WordPressで404エラーを発生させる文/ページを確認する

Last Updated:2017年05月02日| | 2のコメント

Googleのウェブマスターツールでサイトの404エラー(404 Error)が発生したページを確認することができます。 Googleのウェブマスターツールにログインし、そのサイトを選択して、 クロール>クロールエラーでURLエラーを確認できます。

Googleのウェブマスターツールで404エラーリストのチェック
Googleのウェブマスターツール(Google Webmaster Tools)で404エラーリストのチェック

これらのリストを確認してSEOの改善のための措置をとることができます。 もし404エラーを発生させる文やページが削除された場合には、時間が経過すると、その記事/ページがGoogleの検索から削除されます。

404エラーが発生したページ/記事の詳細情報が必要な場合は、セキュリティプラグインで提供される機能を使用するか、別のプラグインを利用することができます。

iTheme■ Security が提供する 404 エラーログ機能

セキュリティ強化のため、昨日 WordPress セキュリティプラグインのXNUMXつであるiThemes Securityをこのブログにインストールしました(」WordPress セキュリティプラグインiTheme■セキュリティ"). このプラグインは、404エラーを引き起こすパスを記録して表示する機能を提供します。Theme■ Security をインストールした場合 Security> Logsで確認が可能です。

Logs セクションには、次の XNUMX つのデータが表示されます。

  1. Invalid Login Attempts(無効なログインの試み)
  2. 404 Errors Found(404エラー)
  3. Malware Scan(マルウェアのスキャン)

このブログでは、特定のIPのみログインが可能になるように設定したためかInvalid Login Attempts項目は全くありませんが本当の多くの404 Errors Foundが表示なりますね。

よく見ると、以前に削除されたページ/文に接続しようとする場合もあるが、ほとんどは、セキュリティの脆弱性を狙うか、何か意図を持ってアクセスしようとするかのように見えます。 例えば:

404エラーリスト

上の図は、ウクライナのXNUMXつのIPからこのブログにインストールされていないプラグインの特定のphpファイルを実行しようとしているようです。 (個人的な推測は、セキュリティに問題があるプラグインをインストールしたサイトを狙うのではないかと思います。)Theme■ Security からメールでお知らせします。 これにより、問題のIPをブロックすることができます。

そして、404のリストを使用して、以前に削除され、もはや無効文/ページをチェックして、適切な措置をとることができます。 たとえば、削除されたページが他のサイトからリンクされていることを確認した場合、URLを変更してくれることを要請することができます。 または、文が更新された場合、リダイレクトさせてくれることもあるでしょう。

404エラーのリストを確認して、セキュリティを強化してSEOを向上させるためにどのような措置を取らなければかどうか心配してみるのもいいようです。

404 Error Loggerプラグイン

iTheme■セキュリティなど、包括的なセキュリティ関連の機能を提供するプラグインは重いです。 包括的なセキュリティを強化するためには、このようなプラグインが役に立ちます。 しかし、404エラーのみを記録する機能が必要な場合 404 Error Loggerのようなプラグインを使用することができます。

このプラグインを使用して、壊れたリンクや不足しているコンテンツを追跡することができます。 IPアドレス、ユーザーエージェント、Referrer(リファラ)などの追加情報も必要に応じて記録することができます。

メモ:


2のコメント

コメント

    • こんにちは?

      通常特別な措置を取らなくても、時間が経てば、検索結果から消えます。
      すぐに消えるようにするには、削除をリクエストしてください。

      グーグル: https://www.google.com/webmasters/tools/removals
      Naverは Naver ウェブマスターツールにアクセスすると、削除要請するメニューがあります。

      応答
割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy