WordPress メディアライブラリに画像が表示されない問題(画像エクバク)を解決する

0

WordPress サイトを移転し、又はPHPのバージョンを変更した後で、または特別な理由なしに突然、メディアライブラリから画像がエクバクに表示される問題が発生する場合がまれですがあります。

WordPress メディアライブラリの画像エクバク現象

上の図は、 WordPress マルチサイトを別のWebホスティングに移転した後、画像が壊れているように表示されることを示しています。

このような問題が発生すると、次のような措置を講じ、問題が解決するか確認してください。

ファイルパーミッションの問題

uploadsフォルダのパーミッション(権限)が変更され、この問題が発生する可能性があります。 画像のアップロードフォルダのアクセス権を644や755に変更するようです。

パーミッションを変更するには、ファイルBugzillaのようなFTPクライアントを使用してFTPに接続した後、 / wp-content フォルダに移動します。

FTPフォルダのファイルのアクセス許可の変更

アップロード フォルダを選択し、マウスの右ボタンをクリックし、「ファイルのアクセス権」を選択します。 (FTPクライアントによって実際のメニューは少し異なる場合があります。)

ファイルBugzillaの - ファイルのプロパティを変更する - パーミッションの変更

ファイルBugzillaの(FileZilla)の場合 ファイルのプロパティを変更する ウィンドウが表示されます。 パーミッションを644または755に設定します。 通常755に設定すると無難です。

画像ホットリンク保護を無効に

画像ホットリンク(画像リンク無断参照)の保護を設定した場合に予期せず画像がエクバクに表示されている問題が発生する可能性があります。

「画像ホットリンク」とは、サイト運営者の許可なしに画像のリンクをそのまま取って使用することを意味し、画像を盗用するだけではなく、そのイメージがロードされるたびに、元のサイトのトラフィックにつながるという点で非常に望ましくありません。 このような問題を回避するために、画像のホットリンク保護の設定をして、認証されていないサイトからの画像へのリンクをロードする場合エクバクに表示されるようにすることができます。

画像ホットリンク保護は.htaccessファイルにコードを追加するか、 Bluehost などcPanelをサポートするWebホスティングでは、cPanelの HotLink Protectionツールを使用して設定することができます。

画像ホットリンク保護ツール
BluehostのHotLink Protectionツール

画像ホットリンク保護の設定をした場合は、ドメインのアドレスを変更したり、その他の理由のサイトのイメージが意図せず文字化けすることができます。

この場合、画像のホットリンク保護の設定を無効にすると、問題が解決されます。 .htaccessファイルからコードを削除するか、cPanelのHotLink Protectionの設定を無効にするようにします。

イメージ名にハングルが含まれている場合、

韓国の一部のWebホスティングでは、PHPのバージョンに変更を要求すると、手動で変更できます。 サーバーを移しサイトを復元する過程を経ることができます。 この過程で、ハングルの名前が含まれているイメージファイルの名前が破損することがあります。

したがって、なるべくハングルをイメージファイル名に使用しない方が安全です。 画像のURLをブラウザのアドレスフィールドに入力したときに404エラーが発生した場合、まずFTPに接続して、画像ファイルが存在するか、イメージファイルの名前が文字化けし見えるかどうかをチェックしてください。

画像ファイル名にハングルが含まれて、ファイル名が文字化けし示せば、バックアップに含まれている画像ファイル名も壊れたことを確認するようにします。 バックアップからハングルが含まれているイメージファイルの名前が正常に表示される場合、FTPを介して画像ファイルを再度アップロードすると、問題が解決されています。

サムネイル再作成

場合にダラ文を新たに作成し、画像をアップロードしてみると、イメージが表示されませんが、画像のサイズをチェックしてみると横の長さと縦の長さがそれぞれ1pxに設定することができます。 このような現象が発生すると、 Regenerate Thumbnailsプラグインを使用して、サムネイルを再生成してくれれば、問題が解決されます。

メモ:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください