ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[WordPress]画像の添付ファイルのページを無効にする

Last Updated:2016年9月18日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

はじめ

数日前に、クライアントから任意の文(ページ)を削除しようとするページを見つけることができないからではなく、削除してほしいという要請を受けました。 ところが、クライアントが提供されたページのURLをブラウザに入れてエンターを打つと特異現象が現れました。

例えば、 www.example.com/?p=123を入力したら www.example.com/?attachment_id=123のようなURLに移動しながら、図かが表示されました。 なぜそうなのか、しばらく考えて attachment_id 部分と関連しているようで少し調べてみると、そのURLは、特定の文に含まれている 画像添付ファイルのページでした。

ひょっとして、他の WordPress サイトから画像IDを確認して www.example.com/?p=添付ファイルIDをブラウザに入力してみると似たような現象が現れました。 ただし 固有のアドレスを設定に応じて、画像の添付ファイルのページのURLの形式が変わりました。

いくつかの記事によると、画像の添付ファイルのページが有効になると、Googleでそのイメージが検出された場合、ユーザーが訪問しただけでいく確率が高くなって直帰率(Bounce Rate)が高くなることができるとね。 したがって、この場合、画像の添付ファイルのページがGoogleでインデックスしないようにリダイレクトさせてくれるのが良さそうです。 つまり、画像の添付ファイルのページのURLを、その画像が含まれている親記事(上位記事; parent post)にリダイレクトすることができます。

Yoast SEOで添付ファイルURLのリダイレクトさせる

いくつかの方法がありますが、Yoast SEOをインストールした場合Yoast SEOで、この機能を提供するため、簡単に設定が可能です。

SEO> Advanced> Permalinksから Change URLs 下を見ると 「Redirect attachment URLs to parent post URL(添付ファイルのURLを親ポストURLにリダイレクト)」というオプションがあります。

Yoast-SEO-Redirect-attachment-URL

上記のような図で示されている部分のオプションを "リダイレクト"でソルジョンしてくれるようです。

プラグインを使用する

第二の方法でプラグインを使用して、添付ファイルページのURLをリダイレクトすることができます。 この機能をプラグインとして 添付ファイルリダイレクトページというプラグインがあります。

image.phpファイルを作成、添付ファイルページのURLをリダイレクトさせる

プラグインを使用する方法を好むしていない場合は、現在使用中の WordPress テーマフォルダ(例: / public_html / wp-content / themes /テーマ名/)に image.php ファイルを作成し、次のコードを追加するようにします。 (既にこのファイルがある場合は、そのファイルを使用します。)

<?php wp_redirect(get_permalink($post->post_parent)); ?>

これで、画像添付ファイルのページのURLが添付ファイルが含まれている親グローバル移動します。 現在、このブログに、この方法を使用しているうまく機能ですね。 このタスクを実行するには、FTPに接続する必要があります(「FTPを使用する"参照)。



コメントを残す

コメント