WordPress サイトを手動で移行する方法[動画]

0

ワードプレスのサイトを別のWebホスティングサーバーに移行する場合はDuplicatorやAll-in-One WP Migrationのようなプラグインを使用すると、非常に便利です。 しかし、プラグインを使用した方法には限界があります。 移行するWebホスティングサーバと移転対象のWebホスティングサーバーのいずれかでエラーが発生したり、データやDBが大きすぎる場合、プラグインを使用した移行が失敗することがあります。

そのような場合、手動でサイトを移行する必要があります。 手動でサイトを移転する方法をブロググロー少ないに内容が膨大で動画で一つ作ってみました。 専門の動画編集プログラムを使用せずに、動画キャプチャプログラムで動画を作成し、音声はTTS音声に置き換えました。

動画では、カフェ24でブルーホスト Bluehostに移転する過程を例に挙げて説明しました。 原理を理解すれば、自由にアプリケーションが可能になります。

基本的には、データとDBを新しいサーバーに移転し、アドレスを変更してくれればされます。 以前の成功率を高めるために、以前の全環境と移転後の環境を同様に合わせてくれることが望ましい。 可能な場合は、最新のPHPのバージョンと最新のワードプレスのバージョンを使用することをお勧めします。

プラグインで、以前に失敗した場合、有料で、以前のを任せず、上記の動画で説明する方法に応じて、手動で前を試すことができます。 作業を進める前に、徹底的にバックアップをして、PCやクラウドに保存してください。

参考に安価にまともなリソースのウェブホスティングを利用したい場合、海外ホスティングの一つであるブルーホスト(Bluehost)の共有ホスティング商品を考慮してみることができます。 ブルーホストは、数年前まで不安面があり評価があまり良くなかったが、ここ数年の間にパフォーマンスと信頼性が大幅に改善されたようです。 そして、PHPのバージョンも最新のバージョンが7.3までサポートされ、SSLセキュアサーバー証明書も無料で提供しています。 訪問者数が多かったり、より信頼性の高いサービスをご希望の場合 Bluehost VPSはより適しています。 (現在このブログはブルーのVPSのホストで運営されています。)

安価なWebホスティングサービス - ブルーホスト

このリンクをクリックして、ブルーホスト共有ホスティングに加入すると、月に1ドルが割引された月に2.95ドルからサービスを利用することができます。 リンクをクリックして、Webホスティングに加入すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのためだけに特定のサービスをお勧めしません。 実際に長い間多くのウェブホスティングサービスを利用しており、次の文では、ブルーホストとサイトグラウンドなどの海外ホスティングの長所と短所を説明しているので参考にしてみてください。

ワードプレスのサイト前の時に問題が発生したり、ご質問がある場合はコメントでお知らせください。

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください