クラシック - WordPress 情報パッケージ -
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[クラシック]パガニーニヴァイオリン協奏曲

[クラシック]パガニーニヴァイオリン協奏曲1

「悪魔のバイオリニスト」と呼ばれるほどきらびやかなバイオリンの腕前を自慢したパガニーニは非常に困難技巧を駆使するように作品を作ったとしますね。 上記の曲はパガニーニヴァイオリン協奏曲第2番3楽章(Paganini - Violin Concerto No. 2 in B minor、III。Rondo "La Campanella」)で、おそらく...

続きを読む

[クラシック]ベートーベンバイオリン協奏曲D長調Op.61

[クラシック]ベートーベンバイオリン協奏曲D長調Op.61 2

ベートーベンヴァイオリン協奏曲D長調Op.61、2分の3楽章ブラームスヴァイオリン協奏曲D長調Op.77、メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲e単調Op.64とともに世界3大ヴァイオリン協奏曲と呼ばれるベートーベンのヴァイオリン協奏曲D長調Op.61です。 個人的に協奏曲が好きです。 例えばヴァイオリン協奏曲の場合バイオリンという小さな...

続きを読む

ベートーベン交響曲第7番(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

ベートーベン交響曲第7番(ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)3

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が演奏しカラヤンが指揮したベートーベン交響曲第7番です。 I. Poco sostenuto - vivace II。 Allegretto 11:46 III。 Presto 20:02 IV。 Allegro con brio 27:45前にはクラシックを聞くには、テープやCDを購入しなければならなかったが今、YouTubeで無料で聞く...

続きを読む

ドヴォルザーク - 交響曲第9番4楽章「新世界から」

ドヴォルザーク - 交響曲第9番4楽章「新世界から」(DvořákSymphony Mo. 9「From the New World」 - 4th movement)

https://youtu.be/p9OBf8f55tU

ドヴォルザークの作品の中で最も有名な交響曲第9番E単調」新世界から(From the New World)」は、1892年には、ニューヨークのナショナル音楽院の創設者であるJeanette Thurber夫人の招待でアメリカに招聘されて、そこに滞在中に作曲された曲です。

この曲を通じて、当時新大陸であった米国の原動力(Dynamics)がよく表現されているようです。 (特に憂鬱な時、この曲のような活気に満ちた音楽を聴くと憂鬱が逃げ活気に満ちた心をヌケことになるでしょう。)

「新世界」交響曲を聞いて一日を過ごしてください。 気分が憂鬱にもドヴォルザークの「新世界から」交響曲やヴィヴァルディの「四季」を聞けば憂鬱な気分が逃げることです。

メモ:

[クラシック]ショパンピアノ協奏曲第1番

Chopin Piano Concerto No. 1 Op.11 Evgeny Kissin
(ショパンピアノ協奏曲1番)

ピアニスト チョ・ソンジン(21歳)この21日の第17回国際ショパンピアノコンクールで優勝したよいニュースが飛んできましたね。 どのような方は、キム・ヨナが五輪で金メダルを獲得したのと同じ価値があると言ってね。 朴槿恵大統領が蓄電まで送ることをみると、本当にすごいことです。

(Seong-Jin Cho - Piano Concerto in E minor Op。11(final stage of the Chopin Competition 2015))

ショパンのピアノ協奏曲1回演奏です。 (だるい午後により眠く作成した場合申し訳ありません^^)ショパンのピアノ協奏曲の中では1回が有名です。 現在、インターネットを介して必要な音楽を自由に聞くことができる時代がなりましたね。 20年前だけでもこのような時代が来るとは誰を知っていたのでしょう?

次は、ショパンのピアノ協奏曲1番のウィキペディアの説明です。

ピアノ協奏曲第1番e短調(Op。11)はフレデリック・ショパンが1830年に作曲したピアノ協奏曲である。 ショパンがポーランドを離れる直前の 1830年 10月 11日 ワルシャワの国立劇場(Teatr Narodowy)で開かれた彼の別れのコンサートで初演された。

作品に「1回」と番号が付いているが、実際にはピアノ協奏曲2番(1830年 3月)より後で完成された曲だ。 ポーランドを離れ、パリに定住したショパンは、彼のピアノ協奏曲二曲を出版するために出版業者に依頼したが、今のピアノ協奏曲2番(Op。21、作曲日は、より高速)がアマチュアピアノ奏者が「(家で)個人的に演奏 "するには、あまりにも難易度が高かったので、ピアノ協奏曲1番e短調(Op。11)だけ先に出版されたという。

一般的な協奏曲の3楽章で構成されている。

  1. Allegro maestoso
  2. Romance - Larghetto
  3. Rondo - Vivace

批評家は、ショパンがピアノを重視した作曲家だったという事実を置いて、この作品の異なる二つのの観点で解釈をしたりするのに、ショパンがこの作品の管弦楽パートをただピアノソロを補助する役割に留まるように、単純に作曲したという主張と、管弦楽パートの単純単に補助する役割のためではなく、ピアノの音によく似合うように検討して作曲したという主張が、その二つのだ。

 

サラサーテ - カルメン幻想曲(サラ枚)

https://youtu.be/L44QmaY4_VA

サラサーテ - カルメン幻想曲(pablo de Sarasate Carmen Fantasy)

久しぶりにクラシック演奏動画を上げてみてください。 カルメン幻想曲はビゼーのオペラカルメンのアリア旋律をテーマにサラサーテがバイオリン曲に編曲したもので、先頭が印象的な曲です。 サラ枚(サラ・チャン)の演奏です。

[クラシック]ラベル - ボレロ

ラベルのボレロ

ボレロ(スペイン語:Bolero)は、遅いテンポを持っているラテン音楽やダンスを意味すると言います。 レーベル(Ravel)のボレロは、非常に管弦楽的な曲で、単純なリズムの繰り返しですが、すべての楽器が戻って主導的な役割を果たすという点で非常に珍しい曲のようです。 私は翻訳を初めて...

続きを読む