドラッグアンドドロップします。 図では、フッター1をフーターボトムに配置した。 さまざまな要素を別のフッタ領域(Footer Topなど)に追加できます。

WordPress Neveテーマフッター著作権フレーズを変更する(「Powered by WordPress「削除)5

フッター1を上の図のように配置した場合ドプレスマネージャーページ » ルックス » ウィジェットに移動して、フッタ1領域に目的のウィジェットを配置できます。

または、上の図のように歯車のアイコン(設定アイコン)をクリックすると、ウィジェットページに移動することなくウィジェットを追加できます。 この方法は簡単ですが、精巧にウィジェットブロックを追加するには制約がありますので、可能であればウィジェットページに移動し、フッター1領域(あるいは他のフッター領域を指定した場合は、そのフッター領域)にブロックなどを追加して必要に応じて飾ってください。

WordPress Neveテーマフッター著作権フレーズを変更する(「Powered by WordPress「削除)6

私はテスト目的で既存のフッターコピーライターフレーズを置き換えるテキストを カスタムHTMLで追加してみました。 (ルックス » ウィジェットからフッター1領域に段落ブロックや画像ブロックなど、目的のブロックにフッター領域を作成してください。

<p style="text-align: center; color: #ffffff; margin: 10px;">Copyright© 2022. 서울특별시 중구 세종대로 110</p>

その後、上記のように基本的な著作権フレーズ(「Neve | Powered by WordPress")の上にフッター1領域が表示されます。

今「Neve | Powered by WordPress「部分をCSSで削除します。CSSで簡単に削除できます。例:

/* WordPress Neve 테마 Neve | Powered by WordPress 제거하기 */
/* Remove Neve theme's footer copyright text "Neve | Powered by WordPress" */

.footer--row .hfg-slot .builder-item:last-child {
    display: none;
}

上記のコードを ルックス » カスタマイズ » 追加 CSS セクションに追加します。 基本的なCSSを知ることで、簡単に好きなようにスタイルを設定できます(」WordPressにCSSを適用する方法[基本]"参照)。

参照


コメントを残す

コメント