特定のページのエレメント(Elementor) 無効にする

Last Updated:2024年06月09日| | コメントを残す

WordPress エレメント(Elementor)ページビルダーを使用すると、コーディングの知識がなくても簡単に目的のデザインのサイトを作成できるという利点があります。しかし、 Avada(Avada)ナ Newspaper(Newspaper)など独自のページビルダーを使用するテーマでは、エレメントをインストールして使用するとエラーが発生したり、サイトが遅くなる恐れがあるため、2つ以上のページビルダーを一緒に使用することはお勧めできません。

避けられない状況で、エレメントを他のページビルダーと一緒に使用することがあります。そのような場合、エレメント以外のページビルダーで作成されたページでエレメントが原因でエラーが発生した場合は、特定のページで Elementorを無効にすることができます。

特定のページのエレメント(Elementor) 無効にする

世界中のCMS使用量から WordPress シェアが30%以上を超えるとき WordPress ユーザーがこれ以上増加しないという見通しがありました。しかし、予想とは異なり、エレメンタのおかげで、ユーザーはより流入し、現在 WordPressのシェアは40%以上を記録しています。

W3Techs 統計によると、2024年6月現在 WordPressのシェアは43.4%で、1年前に比べ0.3%上昇し、2位はShopifyで4.4%を記録しています。

WordPress 市場シェア
WordPress シェア、ソース:W3Techs。

エレメンは大きな人気を集め、ページビルダー市場で競争相手がいないほどです。 Elementor Proの価格が負担になる場合は、ライフタイムプランを提供するDiviテーマを検討してください。 DiviテーマにはDivi Builderという独自のページビルダーがあり、エレメンタープロが提供するテーマビルダーなどの機能を最初に導入しました。ユーザー数でも Avada テーマと同様に、有料テーマの中では最も多くの使用量を記録しています。

1つのサイトに複数のページビルダーをインストールして有効にすると、エラーが発生したり、サイトが大幅に遅くなる可能性があるため、注意が必要です。

例えば、 Avada, Newspaper、Divi、 Enfold などのテーマが設置されている環境でエレメントをさらに設置することは望ましくありません。これらのテーマには独自のページビルダーが使用されているため、追加のビルダープラグインをインストールするとエラーが発生する可能性が高くなります。

実際に最近 Newspaper テーマがインストールされているクライアントサイトのエレメントのため NewspaperのtagDiv Composerで作成されたページを修正しても更新が反映されない問題が発生することに触れました。

Newspaper テーマを使用すると、ニュース、ウェブサイト、ブログなどのサイトを運営するときに簡単に高品質のニュースサイトを作成できます。フロントページ Newspaperのニュースデモの一つで作られたが、エレメンタで編集する風に、その後に Newspaperの独自のビルダーで編集しても、更新された内容が反映されない現象が発生しました。

この状況でフロントページについて Elementorを無効にして問題を解決しました。フロントページでエレメントページビルダーを無効にしたい場合は、次のコードを使用できます。

/*
Plugin Name: Disable Elementor on Specific Pages
Description: Disables Elementor on specific pages based on their IDs.
Version: 1.0
Author: WordCracker
Author URI: https://www.thewordcracker.com/
*/

add_filter( 'elementor/documents/get/post_id', 'disable_elementor_on_front_page', 999 );

function disable_elementor_on_front_page( $post_id ) {
    if ( is_front_page() ) {
        return 0; // Disable Elementor for the front page
    }
    return $post_id;
}

上記のコードを有効にしました チャイルドテーマ 内の関数ファイル(functions.php)に追加してください。フロントページの代わりに特定のページを指定することも可能です。例:

$disabled_pages = array( 1, 3, 5 );

	if ( is_page( $disabled_pages ) ) {
		return 0;
	}
	return $post_id;

ブログ記事にはPost Builderを使用しないでください。

参考までに、ブログ記事を書くときは、ページビルダーを使用しないことが望ましいです。 」WordPress 記事をページビルダーとして書いてはいけないEU「という文章でここについて説明したことがありますので、参考にしてください。

書くときは、可能であればデフォルトエディタであるBlock Editorを使用してください。クラシックエディタを使用している人が多いです。これでブロックエディタが大幅に安定しており、機能も改善され続けているので、できるだけブロックエディタを使用することをお勧めします。

Elementorの設定で「文」にエレメントを無効にすることができます。

エレメント » 設定 » 一般に移動し、 投稿タイプ(Post Types)で「投稿」チェックボックスをオフにしてください。必ず必要な書類タイプ(ポストタイプ)のみを選択してください。

特定のページのエレメント(Elementor)を無効にする - 特定の投稿タイプでエレメントを無効にする

エレメントは便利ですが、サイトの速度に影響を与える可能性があり、機能の多いプラグインだからバグもあるかもしれません。

速度が重要な場合は、ページビルダーをなるべく使用しないことが望ましい場合があります。特にブログではあえてサードパーティビルダーを使う必要がないようです。最近はブロックエディタ用のブロックプラグインもあるので Elementorに比べて利便性が低下することがありますが、速度が重要な場合は、そのようなプラグインも使用を検討することができます。

例えば、 GeneratePress テーマを使用する場合は無料/有料 GenerateBlocksプラグインを使用すると、ブロックエディタで200を超えるパターンを使用できます。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy