Google検索で、httpバージョンとhttpsのバージョンがすべて検索されている問題

このブログにSSL証明書を適用したが気に入らなくて削除ことがあります。 そのせいか、Googleでhttpバージョンとhttpsのバージョンが同時に検索される異常な状況を示している。 問題は、Chromeでhttpsで始まるリンクをクリックすると、次の図のように「接続が非公開に設定されていません」という警告メッセージが表示され、接続がされてもChromeブラウザアドレス欄に「安全でない」が表示される問題が気づいた。

安全でないサイトの警告

この問題は、同じコンテンツに対して二つのURLが同時に使用される場合であって、この問題を解決する最善の方法は、CanonicalのURL(Canonical URL)を設定してくれるでしょう。

All in One SEO Packプラグインで、Canonical URLの設定

例えば、 すべてのOne SEO Packに含まれます プラグインを使用している場合、一般的な設定で CanonicalはURLsユーザー設定Canonical(Canonicalの)URLを有効にをチェックして与えるようにします。

All in One SEO canonical  -  [ワードプレス] Googleのhttpとhttpsのバージョンが一緒に検索された場合

その後、個々の文のCanonical URLを設定することができるフィールドが文の編集画面で表示されます。 HTTPSで検索された記事やページのCanonicalのURLを直接入力してくれれば、Googleからhttpsに検索がされても分かってhttpアドレスに接続させます。

All in One SEOのすべての文章に対してhttpバージョンを、Canonical URLに設定する方法がないかして探しましたが見つかりませんをんでした。 (Yoast SEOを使用すると、一括でhttpsをhttpバージョンに設定したり、逆に設定することが可能です。)

httpsで始まるすべてのURLにnoindexメタ追加する

参考までに、以下のようなコードを使用しているワードプレスのテーマ関数に追加すると、すべてのhttpsバージョンにnoindexが追加され、Googleで検索をしないようになります。

add_action( 'wp_head', 'add_noindex_for_https' );
function add_noindex_for_https() {

if (isset($_SERVER['HTTPS']) && strtolower($_SERVER['HTTPS']) == 'on') {
echo '<meta name="robots" content="noindex,follow" />'. "\n";
}
}

上記の方法は、あまり望ましい方法ではありません。 私は、この機会にAll in One SEOで Yoast SEO プラグインに乗り換えました。 長い間All in One SEO Packプラグインと定入っ残念だが果敢に変えてみました。 Yoast SEOを使用すると、すべての記事の、Canonical URLにhttpバージョンを一括して設定することができます。

(このブログを始める初期にYoast SEOをインストールしてテストしたが、テーマとうまく合わないことワードプレスの管理ページが重く戻りました。だから、All in One SEOを選択だが、現在の Diviテーマをインストールした状態では、Yoast SEOを有効にしても全く重い感じがないですね。)

リダイレクトさせる

参考にリダイレクトさせる方法も考えてみることができます。

HTTPをHTTPSにリダイレクトさせる

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule (.*) https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI}

HTTPSをHTTPにリダイレクトさせる

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} on
RewriteRule (.*) http://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI}

httpsからhttpにリダイレクトさせるには、SSLが適用される可能になります。 SSL認定書がインストールされていない状態では、リダイレクトされていないことです。


追加: Yoast SEOが設定されている場合、次のコードを使用して、Canonical URLが一括してhttpからhttpsバージョンに置き換えることができます。

function https_canonical($url) {
$url = preg_replace("/^http:/i", "https:", $url);
return $url;
}
add_filter( 'wpseo_canonical', 'https_canonical' );

https://... 버전을 http://... 버전으로 바꾸려는 경우에는 다음 코드를 사용하면 됩니다.

function http_canonical($url) {
$url = preg_replace("/^https:/i", "http:", $url);
return $url;
}
add_filter( 'wpseo_canonical', 'http_canonical' );

時間が経過すると、Googleでの世話を、Canonical URLで指定されたURLに接続させてくれるでしょう。

注:

2のコメント

  1. Googleで自主的にhtpsを求めることにより、最近のインターネットでは、言葉が多いようです。
    私もいくつかの気まずいして前後に見ている、まだ見守るうとしています。
    数年前sslを一度したことがあるが1年してマルアトジョ.. ^^

    • Googleでよく検索ならあえてhttpsを適用する必要はないかと思いますね。
      私は無料のSSL証明書を適用してみると速度の低下が現れ、削除しました。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください