ワードプレスのサイトからの訪問者や顧客からの問い合わせを受けようとする場合、Contact Form 7、WPForms、 Quform、Gravity Formsなど、様々な無料と有料のコンタクトフォームのプラグインを利用することができます。 ディビ, Enfold など、いくつかのテーマは、ページビルダーで独自のコンタクトフォーム要素を提供しています。

ワードプレスの円マニホールドのテーマコンタクトフォーム
Enfold テーマのコンタクトフォーム例示

テーマで提供されるコンタクトフォームの機能は、コンタクトフォーム専用のプラグインに比べて機能が制限されており、機能を拡張することは容易ではないが、プラグインに依存せずに手軽にお問い合わせを受けようとする場合に便利に利用することができます。

円フォールドテーマで提供されるContact Form機能を使用してお問い合わせフォームを作成する場合は、ユーザーがお問い合わせフォームを送信すると「送信者」メールアドレスにお問い合わせ提出者が入力した電子メールアドレスが表示されます。

円フォールドテーマコンタクトフォームお問い合わせ - 送信者の電子メールアドレス
Enfold テーマのコンタクトフォームを使用して、訪問者が問い合わせを送信すると、「差出人」メールアドレスへの訪問者が入力したメールアドレスが表示される。

この場合は、Webホスティングサーバーに応じて、メールが正しく送信されないことがあります。 そして送信されたメールに「このメールは、[gmail.com]を介して送信されたメールはありません」のような警告が表示されることがあります。

お問い合わせメールの受信成功率を上げるには 「送信者」の電子メールアドレスをそのサイトのドメイン名にされたメールアドレスに指定することが望ましい。 (このアドレスを、実際にないアドレスでも構いません。)この問題は、次の文を参照してみてください。

Enfold コンタクトフォームを利用する場合は、次のようなコードをテーマ関数ファイルに追加して「送信者」メールアドレスを変更することができます。 (必ずチャイルドテーマを作成作業してください。)

// Change the From email address in messages sent from Enfold contact form //円フォールドコンタクトフォームから送信者のメールアドレスを変更するadd_filter( 'avf_form_from'、 'avf_form_from_mod」、10、3); function avf_form_from_mod($ from、$ new_post、$ form_params){$ from = "admin@example.com"; return $ from; }

admin@example.com部分をサイトのドメイン名にされたメールアドレスに変更してください。 たとえば、サイトのアドレスがwww.wordcracker.comある場合john@wordcracker.comよう変更することができます。 このメールアドレスは、実際に存在していなくても関係なく、重要なのは電子メールのドメインが、そのサイトのドメイン名であるという点です。

テストしてみると「差出人」メールアドレスは、上記のコードでは、指定したメールアドレスに表示されます。 ネイバーメールで受信する場合には、今は 'このメールは、[gmail.com]を介して送信されたメールがありません。 送信者のアドレスは、実際の送信アドレスとは異なる場合がありますのでご注意ください」の警告が表示されないことです。

それでもお問い合わせメールが配信されない場合 Email Logプラグインを設置して、メールのログを確認してください。 そして、Webホスティング会社にこの問題を提起すると、問題を解決してくれることもあります。 参考までに 無料ホスティングを利用する場合には、メール送信機能が提供されず、Mail SMTPプラグインを使用しても正常にメールが送信されない場合があります。

Gmailのアドレスのみメールが送信されない場合には、Gmailの側のスパムポリシーによって送信サーバーアイピーがブロックされている問題に対応することができますので、この問題が発生した場合、Webホスティング会社を介して問題を解決してください。

注:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください