二つの WordPress サイトを一つにまとめる方法

Last Updated:2019年07月31日| | 2のコメント

長い時間前に無料 加入型 WordPress XNUMXつのサイトを作成し、海外のお客様を対象に翻訳業務を紹介するサイトをXNUMXつ作成しました。 それからドットブログ(。blog)ドメインをXNUMXつ登録してコンテンツをインストールする WordPress サイトに移し運営しました。

しかし、。blog ドメインの更新費用が22ドルでかなり高い方です。 サイトを放置していたので今回更新せず、代わりにサイトのコンテンツをすべてこのブログの英文サイトに移転することにしました。

このように二つの WordPress サイトを一つの合わせたい場合、XNUMXつをメインに置いて、別のサイトのコンテンツを抽出して、メインのサイトにインポート(import)する方法を検討してみることができます。

次の順序でコンテンツをAサイトから抽出しBサイトに移行することができます。 他の方法では、DBを抽出してImportする方法も考えてみることができるが、ここではあえてその必要はないと思われる。 KBoard 掲示板の場合 KBoard 独自のバックアップ/復元機能を提供します。

コンテンツのエクスポートとインポート

まず、Aサイトで ツール>エクスポートを介してデータをXMLファイルにエクスポートします。

データのエクスポート

すべての投稿、ページ、コメント、カスタムフィールド、カテゴリとタグ、ナビゲーションメニュー、カスタム記事をすべてエクスポートするには、「すべてのコンテンツ」を選択します。 文だけを書き出すには、「文」を選択します。 「文」のみエクスポートすると、イメージファイルは移行されません。

ユーザー定義文の場合、新しいサイトでは、同じユーザー定義文のタイプが使用されている場合には、前の後に正常に表示されるが、そうでない場合は、表示されないことです。

コンテンツをエクスポートした場合はBサイトで ツール>インポートを介してエクスポートされたXMLファイルをインポートします。 まず、インポートする前に、サイトのバックアップをするといいそうです。 インポート方法の詳細については、 加入型(WordPress.com)で設置型に移転する 文を参考にしてください。

※コンテンツを読み込んだ後に読み込んだ文やページから、メディアファイルのパスが前サイトのメディアファイルパスである場合 1) メディアファイルを FTP にアップロードして 2)WordPress サイト内のリンクを一括変更するVelvet Blues Update URLs「記事で紹介するプラグインを使用して、メディアファイルのパスをまとめて変更できます。

リダイレクト設定

文をインポートしたら 記事>すべての記事にインポートした文が表示されます。 今AサイトのURLをBサイトにリダイレクトさせてくれれば作業が完了します。 検索エンジンや他のサイトにさらされたAサイトのリンクをクリックしたときBサイトの該当グローリダイレクトされるようにしなければならSEO(検索エンジン最適化)に損害がありません。

301リダイレクトの設定方法は、WordPress 301リダイレクト(301 Redirect)記事を参照してください。私は簡単に301 Redirectsプラグインをインストールして301リダイレクトを設定しました。

Aサイトの固有のアドレスとBサイトの固有のアドレスの設定が同じであれば、簡単に301リダイテクトを設定することができます。 両方のサイトの固有のアドレスの設定が同じである場合は、次のようにリダイレクトを設定します。

WordPress 301リダイレクト設定

もし両方のサイトの固有のアドレスの設定が異なる場合Wildcardを使用して、状況に応じてルールを定めています。

ちなみに、既存のサイトに、Canonical URL(代表URL)を追加することができます。 Yoast SEOをインストールして、次のコードをテーマの関数ファイルに追加します。

// Batch Chagne Canonical
function change_canonical($url) {
    global $post;

    if ( is_singular( 'post' ) ) {
         return 'https://www.example.com/' . $post->post_name;
    } else {
         return $url;
    }
}
add_filter( 'wpseo_canonical', 'change_canonical' );

上記のように設定すると、個々の「投稿」にCanonicalタグが挿入されます。

最後に、

以上で WordPress サイト二つを一つにまとめる方法について簡単に取り上げました。 前述したが、DBを介してコンテンツをインポート(Import)する方法も考慮してみることができます。 また、 KBoard 掲示板や Slider Revolution コンテンツは、プラグイン自体のエクスポート/インポート機能を使用して、以前のが可能です。

WordPress サイトを別の場所に丸ごと移転したい場合には、Duplicatorなどのプラグインを使用することができます。


2のコメント

コメント

  1. 記事のブログのすべての開始点にまとめて適用できるキャノニカルタグもあるかどうか疑問に思います。

    応答
    • ティーストーリーの場合、スキンファイルに canonical タグはありませんが、実際のページや文章のソースに見ると canonical タグが自動的に挿入されています。ティーストーリーでは、canonicalタグはユーザーが制御できない部分のようです。

      私はいくつかの投稿を別の投稿に自動的にリダイレクトするコードを追加しました。

      https://avada.tistory.com/2334

      ただし、外部サイトにリダイレクトするように設定すると、ポリシー違反となり、アビュー化と見なされ、アカウントが停止する可能性があるため、注意が必要です。

      応答