Googleと Naver 検索結果からURLを削除する(ページ収集を除く) - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

Googleと Naver 検索結果からURLを削除する(ページ収集を除く)

Last Updated:2022年8月30日| 2のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Googleと Naver 検索結果に表示されないようにURLを削除することができます
Googleサーチコンソールから削除ツールで削除すると、約6ヶ月間一時的に削除されます
永久に削除するには、コンテンツを削除するなどの追加のアクションが必要です

サイトの特定の記事やページを削除した場合は、検索エンジンでクロールしないように要求できます。 Google では、サイトの URL を一時的にブロックするようリクエストすることもできます。 Googleサーチコンソールと Naver サーチアドバイザーからURLの削除をリクエストする方法を見てみましょう。

Googleと Naver 検索結果からURLを削除する:ページ収集を除外する

Naver サーチアドバイザーでウェブページ検索を除外する

サイトの投稿が削除された場合、または何らかの理由で検索から除外リクエストをしたい場合 Naver サーチアドバイザー(Naver Webマスターツール)からWebページ収集の除外リクエストを行うことができます。

Naver サーチアドバイザーにログインしてから リクエスト » Web ページ検索を除くをクリックして、除外要求URLの入力から除外要求するURLを入力します。

Googleと Naverからの投稿、ページ収集の除外/削除をリクエストする

リクエストの数はサイトごとに制限される可能性があります。

元のページを削除しない場合、または検索の収集を制限しないページは検索結果から再公開される可能性があるため、元のページを削除した後に使用してください。 (該当するページに noindex メタタグを追加すると、検索結果に再度表示されません。)

元のページを削除した後に検索ロボットが削除されたコンテンツにアクセスしようとすると、Webサーバーは403(Forbidden)や404(Not Found)などの適切なHTTP応答コードを返すように対処する必要があります。 コンテンツを削除すると 404ページが見つかりません 画面が表示されます。

この方法は、自分の投稿削除リクエストのみできれば、他サイトの投稿削除を希望する場合、違法性や淫乱性、個人情報露出関連投稿(サイト)は 有害な投稿検索結果の報告経由でリクエストできます。

Google Search ConsoleでサイトのURLを一時停止する/ URLを完全に削除する

GoogleサーチコンソールでURL一時ブロックをリクエストする

記事やページを一時的にブロックしたい場合は、Google検索コンソールにログインして、 索引 » 削除をクリックして削除ページを表示します。 その後、 新しいリクエストをクリックして、[一時的にURLを削除]タブで一時的にブロックするURLを登録できます。

Google 検索コンソールから URL を削除する

これにより、約6ヶ月間Googleの検索結果からURLをブロックし、現在のスニペットとキャッシュされたバージョンを削除できます。

このツールは、次の場合に使用する必要があります。

  • 所有しているGoogle検索コンソールのプロパティにURLがあり、そのURLをGoogle検索からすばやく削除する必要がある場合: URLを完全に削除するには追加の手順が必要です。
  • 機密コンテンツを削除してページを更新しましたが、Google 検索結果に変更された内容を反映したい場合

ただし、次の状況ではこのツールを使用しないでください。

  • 所有していない属性のページをブロックしたい場合: 他のユーザーが所有する属性に含まれるページがGoogle検索結果に表示されないようにするには法的理由によるコンテンツの報告「ページからそのURLを報告できます。
  • 検索でURLを完全に削除したい場合: このツールは約6ヶ月間一時的に検索結果に表示されないようにするだけで、URLを完全に削除するには、このプロセスの一部として削除ツールを使用します。
  • インターネットからコンテンツを削除したい場合: このツールを使用すると、Google検索からのみコンテンツが削除されます。
  • 他の検索エンジンの検索結果から削除したい場合: このツールはGoogle検索結果からのみコンテンツを削除します。
  • 404 エラーが表示される古いページなど、役に立たない資料を整理したい場合
  • Googleインストールコンソールアカウントでクロールエラーを解決したい場合
  • サイトを「最初から新しく開始」したい場合
  • ハッキングされたサイトを「オフライン」に切り替えたい場合
  • サイトを正しい「バージョン」で索引付けする場合

Google検索結果からURLを完全に削除する

上記の削除ツールを使用すると、URLは約6ヶ月間一時的に削除され、再クロールできます。 コンテンツやURLをGoogle検索から完全に削除したい場合は、Googleドキュメントに表示される方法でコンテンツを削除したり、パスワードなどでアクセスを制限したり、noindexメタタグを追加したりできます。 robots.txtを介してブロックするメカニズムは使用しないでください("サイトが検索エンジンの検索結果に表示されないようにするための正しい方法"参照)。

GoogleからURLを完全に削除する

上記のアクションを実行した後、削除ツールを使用して削除要求を実行すると、再度インデックスが作成されません。 上記のセクション2で説明したように、コンテンツを削除する前に削除ツールで一時的に削除要求を行った場合は、ブロック解除後に削除ツールから削除要求を行うことができます。

noindex メタタグの制限 & WordPressで robots メタを指定する

特定の記事やページを完全に削除したり、パスワードにアクセスを制限したりせずに検索エンジンに公開しないようにしたい場合は、noindexメタタグを使用してページのインデックス作成をブロックできます。 この方法でインデックスをブロックしても検索エンジンにさらされる可能性があります。 そのため、Googleではこの方法が他の方法よりも安全ではないと案内しています。

WordPressYoast SEO、All in One SEO、Rank MathなどのSEOプラグインを使用している場合は、個々の投稿/ページにnoindexメタタグを簡単に追加できます。 例えば、 Rank Math SEOプラグインを使用している場合、 高機能 タブの ロボットメタ セクションで インデックスなし, ノーフォロー などのメタタグを指定できます。

WordPress Rank Math プラグインで Robots メタをタグ付けする

参照



2のコメント

コメント

    • 基本的な内容ですが、ページ削除後も露出され続けるという方がいらっしゃいますね。 そのような場合は、検索エンジンにページ削除要求を行うことができます。

      応答