WordPressで404エラーを発生させる文/ページを確認する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Googleのウェブマスターツールでサイトの404エラー(404 Error)が発生したページを確認することができます。 Googleのウェブマスターツールにログインし、そのサイトを選択して、 クロール>クロールエラーでURLエラーチェックが可能です。

Googleのウェブマスターツールで404エラーリストのチェック
Googleのウェブマスターツール(Google Webmaster Tools)で404エラーリストのチェック

これらのリストを確認してSEOの改善のための措置をとることができます。 もし404エラーを発生させる文やページが削除された場合には、時間が経過すると、その記事/ページがGoogleの検索から削除されます。

404エラーを発生させるページ/記事の詳細情報が必要な場合は、セキュリティプラグインで提供される機能を使用するか、別のプラグインを利用することができます。

iThemes Securityで提供される404エラーログ機能

セキュリティ強化のために、昨日のワードプレスのセキュリティプラグインのいずれかであるiThemes Securityをこのブログに設置しました( "ワードプレスのセキュリティプラグインiThemes Security")。このプラグインでは、404エラーを発生させるパスを記録して表示する機能を提供します。iThemes Securityをインストールした場合 Security> Logsで確認が可能です。

Logsセクションには、次の3つのデータが表示されます。

  1. Invalid Login Attempts(無効なログインの試み)
  2. 404 Errors Found(404エラー)
  3. Malware Scan(マルウェアのスキャン)

このブログでは、特定のIPのみログインが可能になるように設定したためかInvalid Login Attempts項目は全くありませんが本当の多くの404 Errors Foundが表示なりますね。

よく見ると、以前に削除されたページ/文に接続しようとする場合もあるが、ほとんどは、セキュリティの脆弱性を狙うか、何か意図を持ってアクセスしようとするかのように見えます。 例えば:

404エラーリスト

上の図では、ウクライナのIPで、このブログにインストールされていないプラグインの特定のphpファイルを実行させるためにしようとするかのように見えます。 (個人的な推測では、セキュリティに問題があるプラグインをインストールしたサイトを狙うのがないかと思います。)連続的にずっとこんな試みが行われると、そのIPをブロックできるようにiThemes Securityからの電子メールで通知します。 その後、問題のIPアドレスを遮断措置することができます。

そして404エラーリストを介して、以前に削除され、もはや無効文/ページをチェックして、適切な措置をとることができます。 たとえば、削除されたページが他のサイトからリンクされていることを確認した場合、URLを変更してくれることを要請することができます。 または、文が更新された場合、リダイレクトさせてくれることもあるでしょう。

404エラーリストを確認して、セキュリティを強化してSEOを向上させるためにどのような措置を取らなければかどうか心配してみるのもいいようです。

404 Error Loggerプラグイン

iThemes Securityのように総合的なセキュリティ関連の機能を提供するプラグインは、重いです。 総合的なセキュリティ強化のためには、このようなプラグインが便利そうです。 しかし、404エラーのみ記録する機能が必要な場合には、 404 Error Loggerのようなプラグインを使用することができます。

このプラグインを使用して、壊れたリンクや不足しているコンテンツを追跡することができます。 IPアドレス、ユーザーエージェント、Referrer(リファラ)などの追加情報も必要に応じて記録することができます。

注:



2のコメント

  1. 作成した文章を削除したり、非公開に変え、私後にGoogleや Naverに特別な操作する必要はありませんか?

    応答
    • こんにちは?

      通常特別な措置を取らなくても、時間が経てば、検索結果から消えます。
      すぐに消えるには、削除要求をください。

      グーグル: https://www.google.com/webmasters/tools/removals
      Naverは Naver ウェブマスターツールにアクセスすると、削除要請するメニューがあります。

      応答