コロナのため、Google Chrome 82開発中止を発表

Last Updated:2020年03月26日| | コメントを残す

コロナ19(COVID-19)の事態のために、日本の東京オリンピックが1年延期される初の事態が発生したんです。 コロナは、Google Chromeの開発にまで影響を及ぼしています。 去る3月19日、Googleは予定されたChromeとChrome OSのリリース中断を発表し、3月22日にM82リリースをスキップすると明らかにした。

Googleのクロム82開発中止

M82は、Windows、Mac、アンドロイド、クロームのOSでクロムの次期アップグレードで中枢となるクロム82のコードネームです。 このため、マイクロソフト(Microsoft)も、Googleの措置に沿ってEdgeの次期メジャーバージョンをキャンセルするとします(参照)。 エッジが、Google Chromeのようにクロミオム(Chrominum)コアをベースにしているため、仕方ない選択です。

オペラ(Opera)は、まだ反応を出さないが、Operaブラウザもクロミオム基づいているので、すぐに似たような発表をすることになります。 Firefoxの(Firefox)は、独自のGeckoエンジンを使用しているため、Googleの措置の影響を受けずに、独自の判断に基づいて、この時期に新しいバージョンをリリースするかどうかを決定することです。

Google の Technical Program Management ディレクターである Jason Kersey は、Google グループで「Chromium Schedule Update「(クロミアムカレンダーアップデート)」という記事で、M82リリースのすべての要素を放棄し、今後のある時点でChrome 83(M82)にスキップすることを発表しました。

This is an update on our earlier decision to pause our branch and release schedule。 As we adapt our future milestone schedules to the current change in schedule、we have decided to skip the M82 リリース to ensure we keep users safe and focus all efforts on maintaining stability。

Here are some of the immediate actions based on the above decision:

- 私達はします abandon current M82 branches、remove infra support、and stop testing / merges to the branches
- We will not push any new M82 releases to Dev, and we will stop stabilization for Beta
- 私達はします move Dev channel to M83 asap
- We will keep Beta channel on M81 until M83 is ready to be promoted 

クロム11年の歴史で、このような措置は、初めてだとね。 コロナウイルスのためにこれまで経験しなかったことをたくさん経験することになるようです。

ヨーロッパやアメリカでコロナウイルスが大流行し、世界の産業全般が打撃を受けています。 さらに、スパムコメントもコロナに感染していることを大きく減ったようです。(笑)社会全体で活力が確実に減少したことが実感ね。

メモ:


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy