プログラミングコード引用と AdSense ポリシー違反 - サポートされていない言語

2

AdSenseの承認申請時のさまざまな理由で承認が拒否されることがあります。 そのいずれか」サポートされていない言語」の問題で承認が拒否される場合があります。

アドセンス承認拒否 - サポートされていない言語

「AdSenseのプログラムポリシーに基づいて出版社はコンテンツがサポートされていない言語で主に作成されたページにAdSenseコードを挿入したり、そのようなアプリにAdMobコードを挿入してはならない」と説明しています。 サイトが承認を受けるためには、「サポートされていない言語」ポリシー違反を是正する必要があります。

アドセンスでサポートされる言語のリストは、以下の、Googleドキュメントで確認することができます。

グーグルドキュメントで提示する言語以外の言語で書かれた文書では、承認が当然拒否されます。 しかし、サポートされていない言語が一部含まれても拒否される事例があるとします。 たとえば、英語といくつかの 'ラテン」が含まれる場合がこれに該当します( "Unsupported Language"参照)。

ブログ記事にコードが過度に多く含まれる場合にも、AdSenseの承認が拒否されているようです。 「サポートされていない言語」の問題のために承認が拒否された方のサイトを見てみると書かれ、多くのプログラミングコードが含まれていました。

コードを紹介するサイトであれば、承認を受ける前に、コードの部分を画像にして挿入することを考慮してみることができます。 (承認を受けた後でも、コードの割合が増加すると、サポートされていない言語」ポリシー違反が発生する素地があり、見えます。)

セキュリティ企業 Sucuriサイトでコードを導入したとき、すべての画像に処理されています。 なぜコードを処理したかは定かでないが、それなりにの推定は、1)コードが多ければ、Googleで変な言語として認識してSEO(検索エンジン最適化)に不利に作用したり、2)Sucuriサイトに紹介されているコードは、他のサイトからの引用したものであり、重複するコンテンツの問題を防止するためにではないかと思われます。

Sucuriブログ
Sucuriブログに記事に引用されたコードは、画像に挿入されている。

グーグルでは、重複を嫌います。 他のサイトで使用されているコンテンツを引用する場合は注意が必要です。 そんな引用フレーズがサイト全体のコンテンツの一定割合を超えると、検索結果で順位がミリになります。

長い時間前に ワードプレスで作成されたブログが1ヶ月程度よく露出された後、どの瞬間にすべての文が検索結果から後方に押されることを経験したことがあります。 海外のGoogleのフォーラムにお問い合わせしてみると文に引用フレーズが多すぎて現れた現象とし、引用フレーズを「イメージ」で作ら挿入するか、「iframe」に挿入することを推奨しました。 実際に問題になった引用フレーズを図にして挿入したら、時間が結構かかりましたが、問題が「重複したコンテンツの問題」が解決されました。

3行要約:

  • プログラミングコードを紹介するサイトの場合は、コードが多すぎると、AdSenseの承認が拒否されることができる。
  • プログラムコード部分が多い場合、プログラミングコードを画像にして挿入することを考慮してみることができる。
  • 引用フレーズ(例えば、新聞記事、他のブログの記事、有名人の名言、聖書の一節など)が多くの場合、重複コンテンツの問題を回避するために、画像やiframeに挿入することができる。

注:

2のコメント

  1. 引用フレーズがとても多くても後ろに押されることがありますね。
    それでなくとも、最近のGoogle検索が前にないと考えていたが、これが原因かもしれません。 聖書の御言葉をよく引用するそのとしても念頭に置かなければならなりません。

    • 検索エンジンは、uniqueした文書が好きです。
      したがって、重複する部分は最小限にすることが好ましく、
      引用する部分が多い場合は、イメージに置き換えることが効果的です。

      以前にこれに関連して質問したとき、重複する部分を30%以下に減らしというアドバイスを受けたようです。 (あまりにも長い間されて数値が正しいことを思い出せないですね。)

      重複を減らし、独自のコンテンツを増やしていけば、時間が少しかかっても、検索エンジンへの露出が以前よりもよくなります。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください