WordPress 403 Forbidden Errorエラーの解決方法

Last Updated:2023年12月29日| | 13のコメント

WordPress 操作中 403禁止されたエラーが発生する場合があります。 場合によっては、管理者ページにのみ、このエラーが発生することもあります。 WordPressで403 Forbiddenエラーを解決する方法について説明します。

403 forbidden error

[この記事は、2023年5月17日に最後に更新されました。 ]

WordPress 403 Forbidden Errorエラーの解決方法

WordPress サイトでたまに次のようなメッセージが表示されることがあります。

Forbidden 403 Error
You do not have permission to access / on this server。

次は、海外のウェブホスティングの一つである SiteGround(SiteGround)でホストされているサイトで403 Forbiddenエラーが発生した場合に表示される画面です。

403 Forbidden Errorエラー

403エラーは、いくつかの原因によって発生する可能性があります。セキュリティプラグインを誤って設定することが最も一般的です。このエラーが発生した場合は、下記の措置を講じてトラブルシューティングを試してください。作業を進める前に、事態に備えてデータとDBをバックアップしてください。

WordPress プラグインのクラッシュによる403エラーの解決

403エラーが発生すると、最初には、プラグインのエラーを疑ってみることができます。 これを確認する方法は、すべてのプラグインを無効にして、問題が発生するかを見ることです。

プラグインをすべて無効にしたときに、問題が解決されると、プラグインを一つずつ有効ながら問題となるプラグインを見つける必要があります。 もしすべて無効にして問題が解決しない場合、他の原因によって問題が発生しているのです。

特にセキュリティプラグイン(例えば、 iThemes Security, Wordfenceセキュリティ)でこの問題が頻繁に表示されるため、セキュリティプラグインを最初に無効にして.htaccessファイルを削除してください(下記の「.htaccessファイルの破損」を参照)。 これはほとんどの問題を解決します。

.htaccessファイルの破損

WordPressから .htaccess ファイルの破損が原因で403エラーが発生したりします。 次のような順序で .htaccess ファイルの回復を試してください。

  1. FTPに接続して WordPressがインストールされてルートディレクトリに移動し、 .htaccess ファイルを削除します。
  2. WordPress ダッシュボードから 設定>固有のアドレス[保存]をクリックします。 その後、 .htaccess  ファイルが新たに作成されます。

.htaccess  ファイルが表示されない場合は、ファイルBugzillaので サーバー>隠しファイルを強制表示をチェックして、隠しファイルを表示するようにすることができます。

FTPで隠しファイルを強制表示Show hidden files in FTP client

.htaccess  ファイルが生成されない場合固有のアドレスをデフォルト以外の設定で指定して保存してみが、それでもだめなら、直接 .htaccess  ファイルを作成した後、テストしてみてください。 .htaccess  ファイルが正しく生成されないか、または更新されない場合は、Webホスティング会社に連絡して相談してみます。

これを行うには、FTP / SFTPに接続する必要があります。 WordPressでFTPにアクセスする方法については、次の記事を参照してください。

ファイルアクセス権の問題

ファイルのアクセス許可に問題がある場合にも、403エラーが発生する可能性があります。

  • WordPressのすべてのフォルダのファイルのアクセス権は、744または755が必要です。
  • WordPressのすべてのファイルのファイル権限は644または640が必要です。

権限を設定するには、FTPに接続してフォルダまたはファイルにマウスを合わせて右ボタンを押し、ファイルの権限「をクリックします。

ファイルのアクセス許可 WordPress ファイルの権限

表示されるウィンドウで、権限を割り当てることができます。

setting file permission WordPress パーミッションの設定

WordPressでFTPの使用に関する詳細については、 この記事を参考にしてみてください。

上記の作業を行った後にサイトがこれ以上になったという方がいました。 ファイル/フォルダの権限を上記の値に設定してもサイトが奇妙になるとは限りません。 (むしろパーミッション設定が間違っているとサイトが正規化されます。)上記の設定は WordPress 公式文書で提示する内容です。 これが心配な場合は、対策を講じる前にサイト全体のバックアップを取ってください。

Options + FollowSymLinksを追加する

.htaccess  ファイルの一番上の行に次の行を追加すると、問題が解決される場合があります(参照).

Options +FollowSymLinks

うまくいかないと、+を抜いて追加してください。

Options FollowSymlinks

または次の行を .htaccess  ファイル一番上の行にも重複して追加してくれるので解決した人もいます。

RewriteEngine On
RewriteBase /

マルウェア感染

マルウェア(悪意のあるコード)に感染している場合でも、このエラーが発生することがあるとします。 FTP経由で接続したときに、Webサーバーに WordPress 関連ファイルのほか、奇妙な名前のファイル(例えば、axc.php)が生成されている場合、悪意のあるコードに感染した可能性があります。

WordPress マルウェア感染時の奇妙なファイルの作成
マルウェア感染時のWebサーバーに奇妙な名前のファイルが生成される場合が多い。

マルウェアに感染した場合、異常なファイルは削除しても根本的な原因を除去しなければ、再生成された特徴があります。

サイトがマルウェアに感染している疑いがある場合のバックアップを使用してサイトを復元し、セキュリティ対策をヘジュオヤ再発しません。

  • ユーザ名とパスワードの変更
  • パスワードは、人々が推測できないように複雑で長く設定(英語大文字と小文字、数字、記号を含む)
  • WordPress、テーマ、プラグインを最新バージョンにアップデート
  • セキュリティプラグイン インストール
  • 定期的にバックアップして、安全な場所に保存します。

Webホスティングファイアウォールの設定による問題

海外のIPアドレスへのコメントの作成をブロックするなど、WebホスティングのファイアウォールルールによってForbidden Errorが発生することもあります。このような場合 Webホスティング会社に連絡してそのルールを解除するように求めるできます。例えば、日本のあるウェブホスティング会社では、海外でコメントをつけないようにブロックするなどのファイアウォールルールが適用されたり、韓国でコメントを達成しようとすると、Forbidden Errorを出力することもあります。この場合、海外のスパムコメントをブロックするのに役立ちますが、韓国でコメントを達成しようとするとエラーが発生し、予期しない問題が発生するようです。

その他の措置

いくつかの記事では、403 Forbiddenエラーのため、管理者ページにアクセスすることができない問題について1).htaccessファイルを削除してから、2)ブラウザの履歴とキャッシュ、Cookieを削除して、管理者ページにアクセスすることができたし、3)管理者ページにアクセスした後 設定 » 一意のアドレスに行き、「保存」ボタンを押して.htaccessファイルを生成し、サイトが正常に機能するようになったそうです。

afterward deleted the .htaccess file、then deleted browsing history、cleared cache and cookies。 After all of this I could enter the admin page。
Then I went to options / general and options / permalinks and saved the setting、it generated a .htaccess file and now it is working。

すべてのアクションを取っても問題が解決しない場合、Webホスティング会社に問い合わせて、サーバーの構成に問題がないかどうか点検してください。 仮に mod_rewriteの使用可能されていることも確認してみましょう。 このモジュールがインストールされていても確認してみるとしてお金を失うことはありません(参照).

昨年403つのサイトがうまくいったので、突然wp-adminページにアクセスできなくなり、XNUMX Forbiddenエラーが発生しました。 すべての措置を取っても問題が解決しないため、Webホスティング会社に連絡しました。Theme■セキュリティで自分のIPをキャプチャしてアクセス(アクセス)を拒否して問題が発生したことを知らせました。

As I understand the Itheme セキュリティ plugin is simply not configured correctly and it has cauthgt your IP address and denied access

興味深いのは、ウェブホスティング会社に連絡する前に、セキュリティプラグインを無効にして.htaccessファイルを削除したが、問題が解決されていない。 ところが、Webホスティング担当者と対話しながら同じ措置を取って少し待っ君の問題が解決されました。 措置をとった後、すぐに問題が解決されないと焦っせず、少し待てば、問題が解決されるかもしれません。

上記の過程を進めることが難しい場合は、サービスを依頼(有料)することができます。

メモ:


13のコメント

コメント

  1. こんにちは先生、上のコメント甘かった人です!
    forbidden 403問題が解決されました。
    上に述べた方法でみたが、到底第線で終わらなくて
    ホスティング会社のエージェントと相談をした結果、解決がされた。
    しかし、問題は、ここで終わらず、第ウェブサイトがマルウェアに感染していたことでした。 403エラーとMalwareの間の関連性について、そのホストの従業員が話をしてくれてMalcareというプラグインを介し解決をしました。

    常に良い文章ありがとうございます。 本気です

    応答
    • 問題が解決されてよかったですね。

      上記のコメントを見てみると.htaccessファイルを削除しても再生成されると言われましたね。
      マルウェアに感染すると、このような症状が現れることがあります。
      FTPに接続したとき、奇妙なPHPファイルが生成されている場合、悪意のあるコードに感染した可能性があります。

      常にバックアップをして、PCやクラウドストレージに保存すると、問題発生時に簡単に復旧が可能です。

      応答
  2. 先生こんにちは
    質問がありお問い合わせください。
    ローカルページでは、新しいホームページへのページ前のし
    アドレスは、元のホストされてホームページのアドレスを新しいホームページアドレスに変えました。
    これまではすべてうまくいきましたが、ページ編集 elementorで修正する
    403 errorがUpdateを押すと発生しますが、理由はわかりません...
    権限の設定、.htaccessの設定は、すべて見ました。

    応答
    • こんにちは、を含む全て様。

      サーバーを直接運営していらっしゃるんです?
      そのような場合には、サーバの設定と関連しているかもしれません。
      ウェブホスティングを利用なら、Webホスティング会社に一度お問い合わせヘボショもよさそうです。

      すべてのアクションを取っても問題が解決しない場合、Webホスティング会社に問い合わせて、サーバーの構成に問題がないかどうか点検してください。 例えばmod_rewriteがenabledされていることも確認してみましょう。

      Elementorのみ、この問題が表示されたらエレメンページビルダー開発者にも一度お問い合わせしてみてください?

      応答
  3. 先生親切説明ありがとうございます。

    この間 WordPressに問題が発生してファイルジラを介して.htaccessファイルを削除しようとしましたが、削除直後にリフレッシュすると、.htaccessファイルが引き続き発生します...現在私はwp-adminに入らない状態です場合は、もしかして聞いてみましたか?

    755また、確認しましたㅠㅜ。

    応答
    • こんにちは、エディ様。

      昨日も403 Forbidden Errorが発生するとどのような方がお問い合わせに来て.htaccessファイルの名前を変更するように指示ジュニパーネットワーク問題が解決されたとしますね。 通常は、この方法で解決されるが、場合によってはこの方法で解決ができない場合があります。 その後、問題を解決することは容易ではないことがあります。

      利用しているWebホスティングはどこですか? まず、Webホスティング会社に連絡して、この問題を相談してみて良さそうです。

      応答
      • ありがとうございます。 クラウドウェイズという会社を使用しますがもしかしたら名前はどのように変えるのです。

  4. 今日久しぶりにこのエラーメッセージに接しました。(笑)

    403 Forbidden - You do not have permission to access」/wordpress「on this server。
    要求を処理するためにErrorDocumentを年を使用しようとしているときにさらに、403の禁止エラーが発生しました。

    サブフォルダにインストールされて WordPressを削除してzipでバックアップされたファイルを解いて復元しましたが、上記のエラーが発生します。 「該当フォルダのみ」パーミッションを 755 に調整したためエラーが解決しました。

    応答
  5. とても感謝します。 さまざまなエラーで完成直前または完成した後でも、何度も再インストールの経験がありますが、様のグロー多く助けた。 本当にありがとうございます。

    応答
    • ブログを訪問していただきありがとうございます^^

      WordPressを最初に起動するときには、複数回の再インストールをしながら一つずつ学んでいくようです。

      初心者の頃には、本の中で説明されているか、インターネットされているコードをそのまま入力してもエラーが出る場合も多かったのが記憶ね。

      応答