WordPress サイトの速度を低下させず AdSense 広告を追加する方法

0

サイトにGoogle AdSenseの広告を追加すると、サイトの速度が遅くなります。 サイトの速度が遅い場合、AdSense広告を減らすか、または除去することを考慮してみることができます。

どなたモールにAdSense広告を入れることを見たことがありますが。 あまり望ましくない選択です。 ショッピングモールは、特にサイトの速度が売上に与える影響が大きく、AdSenseの広告で得る収益は、文字通り小銭に過ぎないでしょう。

最近になって ニュースペーパー(Newspaper) など、いくつかの雑誌のテーマでサイトの速度に影響を少なく抑えながらAdSenseの広告を効果的にロードする方法を適用することです。

サイトの速度に影響を与えずにAdSense広告を追加する方法

AdSenseアカウントのサイトで広告ユニットを作成し、直接サイトに適用する場合、通常、次のような形式でテーマファイル(例えば、 header.phpの, single.php または content.php など)に追加します。

ワードプレスのサイトにAdSense広告を追加する

このように、複数のAdSenseの広告を任意の場所に追加することができます。 簡単ですが、このように広告を追加するよりも下で紹介する方法でGoogle AdSenseの広告を追加することがサイトの読み込み速度を減らすのに役立ちます。

※この記事では、 How to add Adsense to WordPress website without slowing it down?と文で提示する方法を参照していました。 広告を個別に追加する場合とは、以下の方法で広告を追加する際にサイトの速度を比較して、より効果的な方法を選択してください。

Google AdSenseの広告コードを見ると、大きく3つの部分に分けられます。

ワードプレスには、Google AdSenseの広告を追加する

段階1。 AdSenseのスクリプトをロードする

テーマの wp_enqueue_scripts ワードプレスのフックを使用して関数ファイル(のfunctions.php)に次のスクリプトを追加するようにします。 チャイルドテーマ(子テーマ)を作成作業が必要テーマが更新されても追加点が消えません。

function correct_enqueue(){wp_enqueue_script(「adsense」、「//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js '、false); } add_action(「wp_enqueue_scripts '、' correct_enqueue ');

段階2。 HTMLパートを追加する

HTMLパートをテーマファイルやウィジェットや好きな場所(例えば、 single.php)に挿入するようにします。

Google AdSenseの広告バナーコード -  HTMLパート

段階3。 アドセンスプッシュ(Adsense Push)パートを追加する

次のJavaScriptの(Javascript)を多摩のjsファイルに追加するようにします。

(Adsbygoogle = window.adsbygoogle | | [])プッシュ({});

1ページに複数のAdSense広告のブロックを処理する場合は、

これで、各ページがロードされるたびに、Adsenseスクリプト(パート1)がロードされます。 したがって、再び追加する必要がありません。

HTMLスニペット(パート2)を広告が表示する場所に配置するようにします。

現在のページに広告ブロック数のアドセンスプッシュパート(パート3)を追加する必要があります。 動的に配置するために、次のjQueryの関数を使用することができます。

jQuery(function($){$( "。adsbygoogle")。each(function(){(adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])。push({});})});

プラグインを使用してAdSenseの広告を遅延させる

上記の方法を適用することは容易場合、プラグインを使用する方法を考慮してみることができます。 このような機能をプラグインとしてAdvanced Ads Proというものがあります。

  • https://wpadvancedads.com/add-ons/advanced-ads-pro/

このプラグインは、有料ですが、ページの速度のためにLazy Load機能を提供して詐欺クリック防止機能も搭載されていると紹介していますね。

おわりに

グーグルでは、AdSenseの広告を、適切な方法で配置することを勧告しながらも、広告を配置していないことではなく、速度が遅くなると述べています。 (当然のね。)

AdSenseの広告を配置する場合は、広告数に応じたサイトの速度を評価して、速度とAdSenseの広告収益を最大化することができる広告数を決定すればよいようです。 収益型ブログを運営する場合は、このブログに現在適用されている ニュースペーパー 同じマガジンのテーマを使用すると、より簡単かつ効果的に広告を配置することができます。

ちなみにこのブログの場合は、PCは、個々の文のコンテンツの上に小さな広告だけ表示しており、モバイルでは、自動広告機能を使用しています。 モバイルでは、自動広告機能をうまく活用すれば、収益を向上させるのに役立つことができます。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください