ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress サイドバープラグイン Content Aware Sidebars

Last Updated:2022年2月16日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトでページやカテゴリ、文などによって異なるサイドバーを表示したい場合があります。 Avada, Newspaper など一部のテーマでは、ページごとに異なるサイドバーを指定するオプションを提供しています。 このようなオプションがないテーマの場合は、Content Aware Sidebarsなど WordPress サイドバープラグインを使用できます。

WordPress サイドバープラグイン Content Aware Sidebars

WordPress サイドバープラグイン Content Aware Sidebars

コンテンツ対応のサイドバーは速くて強力です WordPress サイトバープラグインでカスタムウィジェットを簡単に作成できます。

ページごとに異なるサイドバーを表示できるプラグインで カスタムサイドバーが多く使われています。 Content Aware Sidebarsは GeneratePress テーマ 開発者が推奨するプラグインで、サイトの読み込み速度に影響が少ない軽いプラグインです。

軽いウィジェットエリアプラグイン Content Aware Sidebarsの使い方

プラグイン]> [新規追加で「Content Aware Sidebars」を検索して、この無料のプラグインをインストールして有効にすることができます。

プラグインを有効にした場合 WordPress 管理者ページ > Content Aware > フルサイドバーに行き、追加する”ボタンをクリックして新しいサイドバー(ウィジェット領域)を作成できます。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用

新しいサイドバー作成画面が表示されます。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用 - 新しいサイドバーの作成

空欄にサイドバーの名前を入力します。 それから の賃貸条件 タブでこのサイドバーを表示する場所を指定します。

Conditions タブ

の賃貸条件 タブでサイドバーの表示条件を指定できます。 指定方法として1) New condition group(新規条件グループ)をクリックしてサイドバーを表示する場所を指定するか、2) Quick Add(クイック追加)下の Blog, 著者による投稿, Posts in Category などを選択できます。

New condition groupをクリックしてサイドバーを表示する場所を指定します。 条件を指定したら、別の条件を追加して複数の条件を入力することができます。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用 - 表示条件の付与

一般、Post Types(ポストタイプ)、Taxonomies(分類)に分かれています。 たとえば、特定のページに表示したい場合 Post Types > ページを選択します。 特定のカテゴリに表示したい場合 Taxonomies > カテゴリを選択します。

ページを選択すると、 すべてのページにデフォルトで適用されますが、「すべてのページ」と表示されているフィールドをクリックして特定のページを選択できます。

特定のページに別のサイドバーを表示する

特定のページを指定する場合は、複数のページを選択できます。

WordPress Content Aware Sidebarsプラグインの使用 - 新しいサイドバーを配置する場所を指定する

条件を指定したら、次の条件を続けて指定できます。

アクションタブ

アクション タブでは、サイドバーを表示する方法を指定します。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用 - Action タブ

How to display (表示方法) 下の アクションで目的のアクションを選択します。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用 - サイドバーの動作の指定

いくつかのオプションがあります。

  • 置換する(Replace)
  • 合体(Merge)
  • 強制的に置き換える(Force replace)
  • ショートコード (shortcode)

以外のInfuse、After Paragraph、Totem – Floating Buttonなどは、Proバージョンでのみサポートされています。

交換するを選択してテストすると、ターゲットサイドバー(Target Sidebar)の代わりに新しく指定したサイドバーが表示されました。 合わせる(マージ)を選び、 ポジションマージ位置を「「と指定すると、ターゲットサイドバーの上に新しく指定したサイドバーが表示されました。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用 - サイドバーの統合 (マージ)

ターゲットサイドバーを削除して新しいサイドバーを表示したい場合は「置き換える」、ターゲットサイドバーを置いた状態で新しいサイドバーをターゲットサイドバーの上または下に配置する場合は、「合わせる」を選択することができます。

ショートを選択すると、ショートコードが表示されます。 そのショートコードをコピーして目的の場所に挿入するだけです。

Flatsomeテーマを含むいくつかのテーマでテストしてみるとうまくいきました。 テーマによってはうまく動作しない場合があります。

その他のタブ

  • デザイン タブは通常触れる必要はありませんが、必要に応じてデザインオプションを指定したい場合は、このタブでオプションを指定してください。
  • スケジュール タブでは、そのサイドバーを表示する期間をスケジュールできます。
  • オプション タブでは、複数のサイドバーを配置する場合 順序を指定することができます。

サイドバーの設定

サイドバーを作成した場合 ルックス>ウィジェットに移動すると、新しく作成したサイドバー(ウィジェット領域)が表示されます。 そのサイドバーに表示するウィジェットを追加できます。

WordPress Content Aware Sidebars プラグインの使用 - 新しいサイドバーウィジェット領域

最後に、

以上で WordPress サイドバープラグインContent Aware Sidebarsの使い方を簡単に見てみました。

ページやカテゴリ、 WooCommerce ストアページなどに別のサイドバーを表示したい場合は、このプラグインを使用できます。 このプラグインがうまく動作しない場合 カスタムサイドバー 他のサイドバープラグインをインストールしてテストしてください。

他にも ウィジェットロジックのようなプラグインがあります。 このプラグインは各ウィジェットに対して条件を付与することができ、追加のサイドバー作成が不要な利点がありますが、このプラグインは3年以上更新ができず、事実上放置されているので使用しないことをお勧めします。

参照



コメントを残す

コメント