Google Search Console HTTPS 未評価エラー

Last Updated:2023年08月07日| | コメントを残す

GoogleサーチコンソールでURLチェックを実行すると、「HTTPが無効でインデックスが作成されない可能性があります」という警告が表示され、「クロール失敗」と「HTTPS評価されていません」というエラーが表示されることがあります。

Google Search Console HTTPS 未評価エラー

Googleサーチコンソール:HTTPS未評価エラー

このエラーはティーストーリーでたくさん発生すると報告されていますが、 WordPress ブログでもURLチェック時に上記のようなエラーが発生しています。

国内ウェブホスティングでホストされている WordPress サイトでもこのような警告が表示され、ホスティング担当者に問い合わせてみたところ、HTTPSには何の問題もないという回答を受けました。 このブログは Bluehostでホストされています。 Bluehostにお問い合わせいただくと、次の回答をいただきました。

I have checked and the SSL is working fine. Please check the below link. It seems that the issue is from google's tool and would have to fixed by them.

SSLが正常に動作し、オンラインSSL Checkerサイトでチェックした結果を教えてくれました。 するとこの問題はGoogleのツールから来たように見え、Googleで修正しそうだそうです。

実際にGoogleサーチコンソールでURLチェックを行ったとき、上記のようなエラーが発生してもインデックス作成がうまくいっています。 文を発行した後、通常1~2時間以内にGoogleでインデックスになり、インデックスにならない場合はインデックスリクエストをしてみると少し時間が経ってインデックスになることを確認しました。 (執筆直後の索引付けにもなり、少し遅くなることもあるようです。)

GoogleサーチコンソールHTTPS未評価エラー - インデックスの問題
HTTPS警告が表示されても、Googleで正常にインデックスになっている。

「HTTPSエントリ」はGoogleの新規サービスであり、メッセージに明確ではない部分があるです。 国内外のGoogleサポートフォーラムでHTTPS未評価の警告に関する質問が掲載されています。 これに関して、国内のGoogleサポートフォーラムに掲載された質問について、Googleの専門家(Platinum Product Expert)は次のように説明しています。

上記のURLを実際に調べてみると、https関連の問題はまったくありません。
結論として、Googleが知らせるメッセージは無視しても後で正常に更新されます。
多くの場合、Googleメッセージ自体が明確ではないため、誤解を招く可能性があります。
「HTTPS評価されていない」も実際には「まだHTTPS評価をしない」(実際に問題ない場合!)と理解すればよい。

「HTTPS が無効で、インデックスが作成されない可能性があります。」 ...「HTTPSが無効な場合はインデックスが作成されない可能性があります」と言う必要があります。
実際、このようなメッセージを見せるURLたちも実際にはインデックスになって検索露出される事例も多いです。

HTTPS項目は新規サービスなので、まだ少しはっきりしていない部分があるようです。

ソース: https://support.google.com/webmasters/thread/179657883?hl=ja&msgid=180040411

結論として、Googleが知らせるこれらの警告メッセージは無視しても後で正常に更新される予定です。

2022年10月7日アップデート:

今はほとんど WordPress サイトと履歴のブログに「HTTPS未評価」という警告が表示されないようです。 URLチェックを行うと警告が表示されず、代わりに「有効な項目が1つ検出されました」と表示されます。

有効な項目が1つ検出されました

最後に、

最近、次のブログをティーストーリーに統合し、大量の次のブログ記事がティーストーリーに組み込まれました。 これがわからない場合でも、次のブログをティーストーリーに統合した後、多くのティーストーリーブログで広告クロールエラー AdSense 広告が正しく表示されないため、広告収入が急落するケースが増えています。

これとは別に、GoogleサーチコンソールでHTTPS警告が表示されるサイトも増えています。 HTTPSエラーは、Webホスティング会社に関係なく、国内外の企業の両方で発生しているようです。 しかし、実際のエラーではないように見え、時間が経つと修正されるようです。

参照


コメントを残す

コメント